身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
シロチョウ科ツマベニチョウ属ツマベニチョウ Hebomoia glaucippe
沖縄県石垣島にて
f0161823_2059559.jpg
f0161823_2101828.jpg
f0161823_2103865.jpg
f0161823_2105415.jpg
f0161823_211848.jpg

# by memobird | 2017-01-13 21:01 | シロチョウ科 | Comments(0)
ハナアブ科シロスジナガハナアブ(ネアキナガハナアブ)Melisia undulata
ハチに擬態していて、つかまえると尾端で刺そうとする。
和歌山県古座川町 2016.05.04.

f0161823_9303524.gif

# by memobird | 2016-05-14 09:30 | ハナアブ科 | Comments(0)
カラスアゲハ八重山亜種 Papilio bianor junia が、独立種に昇格した。
アゲハチョウ科ヤエヤマカラスアゲハ Papilio junia
2014,07.20. 沖縄県石垣島
f0161823_20402589.jpg
f0161823_20403955.jpg
f0161823_20405099.jpg

# by memobird | 2016-02-26 20:40 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
1973年、初めて、西表島で発見される。1987年には石垣島、竹富島でも観察。以後、西表島では定着している。食樹は、イイギリ科のトゲイヌツゲ。
沖縄県西表島 2014.05.07.

f0161823_8341481.jpg
f0161823_834349.jpg
f0161823_8345218.jpg

# by memobird | 2016-02-25 08:34 | タテハチョウ科 | Comments(0)
2006年5月、与那国島で初めて1♂が観察されて以来、同島で繁殖し続け、西表島、石垣島にも侵入して定着しつつある。冬季でも成虫の活動が見られるので、耐寒性は強いかも知れない。
トンボ科ベッコウトンボ属アカスジベッコウトンボ Neurothemis ramburii ramburii
2014.05.07. 沖縄県西表島

f0161823_6413326.jpg
f0161823_641517.jpg

2014.07.24. 沖縄県石垣島
f0161823_6424895.jpg
f0161823_643553.jpg

# by memobird | 2016-02-25 06:43 | トンボ科 | Comments(0)

撮影機会の少ない蝶なので、お見苦しい画像なれどアップしておきます。
シジミチョウ科ヒメシジミ亜科ヒメウラナミシジミ属
ヒメウラナミシジミ Prosotas nora
沖縄県石垣島 2015.09.23.

f0161823_1173869.gif

f0161823_11152616.gif

# by memobird | 2016-02-19 11:03 | シジミチョウ科 | Comments(0)
国内では、西表島にのみ分布する。
トンボ科ハラビロトンボ属キイロハラビロトンボ Lyripothemis flava
2014.05.02. 沖縄県西表島

f0161823_101516.jpg
f0161823_1012575.jpg
f0161823_1015495.jpg

# by memobird | 2016-02-18 10:02 | トンボ科 | Comments(0)

近年、西表島に侵入し、ほぼ定着したらしい美しいハンミョウ。パイン畑と林縁の間の農道でよく見られる。既存のヒメヤツボシハンミョウもいる。
ハンミョウ科ハンミョウ属ヤツボシハンミョウ Cicindela aurulenta
2014.05.07 沖縄県西表島

f0161823_7514558.jpg

f0161823_172443.gif

f0161823_752382.jpg

f0161823_893710.jpg

# by memobird | 2016-02-12 17:02 | ハンミョウ科 | Comments(0)
日本全土に分布。hostは、シラカシ、ウラジロガシ、アカガシ、ヤシャブシ、ケンポナシ、イヌブナ、ヤマザクラ、イヌシデ、クリ、サカキなどで、これらの倒れた木や伐採木に集まる。同定して下さった福田 治氏に御礼申し上げます。
2013.06.25.Mie Pref.
カミキリムシ科ウスイロトラカミキリ Xylotrechus cuneipennis

f0161823_214651.jpg
f0161823_2141993.jpg
f0161823_2143048.jpg

# by memobird | 2013-07-04 21:05 | カミキリムシ科 | Comments(0)
本州、四国、九州に分布。青色が美しいハナアブであるが、標本ではブルーが黄変する。マルヒラタアブとよく似てるので、識別に注意。幼虫はアブラムシを食す。同定してくださった山田孝夫さんに深謝します。
2012.07.15.Nagano Pref.
ハナアブ科ヘリヒラタアブ Didea alneti

f0161823_8495871.jpg

f0161823_8481766.jpg
f0161823_8475932.jpg

# by memobird | 2013-07-03 08:49 | ハナアブ科 | Comments(0)
本州、四国、九州に分布し、コナラ、クヌギなどのマキや伐採木に集まって産卵する。成虫は、シイ、クリ、ハゼ、フジの花にもよく集まる。
2013.06.25.Mie Pref.
カミキリムシ科キイロトラカミキリ Grammographus notabilis

f0161823_1540042.jpg
f0161823_15402598.jpg

# by memobird | 2013-07-02 15:40 | カミキリムシ科 | Comments(0)
本州、四国、九州の山地で見られる。腹部の黄色い縞模様がアシナガバチに擬態してる雰囲気を受けた。お教え下さいました山田孝夫さんに御礼申し上げます。
2013.06.25.Mie Pref.
ムシヒキアブ科カワムラヒゲボソムシヒキ Ceraturgus kawamurae

f0161823_2063430.jpg
f0161823_2072266.jpg
f0161823_2065467.jpg

# by memobird | 2013-06-28 20:06 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
日本全国に分布。触角は細長く、特に第3節は著しく長い。体も細長く上翅は金属光沢が目立ち、密な点刻を含む条溝がある。幼虫は日蔭の地面に落下した朽ちた枝の中を食べ蛹化する。
2011.06.23.Nara Pref.
ゴミムシダマシ科ホソヒゲナガキマワリ Ainu tenuicornis

f0161823_532169.jpg
f0161823_5322899.jpg
f0161823_5324186.jpg

f0161823_5441954.jpg
f0161823_544251.jpg

# by memobird | 2013-06-22 05:33 | ゴミムシダマシ科 | Comments(0)
黒い体に黄色の毛が目立ち後脚の太いハナアブで、ブンブン羽音をたててホバリングしていた。ユーラシハラブトアハナアブに似てるが、♂は複眼が接する。タカサゴは、高砂市の意。お教え下さいましたTAKAOさんに感謝します。
2013.06.06.Mie Pref.
ハナアブ科ハラブトハナアブ属タカサゴハラブトハナアブ Mallota takasagensis

f0161823_455139.jpg
f0161823_4553079.jpg
f0161823_4554352.jpg

# by memobird | 2013-06-21 05:45 | ハナアブ科 | Comments(0)
種子島・屋久島以南の南西諸島に分布する南方系昼行性蛾。キク科のヌマダイコンが食草として確認されている。モンシロモドキに似てるが腹部が黄色い。
2013.05.06.Amamiosima, Kagosima Pref.
ヒトリガ科ヒトリガ亜科キハラモンシロモドキ Nyctemera cenis

f0161823_17144773.jpg
f0161823_1715231.jpg
f0161823_17151589.jpg

# by memobird | 2013-06-14 17:15 | ヒトリガ科 | Comments(0)
大型ヒョウモンの中でいち早く(5月中旬)に羽化する本種は、かつて三重県で普通に生息していたが、近年激減し見るのが難しくなった。今回見つけて下さったもぐらもちさんに感謝します。
2013.05.30.Mie Pref.
タテハチョウ科クモガタヒョウモン Nephargynnis anadyomene ella

f0161823_553513.jpg
f0161823_554384.jpg
f0161823_5541390.jpg
f0161823_5542734.jpg
f0161823_5543999.jpg

2013.06.04.Mie Pref.
f0161823_55856.jpg

2012.07.26.Nagano Pref.
f0161823_642229.jpg

2012.07.17.Nagoano Pref.
f0161823_6102850.jpg

# by memobird | 2013-06-13 05:54 | タテハチョウ科 | Comments(0)
今年は本種の発生数が多い。我が家の近くのハンノキ林でもたくさん羽化していた。前翅裏面に赤紋のある個体は珍しいと思われる。
2013.06.09.Mie Pref.
シジミチョウ科ミドリシジミ Neozephyrus japonicus

f0161823_5211693.jpg
f0161823_5211843.jpg
f0161823_5214499.jpg
f0161823_5214943.jpg

f0161823_5273397.jpg
f0161823_5274796.jpg
f0161823_528336.jpg
f0161823_5281865.jpg
f0161823_5283469.jpg

# by memobird | 2013-06-12 05:23 | シジミチョウ科 | Comments(0)
サハリンから日本全土に分布。四国では山地に生息する。イッシキイシアブによく似てる。メスの腹部の黄毛はほとんどない。
2013.06.09.Mie
ムシヒキアブ科コムライシアブ(交尾) Choerades komurai

f0161823_731459.jpg
f0161823_732882.jpg

# by memobird | 2013-06-11 07:03 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
南西諸島に留鳥として生息する。平地から山地の良く茂った林で見られる。鳴き声は、アオバトほど抑揚がなく少し低い感じを受ける。胸から下腹は緑褐色であるが、アオバトは白色。今回は、ホウロクイチゴの果実を好んで食していた。
2013.05.03.Amamioshima, Kagoshima Pref.
ハト科アオバト属ズアカアオバト Sphenurus formosae

f0161823_17203350.jpg
f0161823_1720559.jpg
f0161823_1721925.jpg
f0161823_17212188.jpg
f0161823_17213421.jpg

# by memobird | 2013-06-03 17:22 | ハト科 | Comments(0)
トカラ列島以南の南西諸島に分布する。年によって種子島・屋久島が越冬の北限となる。前翅裏の条が翅の基部近くまで見られるので、ルリウラナミシジミと容易に識別できる。食樹はヤブコウジ科のモクタチバナなどの葉。
2013.05.03.Amamiosima, Kagoshima Pref.
シジミチョウ科アマミウラナミシジミ Nacaduba kurava

f0161823_11184332.jpg

2013.05.05.Amamiosima, Kagoshima Pref.
ヤブコウジ科ヤブコウジ属モクタチバナ Ardisia sieboldii

f0161823_11285087.jpg

# by memobird | 2013-05-29 11:18 | シジミチョウ科 | Comments(0)