身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ヤマキマダラヒカゲ Neope niphonica

私が学生の頃、日本産のキマダラヒカゲは、一種であった。ところが、静岡県の高橋真弓氏の熱心な観察・研究により、ヤマキマダラヒカゲとサトキマダラヒカゲの二種に分類され、極めて感動したことを昨日のよーに記憶しています。今回は、ヤマとサトの詳細な識別点については触れず、ヤマキマダラヒカゲの画像を並べるだけにします。最初の画像は、鈴鹿山脈の釈迦ケ岳に登った時のもので、シロヤシオの花が満開の頃でした。三枚目は、山頂での撮影です。
2005.05.20.Mie Pref.
ヤマキマダラヒカゲ Neope niphonica

f0161823_9292051.jpg
f0161823_9293323.jpg
f0161823_93027.jpg


次いで、台高山脈の高見山で撮影したものです。
2006.05.24.Mie Pref.

f0161823_9402873.jpg
f0161823_9404834.jpg
f0161823_941946.jpg


蓮川の上流にて、盛夏の頃
2005.08.12.Mie Pref.


f0161823_10163087.jpg
f0161823_10165282.jpg
f0161823_10171685.jpg
f0161823_10174114.jpg
f0161823_1018031.jpg


ごく最近の撮影で、大台ケ原にて
2009.05.11.Mie Pref.

f0161823_10215791.jpg
f0161823_1022168.jpg


比較のため、サトキマダラヒカゲを一枚・・・
2007.05.11.Mie Pref.
サトキマダラヒカゲ Neope goschkevitschii

f0161823_10253494.jpg

Commented by yoda-1 at 2012-09-22 17:26
蓮川の上流にて、盛夏の頃
ご無沙汰しております。
2005.08.12.Mie Pref.で掲載されている個体は開翅画像のものを含めて、サトキマダラヒカゲの方だと思います。
よろしければ小生のブログをご覧ください。
http://yoda1.exblog.jp/16262490/

by memobird | 2009-06-15 07:30 | ジャノメチョウ科 | Comments(1)