身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

シロアシマルハバチ(幼虫) Eriocampa albipes

北海道、本州、四国に分布。ミツクリハバチ属(Eriocampa)の幼虫は、体表にロウ状物質の突起を形成する。本種は、ハンノキを食樹とする。ババシロアシマルハバチはヤブデマリ、ミツクリハバチはケヤマハンノキ、クルミマルハバチはオニグルミの葉を食す。
2011.06.16.Mie Pref.
ハバチ科ミツクリハバチ属シロアシマルハバチ Eriocampa albipes

f0161823_612101.jpg
f0161823_612187.jpg
f0161823_6122626.jpg
f0161823_6123494.jpg
f0161823_612422.jpg
f0161823_6124942.jpg

by memobird | 2011-06-21 06:12 | ハバチ科 | Comments(0)