身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ヒトリガ科( 5 )

種子島・屋久島以南の南西諸島に分布する南方系昼行性蛾。キク科のヌマダイコンが食草として確認されている。モンシロモドキに似てるが腹部が黄色い。
2013.05.06.Amamiosima, Kagosima Pref.
ヒトリガ科ヒトリガ亜科キハラモンシロモドキ Nyctemera cenis

f0161823_17144773.jpg
f0161823_1715231.jpg
f0161823_17151589.jpg

by memobird | 2013-06-14 17:15 | ヒトリガ科 | Comments(0)

カノコガ Amata fortunei

日本全土の野原に普通に見らる。フタオビドロバチに擬態。幼虫は真っ黒で毛が多く、ギフチョウ幼虫に似ている。食草は、タンポポ、シロツメクサなど。
2010.07.31.Mie Pref.
ヒトリガ科カノコガ亜科カノコガ Amata fortunei

f0161823_15353050.jpg
f0161823_15354226.jpg


交尾中、アズチグモの捕獲された個体。
2009.08.27.MIe

f0161823_16313321.jpg
f0161823_16314793.jpg
f0161823_1632090.jpg

by memobird | 2011-10-24 15:35 | ヒトリガ科 | Comments(0)
日本全土の平地、山地に多産する。雌雄異形で雄には前翅に紋がなく、基部が橙黄色。寄生植物は、地衣類、アラカシの生葉。
2011.08.16.Nagano Pref.
ヒトリガ科コケガ亜科ヨツボシホソバ Lithosia quadra

f0161823_6414094.jpg
f0161823_641494.jpg

by memobird | 2011-08-20 06:42 | ヒトリガ科 | Comments(0)
南方系昼行性蛾なので、三重県で秋見られる個体は、迷蛾の二次発生と考える。アサギマダラの南下シーズンにヒヨドリバナを訪花している個体が、運が良ければ見られる。コウゾリナ、ベニバナボロギクで飼育可能。この交尾個体を見て、雌雄差はないと思われた。
2010.07.19.Ishigaki Is.
ヒトリガ科ヒトリガ亜科モンシロモドキ Nyctemera adversata

f0161823_2031188.jpg
f0161823_20312781.jpg

by memobird | 2010-09-11 05:31 | ヒトリガ科 | Comments(0)
2004年6月、与那国島にて村松稔氏が撮影されたこの蛾に、ムラマツカノコとの和名がつけられた。本日画像の整理をしていて、私も写しているのに気づいた。日本では、与那国島のみでの観察であったが、2009年は、石垣島でも見つかったらしい。
2005年11月24日 与那国島
ヒトリガ科ムラマツカノコ Syntomoides imaon

f0161823_17113287.jpg
f0161823_17114438.jpg

by memobird | 2010-02-08 17:11 | ヒトリガ科 | Comments(0)