身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ハナアブ科( 19 )

ハナアブ科シロスジナガハナアブ(ネアキナガハナアブ)Melisia undulata
ハチに擬態していて、つかまえると尾端で刺そうとする。
和歌山県古座川町 2016.05.04.

f0161823_9303524.gif

by memobird | 2016-05-14 09:30 | ハナアブ科 | Comments(0)
本州、四国、九州に分布。青色が美しいハナアブであるが、標本ではブルーが黄変する。マルヒラタアブとよく似てるので、識別に注意。幼虫はアブラムシを食す。同定してくださった山田孝夫さんに深謝します。
2012.07.15.Nagano Pref.
ハナアブ科ヘリヒラタアブ Didea alneti

f0161823_8495871.jpg

f0161823_8481766.jpg
f0161823_8475932.jpg

by memobird | 2013-07-03 08:49 | ハナアブ科 | Comments(0)
黒い体に黄色の毛が目立ち後脚の太いハナアブで、ブンブン羽音をたててホバリングしていた。ユーラシハラブトアハナアブに似てるが、♂は複眼が接する。タカサゴは、高砂市の意。お教え下さいましたTAKAOさんに感謝します。
2013.06.06.Mie Pref.
ハナアブ科ハラブトハナアブ属タカサゴハラブトハナアブ Mallota takasagensis

f0161823_455139.jpg
f0161823_4553079.jpg
f0161823_4554352.jpg

by memobird | 2013-06-21 05:45 | ハナアブ科 | Comments(0)
本州、四国、九州の森林内に普通に見られる大形種。複眼に微毛はない。胸背は漆黒色で微小な毛が密生する。腹部第2節の前半部は白黄色、他は光沢ある黒色。
2009.10.01.Mie Pref.
ハナアブ科クロベッウハナアブ Volucella nigricans

f0161823_1626513.jpg
f0161823_1627292.jpg
f0161823_16271584.jpg

2012.10.4.Aichi Pref.
f0161823_1633542.jpg

by memobird | 2012-10-05 16:27 | ハナアブ科 | Comments(0)
地上で絡んでいた個体は、腹背全体が黄色短毛で覆われているので、キンアリスアブと思われるが、アリスアブかも知れない?幼虫は、アリの巣のなかで育つ。本州、四国の山地の森林で見られる。
2012.07.15.Nagano Pref.
ハナアブ科キンアリスアブ Microdon auricomus

f0161823_16572394.jpg
f0161823_16581623.jpg
f0161823_16575094.jpg
f0161823_16584137.jpg
f0161823_16581358.jpg

by memobird | 2012-07-21 16:44 | ハナアブ科 | Comments(0)
日本全土に分布し、3~8月に出現する。胸背は光沢がある青銅色。よく似た種が多いので識別は難しい。とりあえず・・・・
2011.07.19.Nagano Pref.
ハナアブ科ナミホシヒラタアブ Metasyrphus nitenz?

f0161823_16294659.jpg
f0161823_16295825.jpg
f0161823_16301057.jpg

by memobird | 2011-12-28 16:30 | ハナアブ科 | Comments(0)
日本全土に分布し、12~1月でも観察可能。腹部の地色は黒色で3本のクリーム色帯がある。幼虫はアブラムシの仲間を食す。ニッポンクロヒラタアブとよく似てるので交尾器で識別する。
2011.12.11.Mie Pref.
ハナアブ科クロヒラタアブ Betasyrphus serarius

f0161823_11171630.jpg
f0161823_11172977.jpg
f0161823_11174141.jpg
f0161823_11175331.jpg
f0161823_1118575.jpg

by memobird | 2011-12-12 11:18 | ハナアブ科 | Comments(0)
本州、四国、九州、南西諸島に分布。暗赤色の斑を散りばめたよーな黄色い複眼が特徴的。胸背の5本の縦縞も目立つ。腹部上部は幅広く黄色い。
2010.11.16.Mie Pref.
ハナアブ科キゴシハナアブ Eristalinus quinquestriatus

f0161823_5401834.jpg
f0161823_5403381.jpg
f0161823_5404564.jpg

f0161823_5432284.jpg

by memobird | 2011-11-20 05:28 | ハナアブ科 | Comments(0)
日本全土に分布しハナアブと共に普通に見られる。複眼にはハナアブのよーな線上の模様がない。暖かい地方では、成虫は12月まで見られる。幼虫は水生で長い呼吸管を持ち腐植質を食べる。
2011.11.17.Gifu Pref.
ハナアブ科シマハナアブ Eristalis crealis

f0161823_20473717.jpg
f0161823_20474625.jpg
f0161823_20475430.jpg
f0161823_2048272.jpg

by memobird | 2011-11-19 20:48 | ハナアブ科 | Comments(0)
本州、四国の山地の森林で4~7月に成虫が見られる。幼虫は、アリやシロアリの巣の中に棲む。触角の第一節は、第二節と第三節を合わせた長さ、額は黒色で青緑色の光沢がある。胸背、小楯板は黒色で淡黄色の短毛が生える。腿節は黒色で、他は黄褐色。
2011.05.26.Mie Pref.
ハナアブ科アリノスアブ(アリスアブ) Microdon japonicus

f0161823_438834.jpg
f0161823_4381831.jpg

by memobird | 2011-11-08 04:38 | ハナアブ科 | Comments(0)