身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:イモリ科( 3 )

ニホンイモリの背は一様に黒いが、中には赤味をおびたものがいる。マレながら黒い色素がない個体も見られる。
2009.06.07.Mie Pref.
イモリ科ニホンイモリ Cynops pyrrthogaster

f0161823_722981.jpg
f0161823_723879.jpg
f0161823_724684.jpg

by memobird | 2011-02-16 06:02 | イモリ科 | Comments(0)
世界中のイモリ科で、最も北に分布するのが、このニホンイモリである。国内に広く分布しているが、求愛行動や体の色に地域差が見られるらしい。遺伝的に、東北、中部、西日本、九州の4集団に分けられている。
2010.06.01.Mie Pref.
イモリ科ニホンイモリ Cynops pyrrhogaster

f0161823_9421147.jpg
f0161823_9425099.jpg
f0161823_943674.jpg
f0161823_9432146.jpg

by memobird | 2010-06-02 05:14 | イモリ科 | Comments(0)
奄美大島固有亜種で、徳之島では絶滅したらしい。沖縄本島、渡嘉敷島及び渡名喜島固有亜種は、オキナワシリケンイモリ C.e.popei で、アマミシリケンイモリに比し、背に斑紋の出る個体が多い。
2010.05.04.Amami Is. Kagoshima Pref.
イモリ科イモリ属アマミシリケンイモリ Cynopus ensicauda ensicauda

f0161823_1614787.jpg

f0161823_16115654.jpg
f0161823_16121873.jpg
f0161823_16124888.jpg
f0161823_161397.jpg
f0161823_16133068.jpg


早朝、林道を走ると、道路上を這ってる個体が多くみられた。リュウキュウハシブトガラスが多く集まっていたので、食されてるかも知れない?
2010.05.05.Amami Is. Kagoshima Pref.

f0161823_16335876.jpg
f0161823_16341570.jpg
f0161823_16343063.jpg
f0161823_16344637.jpg

by memobird | 2010-05-10 16:05 | イモリ科 | Comments(0)