身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:ミズナギドリ科( 4 )

北海道から八重山諸島までの日本に島々で繁殖する。非繁殖期には、オーストラリア北部まで南下して広い海域を飛びまわる。顔は白く褐色の霜降り模様が特徴的。翼下面は白い。
2011.10.23.Mie Pref.
ミズナギドリ科オオミズナギドリ Calonectris leucomelas

f0161823_175195.jpg
f0161823_1751395.jpg
f0161823_1752496.jpg

by memobird | 2011-10-31 17:05 | ミズナギドリ科 | Comments(0)
オーストラリア南東部の島々で繁殖し、非繁殖期は、北太平洋まで北上する。数年前、伊勢湾に迷い込んだ個体が多数死亡した。その死亡原因は不明。額が飛び出しているので、ハイイロミズナギドリとの識別のポイントになる。
2010.06.03.Aichi Pref.
ハシボソミズナギドリ Puffinus tenuirostris

f0161823_1663286.jpg
f0161823_1664443.jpg
f0161823_1665715.jpg
f0161823_1671024.jpg
f0161823_1672268.jpg
f0161823_1673698.jpg

by memobird | 2010-06-11 16:07 | ミズナギドリ科 | Comments(0)
伊勢湾口に多数の個体が飛来した。コウナゴの群れを追って・・・・。ハシボソミズナギドリとの混群を作り、本種は、額から嘴に続く輪郭線がなだらかなので見分けられる。
2010.06.03.Aichi Pref.
ミズナギドリ科ハイイロミズナギドリ Puffinus griseus

f0161823_1540537.jpg
f0161823_1541520.jpg
f0161823_15411640.jpg
f0161823_15412912.jpg
f0161823_15414164.jpg
f0161823_15415352.jpg
f0161823_15427100.jpg
f0161823_15422034.jpg
f0161823_15423392.jpg

by memobird | 2010-06-09 14:42 | ミズナギドリ科 | Comments(0)
2004年の6月、津市の海岸にある海の家の明かりに、ミズナギドリの一種が飛来したとの新聞報道があった。現地に確認に行くと、その日の夜も飛来して撮影できた。セグロミズナギドリであると判断した。小笠原諸島で繁殖している。
2004.06.24.Mie Pref.
ミズナギドリ科セグロミズナギドリ Puffinus lherminieri

f0161823_1621149.jpg
f0161823_1623041.jpg
f0161823_1624470.jpg


夜間に飛来した個体は、海の家の方が保護され、翌日の放鳥が繰り返された。夜間の撮影は難しいので、朝、放鳥前の撮影がよい。
2004.07.07.Mie Pref.

f0161823_16402100.jpg
f0161823_16404974.jpg
f0161823_164182.jpg
f0161823_16412535.jpg
f0161823_1641486.jpg
f0161823_1642545.jpg
f0161823_16422289.jpg


マンクスミズナギドリかも知れないとのご意見もあり、放鳥前に詳しく撮影させていただいた。
2004.07.07.Mie Pref.


f0161823_1764621.jpg
f0161823_1771346.jpg
f0161823_1773611.jpg
f0161823_1775595.jpg
f0161823_1781480.jpg
f0161823_1783142.jpg
f0161823_1784785.jpg
f0161823_1791366.jpg
f0161823_179591.jpg

by memobird | 2010-06-03 21:02 | ミズナギドリ科 | Comments(0)