身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ヤママユガ科( 2 )

ヤママユ Antheraea yamamai

日本全土に分布し、年1回の発生で夏から初秋に出現する。卵での越冬。クヌギ、コナラ、クリなどのブナ科、リンゴ、サクラなどのバラ科など多くの植物を食す。雌雄とも黄色、赤褐色、暗褐色、灰色を帯びたものなど色彩の変異がある。
2011.09.18.Hirosima Pref.
ヤママユガ科ヤママユ Antheraea yamamai

f0161823_553556.jpg
f0161823_554791.jpg
f0161823_5541975.jpg

2011.08.17.Nagano Pref.
f0161823_5595092.jpg
f0161823_5595949.jpg

by memobird | 2011-12-11 05:54 | ヤママユガ科 | Comments(0)
エゴノキが丸坊主になっていたので見上げると、クスサン幼虫(シラガタロウ)が食していた。エゴノキは、クスサン奄美以南亜種の食樹の一種として記録しておきたい。
2010.05.03.Amami Is. Kagoshima Pref.
クスサン奄美以南亜種 Satumia japonica ryukyuensis

f0161823_10112954.jpg
f0161823_10114213.jpg
f0161823_10115313.jpg
f0161823_1012495.jpg
f0161823_10121576.jpg

by memobird | 2010-06-07 06:12 | ヤママユガ科 | Comments(0)