身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:シャクガ科( 6 )

日本全土に分布し各地で普通に見られる。春生は前後翅とも中横線内方及び前翅頂は白黄色を呈するが、夏生では翅全体が黒赤色を帯び別種のよーに見える。バラ科、ヤマモモ科、ニレ科、ブナ科、ミズキ科、シュウカイドウ科、ヒユ科、ヤマノイモ科、キク科、マメ科、タデ科、カタバミ科、ユリ科など広食性。
2013.03.28.Mie Pref.
シャクガ科ヒメシャク亜科フタナミトビヒメシャク春生 Pylargosceles steganioides

f0161823_21341340.jpg
f0161823_21342494.jpg
f0161823_21343348.jpg

by memobird | 2013-04-01 21:35 | シャクガ科 | Comments(0)
産地は東京付近の雑木林に限定されていたが、関東中心に福島、静岡、愛知でも記録がある。三重県の我が家の壁で、1/4に1頭、1/11に2頭見られた。前翅の地色は黒褐色で同属の中で最も暗色である。雄触角の繊毛は、シロオビフユシャク、ユキムカエフユシャクに比し長い。出現期は、1月中旬~3月上旬、食樹はクヌギ、コナラ。
2012.01.04.Matuzaka City, Mie Pref.
シャクガ科フユシャク亜科クロバネフユシャク Alsophiloides acroama

f0161823_5172395.jpg
f0161823_5173528.jpg
f0161823_5175154.jpg

by memobird | 2012-01-14 05:17 | シャクガ科 | Comments(0)
沖縄本島~西表島に産す。本土亜種に比し大型で、外横紋列が互いに癒合して帯状になり、橙色斑がより濃く、広く伸びる。食樹は、ハリツルマサキ、オキナワシキミ。
2012.01.09.Miyakojima, Okinawa Pref.
シャクガ科エダシャク亜科ユウマダラエダシャク琉球亜種 Abraxas miranda aesia

f0161823_21374435.jpg
f0161823_21375435.jpg

by memobird | 2012-01-13 21:37 | シャクガ科 | Comments(0)
日本全国に生息する昼行性蛾の普通種。食樹は、ニシキギ科のツルウメモドキである。ミヤマイボタの花を訪れていた。
2008.07.13.Siga Pref.
シャクガ科トンボエダシャク Cystidia stratonice

f0161823_917371.jpg
f0161823_917504.jpg
f0161823_918521.jpg

by memobird | 2011-04-10 05:18 | シャクガ科 | Comments(0)
北海道から屋久島まで分布する。食餌植物は不明。洞爺湖の大島で撮影した。
2010.08.16.Hokkaidou
シャクガ科ハガタナミシャク Eustroma melancholium

f0161823_10591870.jpg
f0161823_10592959.jpg

by memobird | 2010-08-30 07:59 | シャクガ科 | Comments(0)
成虫は性により、個体により、著しい変異があり、一見、別種のよーに見える。大きく4型に分けるが、それぞれの中間型もある。食樹は、ニシキギ科。日本全国に分布する。
2009.06.25.Gifu Pref.
シャクガ科シロモンクロエダシャク Proteostrenia leda f.lachrymosa

f0161823_15354581.jpg

f0161823_15344176.jpg
f0161823_15345497.jpg

by memobird | 2010-06-19 15:33 | シャクガ科 | Comments(0)