身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:チドリ科( 6 )

西表島でケリを撮影している。珍し記録かも知れないので、記憶のためアップ!当地では、留鳥的に普通に繁殖・越冬しているが、本州での繁殖地は極めて局限的で、珍しい鳥らしい。普通種扱いしてるのは贅沢かも。通常は、台湾、中国南部、ミャンマーあたりで越冬するので、西表島で観察できても不思議ではない。
2006.01.06.Iriomote I. Okinawa Pref.
チドリ科ケリ Vanellus cinereus, Grey-headed Lapwing

f0161823_533918.jpg
f0161823_533213.jpg
f0161823_5333452.jpg
f0161823_533428.jpg
f0161823_5335015.jpg

by memobird | 2010-12-18 05:33 | チドリ科 | Comments(0)
メダイチドリとオオメダイチドリの識別は悩ましい。経験的には、オオメダイかも知れないと思った場合は、メダイで、オオメダイは、迷うことなくオオメダイである。ozokさんは、「オオメダイに似てるメダイはいるけど、メダイに似てるオオメダイはいない」とおっしゃってます。
2004.08.08.Aichi Pref.
チドリ科オオメダイチドリ幼鳥 Charadrius leschenaultii

f0161823_1059693.jpg
f0161823_10591785.jpg
f0161823_10592860.jpg
f0161823_10594057.jpg
f0161823_10595317.jpg
f0161823_110485.jpg

by memobird | 2010-09-10 08:00 | チドリ科 | Comments(0)

ケリ Vanellus cinereus


 昨日、タゲリをアップしたので、今日は留鳥のケリを・・・・・。繁殖期の鳴き声はウルサイけど、非繁殖期は、あまり目立たない鳥である。かつて、伊勢平野でも珍しい鳥に属し、高校時代、生物部の野鳥班が、よくケリを話題にしていたのを思い出す。今回は、幼鳥であり、初列風切が美しい。これなら、秋に換羽する必要がないことが、よく理解できる。
2005.07.23.Mie Pref.
ケリ Vanellus cinereus,Grey-headed Lapwing

f0161823_10561976.jpg
f0161823_10563456.jpg

f0161823_1058323.jpg
f0161823_10584530.jpg
f0161823_105857100.jpg

by memobird | 2009-01-30 12:30 | チドリ科 | Comments(0)

 冬季に水を張っておられる水田が増え、生物たちには嬉しいことである。色々な生物を育む水田は、栄養も豊富で、お米も健康だと思う。
 今日は、タゲリが大きなミミズを捕獲した。食べきれるだろーかと心配したが、少しずつ呑み込んで、最後は一気に胃袋へ・・・・

2009.01.25.Mie Pref. Central JAPAN
タゲリ Vanellus vanellus, Northern Lapwing

f0161823_17145744.jpg
f0161823_1715517.jpg
f0161823_17151338.jpg
f0161823_17152249.jpg
f0161823_17153045.jpg
f0161823_17153880.jpg
f0161823_17154665.jpg

by memobird | 2009-01-29 17:15 | チドリ科 | Comments(0)

ムナグロ


 トウネン観察地に、ムナグロもいました。たくさん撮影したトウネンを丹念に見直してみましたが、どーやら、第一回夏羽らしき個体は、見当たりませんでした。秋の幼鳥は、たくさん見られるのに、春の若鳥がいないとゆーことは、繁殖地まで移動する必要がないので、越冬地に居残ってるのでしょーか?
 この、ムナグロ、車へどんどん近づいてきて、最後の画像はノートリです。雨覆羽をよく見ても、幼羽が見当たらないので、成鳥夏羽と読んでいいですか?

 2008.05.15. Aichi Pref. Central Japan
ムナグロ Pluvialis fulva, Pacific Golden Plover


f0161823_1993396.jpg
f0161823_1994820.jpg
f0161823_1910760.jpg
f0161823_19102859.jpg
f0161823_19104617.jpg
f0161823_1911440.jpg

by memobird | 2008-05-17 19:11 | チドリ科 | Comments(0)

コチドリのStage??


  イカルチドリ、シロチドリは、年末までには夏羽が完成してる個体が多いですネ。コチドリはどうなんでしょ? チドリ類は、幼鳥をのぞいて、Stageの識別が難しく思います。コチドリの雌雄識別もムツカシイです。下記のものは、すべて同一個体ですが、雨覆羽の擦れと褪色が目立つので第一回夏羽の個体なんでしょか?♀かな?? サッパリ分からないので、今後は慎重に観察したいと思います。繁殖中の個体を見つけると、成鳥雌雄識別の勉強になりますネ。過去の画像を見て考えてみます。

 2008.05.08. Mie Pref. Central Japan
 コチドリ Charadrius dubius , Little Ringed Plover

f0161823_4152230.jpg
f0161823_4222429.jpg

f0161823_4172989.jpg
f0161823_4175056.jpg

f0161823_4181086.jpg
f0161823_4182554.jpg

f0161823_4202441.jpg

by memobird | 2008-05-13 04:18 | チドリ科 | Comments(0)