身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

カテゴリ:ツノカメムシ科( 3 )

日本全土に分布。雌雄及び個体により色彩の変異に富む。雌雄とも腹部下面の黒色点刻を欠くので、クロヒメツノカメムシ、キタヒメツノカメムシと容易に識別できるが、本個体の腹部下面を見てないので同定は確かではない。
2011.10.09.Nagano Pref.
ツノカメムシ科ヒメツノカメムシ ? Elasmucha putoni

f0161823_5463725.jpg
f0161823_5464530.jpg

by memobird | 2011-10-18 05:46 | ツノカメムシ科 | Comments(0)
エサキモンキツノカメムシは、ハート型の黄紋であるが、本種は、逆三角形の黄紋、しかし、側角の張り出しが大きいので、なかなかいい形をしている。
2010.10.07.Gifu Pref.
ツノカメムシ科モンキツノカメムシ Sastragala scutellata

f0161823_1017483.jpg
f0161823_10175985.jpg

by memobird | 2010-10-08 08:18 | ツノカメムシ科 | Comments(0)
セリ科植物の花上でよく見かける。近づいて見ると、意外に美しいので、ついつい撮ってしまう。キンミズヒキの若い果実にも来ていた。
2010.09.12.Siga Pref.
ツノカメムシ科ベニモンツノカメムシ Elasmostethus humeralis

f0161823_11222653.jpg
f0161823_11223753.jpg
f0161823_11224886.jpg
f0161823_1123064.jpg

f0161823_16333760.jpg

by memobird | 2010-09-12 20:23 | ツノカメムシ科 | Comments(0)