身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:タテハチョウ科( 39 )

1973年、初めて、西表島で発見される。1987年には石垣島、竹富島でも観察。以後、西表島では定着している。食樹は、イイギリ科のトゲイヌツゲ。
沖縄県西表島 2014.05.07.

f0161823_8341481.jpg
f0161823_834349.jpg
f0161823_8345218.jpg

by memobird | 2016-02-25 08:34 | タテハチョウ科 | Comments(0)
大型ヒョウモンの中でいち早く(5月中旬)に羽化する本種は、かつて三重県で普通に生息していたが、近年激減し見るのが難しくなった。今回見つけて下さったもぐらもちさんに感謝します。
2013.05.30.Mie Pref.
タテハチョウ科クモガタヒョウモン Nephargynnis anadyomene ella

f0161823_553513.jpg
f0161823_554384.jpg
f0161823_5541390.jpg
f0161823_5542734.jpg
f0161823_5543999.jpg

2013.06.04.Mie Pref.
f0161823_55856.jpg

2012.07.26.Nagano Pref.
f0161823_642229.jpg

2012.07.17.Nagoano Pref.
f0161823_6102850.jpg

by memobird | 2013-06-13 05:54 | タテハチョウ科 | Comments(0)

カバタテハ Ariadne ariadne

1980年代から、八重山諸島で繁殖したが、定着は定かでない。時に大発生するが、見られない年ある。1989年、多良間島で多数の記録を見た。食草は、トウダイグサ科のヒマ。
2013.02.07.Kashihara City Museum of Insect, Nara Pref.
タテハチョウ科カバタテハ Ariadne ariadne

f0161823_7114391.jpg
f0161823_7115462.jpg
f0161823_712533.jpg
f0161823_7121694.jpg

by memobird | 2013-02-18 07:12 | タテハチョウ科 | Comments(0)
北海道、中部地方以北の本州に分布する。年一回、7月中旬~8月に出現し成虫越冬。翅型はヒオドシチョウに似てるが、翅表の白斑が目立つ。食樹は、ハルニレ、ダケカンバ、シラカンバ、ウダイカンバばど。
2012.08.12.Gifu Pref.
タテハチョウ科エルタテハ Nymphalis vaualbum samurai

f0161823_2027356.jpg
f0161823_20274740.jpg
f0161823_20275851.jpg
f0161823_2028727.jpg
f0161823_20281759.jpg

2012.07.17.Nagano Pref.
f0161823_217233.jpg

by memobird | 2012-08-25 20:28 | タテハチョウ科 | Comments(0)
関東北部山地から中部山岳までの本州にのみ生息する。年1回、6月下旬~7月に見られる。4齢幼虫で越冬。食餌植物は、クガイソウ、コシオガマ、ママコナ、ヒキヨモギ、オオバコなどの草本。雌雄よく似てるが、メスはやや大きく、腹部は著しく肥大する。
2012.07.16.Nagano Pref.
タテハチョウ科コヒョウモンモドキ Mellicta britomartis niphona

f0161823_13495146.jpg
f0161823_13503994.jpg
f0161823_13501599.jpg
f0161823_135138.jpg
f0161823_135038100.jpg
f0161823_1351251.jpg

by memobird | 2012-08-05 13:42 | タテハチョウ科 | Comments(0)
関東地方以西で越冬できる。越冬態は幼虫と成虫が可能。ヨモギ、ハハコグサを食して越冬する。
2012.01.17.Mie Pref.
タテハチョウ科ヒメアカタテハ Cynthia cardui
f0161823_172722100.jpg
f0161823_17273679.jpg
f0161823_17274913.jpg
f0161823_1728297.jpg
f0161823_1728156.jpg

by memobird | 2012-01-20 17:28 | タテハチョウ科 | Comments(0)
八重山諸島には土着していて年中羽化する。与那国島で、草原のイワダレソウ、キツネノマゴを食する幼虫の大群が観察できた。
2005.11.25.Yonagunijima, OKinawa Pref.
タテハチョウ科アオタテハモドキ Junonia orithya

f0161823_7215440.jpg
f0161823_722356.jpg
f0161823_7221212.jpg
f0161823_722196.jpg

by memobird | 2011-12-15 07:21 | タテハチョウ科 | Comments(0)
北海道、中部地方以北の本州に分布するが、本州では局地的に見られる。ウラギンヒョウモンとの識別が悩ましいが、本種は、後翅裏面前縁の銀紋が4個で基部の銀紋はバラバラに並ぶ、ウラギンヒョウモンは前縁の銀紋が5個で基部の銀紋は整然と並ぶ。お教えくださいましたみのむしさんに感謝します。
2011.08.17.Nagano Pref.
タテハチョウ科ギンボシヒョウモン Speyena aglaja

f0161823_5514578.jpg
f0161823_5515073.jpg
f0161823_552383.jpg
f0161823_552837.jpg
f0161823_5522017.jpg
f0161823_5522497.jpg

by memobird | 2011-10-02 05:52 | タテハチョウ科 | Comments(0)
北海道、本州中部以北の山地に生息する。食樹は、ニレ科のハルニレ、オヒョウ、カバノキ科のシラカンバ、ウダイカンバなど。翅形は、シータテハよりヒオドシチョウに似ている。
2011.08.14.Nagano Pref.
タテハチョウ科エルタテハ Nymphalis vaualbum samurai

f0161823_17234955.jpg
f0161823_1724087.jpg
f0161823_17241233.jpg
f0161823_17242979.jpg

by memobird | 2011-08-31 17:24 | タテハチョウ科 | Comments(0)
北海度、本州(東北~中部山岳)に生息する。年1回の発生で、8月中旬~9月中旬に多い。食樹は、ダケカンバ、シラカンバなどのカバノキ科、オオバヤナギ、バッコヤナギなどのヤナギ科。性差は極めて軽微。
2011.08.16.Nagano Pref.
タテハチョウ科キベリタテハ Nymphalis antiopa asopos

f0161823_13562564.jpg

f0161823_1351617.jpg
f0161823_13511495.jpg
f0161823_13512293.jpg
f0161823_13512843.jpg

by memobird | 2011-08-30 13:51 | タテハチョウ科 | Comments(0)