身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ハゼ科( 5 )

茨城県、秋田県以南の本州、四国、九州、南西諸島に分布し、河川の下流域~塩分濃度の薄い汽水域の流れがゆるやかな砂礫底に生息する。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
ハゼ科ヨシノボリ属ゴクラクハゼ Rhinogobius giurinus

f0161823_541871.jpg
f0161823_5412731.jpg
f0161823_5413874.jpg
f0161823_5414954.jpg
f0161823_5415839.jpg

by memobird | 2013-02-03 05:42 | ハゼ科 | Comments(0)
石垣島、西表島以南の西太平洋に分布する。砂地に生息し、テッポウエビと共生する。
2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
ハゼ科イトヒキハゼ科ギンガハゼ Cryptocentrus cinctus

f0161823_21102677.jpg
f0161823_21104737.jpg
f0161823_21104616.jpg

by memobird | 2013-01-27 21:11 | ハゼ科 | Comments(0)
琵琶湖固有種。琵琶湖内の個体は季節的に回遊し、7月頃、産卵のため湖岸に集まる。流入河川で一生を過ごす集団もいるらしい。繁殖期に、オスのヒレが長くなるのが特徴的。
2012.09.13.Biwa Lake Museum, Siga Pref.
ハゼ科ビワヨシノボリ Rhinogobius sp.BW(Biwa Lake type)

f0161823_10301667.jpg
f0161823_10303251.jpg
f0161823_1030444.jpg

by memobird | 2012-11-09 07:30 | ハゼ科 | Comments(0)
日本全国の河川の中~下流域、河口の汽水域の礫底に生息する。1972年、新亜種としてチチブから分類された。
2012.03.11.Lake Biwa Museum,Siga Pref.
ハゼ科ヌマチチブ Tridentiger kuroiwae brevispinis

f0161823_1141526.jpg
f0161823_1141255.jpg
f0161823_114141100.jpg

by memobird | 2012-07-04 07:41 | ハゼ科 | Comments(0)
琉球列島のマングローブの林床に広く分布し、トビハゼは第一背びれが丸く扇型で明瞭な模様がないが、本種は背びれの上縁に黒く太い線が目立つ。
2010.09.20.Miyakojima, Okinawa Pref.
ハゼ科トビハゼ属ミナミトビハゼ Periophthalmus argentilineatus

f0161823_17181846.jpg
f0161823_17183020.jpg
f0161823_17184424.jpg
f0161823_17185544.jpg
f0161823_1719474.jpg
f0161823_17191329.jpg

by memobird | 2011-02-13 05:19 | ハゼ科 | Comments(0)