身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:セキレイ科( 8 )

ビンズイ Anthus hodgsoni

この個体は、三重県最南端で撮影し、眠っていた画像です。初めて日の目を見ました。
2009.01.02.Mie Pref.
セキレイ科ビンズイ Anthus hodgsoni, Olive-backed Pipit

f0161823_1729531.jpg
f0161823_1730344.jpg
f0161823_17301147.jpg
f0161823_17301943.jpg

by memobird | 2011-03-10 17:30 | セキレイ科 | Comments(0)
日本固有種なので、地球規模で見れば貴重な鳥。外国人バーダーには人気があるが、当方はマジメに撮影したことがない。
2005.09.08.Mie Pref. Central JAPAN
セキレイ科セグロセキレイ Motacilla grandis, Japanese Pied Wagtail

f0161823_20332976.jpg
f0161823_20333856.jpg
f0161823_2033475.jpg
f0161823_20335673.jpg
f0161823_2034513.jpg
f0161823_20341468.jpg

by memobird | 2011-01-31 05:34 | セキレイ科 | Comments(0)

ビンズイ Anthus hodgsoni

越冬時、タヒバリは田んぼにいるが、本種は、林床が整備された松林で見られる。耳羽後方の白斑と、その下の黒斑は本種の特徴。
2011.01.27.Mie Pref.
セキレイ科タヒバリ属ビンズイ Anthus hodgsoni, Olive-backed Tree Pipit

f0161823_17353183.jpg
f0161823_17354119.jpg
f0161823_17355144.jpg
f0161823_1736079.jpg
f0161823_17361118.jpg

by memobird | 2011-01-30 17:36 | セキレイ科 | Comments(0)
本土では旅鳥として見られるが少ない。南西諸島では、越冬する個体もいる。淡褐色の眉斑が明瞭で、肩羽の軸斑は目立ち先端が尖る。
2004.11.23.Miyako I. Okinawa Pref.
セキレイ科マミジロタヒバリ Anthus novaeseelandiae, Richard's Pipit

f0161823_15333326.jpg
f0161823_1533469.jpg
f0161823_15335866.jpg
f0161823_1534978.jpg

by memobird | 2010-11-29 15:34 | セキレイ科 | Comments(0)

タヒバリ Anthus spinoletta

冬の間、地味な冬羽で田んぼで過ごし、渡りの季節になると夏羽に衣替えして、海岸堤防に集合する。
2009.04.16.Mie Pref.
タヒバリ Anthus spinoletta, Water Pipit

f0161823_11493852.jpg
f0161823_11495040.jpg
f0161823_1150254.jpg
f0161823_11501469.jpg

by memobird | 2010-04-26 12:50 | セキレイ科 | Comments(0)

タヒバリ Anthus spinoletta

タヒバリの仲間は珍鳥が多いけど、タヒバリとビンズイだけは、当地で普通に見られる。ビンズイは松林、タヒバリは真冬の田圃で、たくさん越冬しているが、猛禽類から身を守るため地味な羽衣をしていて、警戒心も強く、なかなか撮影させてくれない。春の旅立ちの頃、夏羽に換羽途中の個体が、海辺の堤防へ集まるので、やっと撮影できた。
2008.04.06.Mie Pref.
セキレイ科タヒバリ Anthus spinoletta
f0161823_15444452.jpg
f0161823_1545173.jpg
f0161823_15451595.jpg


2009.04.16.Mie Pref.
f0161823_155851100.jpg
f0161823_15591268.jpg
f0161823_15593576.jpg
f0161823_15595866.jpg

by memobird | 2009-05-19 15:45 | セキレイ科 | Comments(0)

 前回は、2008年冬のハクセキレイ白変個体を紹介したので、今回は、2005年の2例の個体を報告しておきます。同じく8月の個体であるが、距離的にかなり離れていたので別個体と考えました。

まず、2005.08.11.Mie Pref. Central JAPAN
ハクセキレイ Motacilla alba, White Wagtail


f0161823_10431044.jpg
f0161823_10432496.jpg
f0161823_10433868.jpg


次いで、2005.08.31.Mie Pref. Central JAPAN

f0161823_10551478.jpg
f0161823_10553084.jpg
f0161823_10554678.jpg

by memobird | 2008-10-27 10:43 | セキレイ科 | Comments(0)

ハクセキレイ白変個体


 画像の整理をしてたら、今年撮影したのに、もう忘れてました。ハクセキレイの白変化個体は、ここ4年間で、5例ほど撮影してるので、早く整理しておかないといけませんです。しかし、ストック画像が多すぎて、なかなか手が回らない。時間が欲しい・・・・

 2008.01.06. Mie Pref. Central Japan 
 ハクセキレイ白変化個体 Motacilla alba, White Wagtail


f0161823_4505054.jpg
f0161823_4512011.jpg
f0161823_4515351.jpg
f0161823_4523573.jpg
f0161823_4525930.jpg

by memobird | 2008-05-24 04:53 | セキレイ科 | Comments(0)