身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:サナエトンボ科( 12 )

北海道~屋久・種子島に分布。成虫の出現期は、5月上旬~9月頃まで。日本最大のサナエトンボであり、ヤンマ科でも、オニヤンマ科でもない。
2011.06.28.Mie Pref.
サナエトンボ科コオニヤンマ属コオニヤンマ Sieboldius albardae

f0161823_11353063.jpg
f0161823_11354575.jpg
f0161823_11355839.jpg

by memobird | 2011-06-29 07:35 | サナエトンボ科 | Comments(0)
日本特産種で、本州、四国、九州に分布する。川の上流で産卵し、幼虫は川を下って中流、下流で羽化する。最も小型の細いサナエでかわいい。側胸部のY字の黒条が特徴的。
2011.06.12.Mie Pref.
サナエトンボ科オジロサナエ Stylogomphus suzukii

f0161823_16333526.jpg
f0161823_16334431.jpg
f0161823_163356100.jpg
f0161823_1634627.jpg

by memobird | 2011-06-16 16:34 | サナエトンボ科 | Comments(0)
日本特産種で、北海道から九州まで分布する。体型が太短いので、ずんぐりしてるが、動作は敏捷である。お教え下さいました宇和蔵さんに感謝します。
2011.05.31.Mie Pref.
サナエトンボ科ホンサナエ Comphus postocuraris

f0161823_13521028.jpg
f0161823_1352181.jpg
f0161823_13522628.jpg
f0161823_13523463.jpg

by memobird | 2011-06-13 13:52 | サナエトンボ科 | Comments(0)
日本特産種で、本州、四国、九州の低山地の河川の中流域に生息する。黄緑色が美しい中型サナエで、成虫は5~6月に多い。
2011.05.31.Mie Pref.
サナエトンボ科アオサナエ Nihonogomphus viridis

f0161823_16543361.jpg
f0161823_16544272.jpg
f0161823_16545087.jpg
f0161823_16545789.jpg
f0161823_1655821.jpg

by memobird | 2011-05-31 16:55 | サナエトンボ科 | Comments(0)
本州、四国、九州のため池などの止水を好むサナエトンボで、この環境は、本種、オグマサナエ、タベサナエのよく似た三種が生息するので、識別に注意を要す。
2011.05.15.Mie Pref.
サナエトンボ科フタスジサナエ Trigomphus interruptus

f0161823_11305722.jpg
f0161823_11311114.jpg
f0161823_11312548.jpg
f0161823_1131386.jpg

by memobird | 2011-05-23 07:31 | サナエトンボ科 | Comments(0)
腹部第8節の黄斑が、ウチワヤンマを思わせ、識別はやさしく感じた。川の中流域で羽化し、夏の間は山の上で生活し、夏の終わりに川へ降りてきて産卵する。
2010.08.19.Siga Pref.
サナエトンボ科ミヤマサナエ Anisogomphus maacki

f0161823_20424788.jpg
f0161823_20425828.jpg
f0161823_2043825.jpg
f0161823_20431828.jpg

by memobird | 2010-08-22 20:43 | サナエトンボ科 | Comments(0)
尾端近くの団扇状突起は、ウチワヤンマより小さくて、斑紋がなく真っ黒。コオニヤンマ、ウチワヤンマ、タイワンウチワヤンマは、ヤンマ科ではなく、左右の複眼が少し離れているので、サナエトンボの仲間である。
2010.07.20.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
サナエトンボ科タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax

f0161823_1019748.jpg
f0161823_10191994.jpg
f0161823_10193118.jpg
f0161823_10194384.jpg
f0161823_10195894.jpg

by memobird | 2010-08-11 10:20 | サナエトンボ科 | Comments(0)
ワタナベオジロサナエに似てるが、胸側の黒条がN字状でないので否定し、ヒメホソサナエを考えた。同定の誤りがあるかもしれないが、本種ならば、西表島、石垣島の特産種である。
2010.07.18.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
サナエトンボ科ヒメホソサナエ Leptogomphus yayeyamensis

f0161823_19431290.jpg
f0161823_19432478.jpg
f0161823_19433591.jpg
f0161823_19434679.jpg

by memobird | 2010-08-10 19:38 | サナエトンボ科 | Comments(0)
我が家の室内に侵入したので各部が撮影できたが、暗くてよい画像ではありません。小さなサナエトンボで腹部が細く尾が長くスマートでした。自宅近くが河川の中流域なので生息地として問題なし。
2010.06.29.Mie Pref.
サナエトンボ科オナガサナエ♂ Onychogomphus viridicostus

f0161823_8441474.jpg
f0161823_8443477.jpg
f0161823_8445061.jpg
f0161823_845636.jpg
f0161823_8452389.jpg


野外でも撮ってました。2009.08.27.Mie Pref.
f0161823_17125733.jpg
f0161823_17131630.jpg

by memobird | 2010-06-30 05:31 | サナエトンボ科 | Comments(2)
頭が小さく、両複眼が離れているのでヤンマ科ではなく、最も大きなサナエトンボである。日本全国に分布し、山地の渓流部から中流域の砂礫底の河川に発生する。幼虫は扁平で枯葉状。
2010.06.24.Mie Pref. Central JAPAN
サナエトンボ科コオニヤンマ Sieboldius albardae

f0161823_19353733.jpg
f0161823_19355185.jpg
f0161823_1936351.jpg

by memobird | 2010-06-27 18:58 | サナエトンボ科 | Comments(0)