身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ムシヒキアブ科( 11 )

本州、四国、九州の山地で見られる。腹部の黄色い縞模様がアシナガバチに擬態してる雰囲気を受けた。お教え下さいました山田孝夫さんに御礼申し上げます。
2013.06.25.Mie Pref.
ムシヒキアブ科カワムラヒゲボソムシヒキ Ceraturgus kawamurae

f0161823_2063430.jpg
f0161823_2072266.jpg
f0161823_2065467.jpg

by memobird | 2013-06-28 20:06 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
サハリンから日本全土に分布。四国では山地に生息する。イッシキイシアブによく似てる。メスの腹部の黄毛はほとんどない。
2013.06.09.Mie
ムシヒキアブ科コムライシアブ(交尾) Choerades komurai

f0161823_731459.jpg
f0161823_732882.jpg

by memobird | 2013-06-11 07:03 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
北海道、本州、四国の山地で、比較的よく見られる。翅をV字型に開いて止まるので、ムシヒキアブに見えない。前胸背の金毛が特徴的。雌雄差は、交尾画像を参照していただきたい。
2012.07.17.Nagano Pref.
ムシヒキアブ科イシアブ亜科コムライシアブ Choerades komurai

f0161823_9163998.jpg
f0161823_9165587.jpg
f0161823_9171012.jpg
f0161823_9172527.jpg

by memobird | 2012-08-06 06:14 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
本州、四国、九州に分布する。口吻は短い。胸背は黒色で艶があり、周辺及び横溝部に白色粉を薄く装う。Pogonosama属は、特異な翅脈により、日本産の類似属と容易に識別できるらしい。
2010.08.08.Sugasima,Mie Pref.
ムシヒキアブ科トゲツヤイシアブ Pogonosoma funebre

f0161823_211285.jpg
f0161823_2111370.jpg
f0161823_2112269.jpg

by memobird | 2011-10-25 05:01 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
北海道をのぞく本土に分布し、秋に発生する。ハタケヤマヒゲボソムシヒキは黄色毛が目立つが、本種は、黒色、白色毛が混じる。腹部第5節までは黄色、以下の2節は黒色毛で覆われる。
2010.10.10.Nagano Pref.
ムシヒキアブ科アイノヒゲボソムシヒキ Grypoctonus aino


f0161823_16234885.jpg

f0161823_16153537.jpg
f0161823_16154846.jpg
f0161823_1616130.jpg
f0161823_16161236.jpg
f0161823_16162457.jpg

by memobird | 2011-10-14 16:16 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
本州、四国、九州の山地に生息し、秋、個体数を増す。体は黄褐色の長毛を密生する。アイノヒゲボソムシヒキは、顔面の微小毛や頭部下面の長毛が白色。
2011.10.09.Nagano Pref.
ムシヒキアブ科ハタケヤマヒゲボソムシヒキ Grypoctonus hatakeyamae

f0161823_1621520.jpg
f0161823_16211628.jpg
f0161823_16212773.jpg

f0161823_1619202.jpg

by memobird | 2011-10-12 16:21 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)

ムシヒキアブの一種

ムシヒキアブ科の昆虫は識別が難しいです。現在、同定中・・・・・
2010.09.21.Mie Pref.

f0161823_20363810.jpg
f0161823_20365043.jpg
f0161823_20365316.jpg
f0161823_2037457.jpg

by memobird | 2011-09-27 20:37 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
北海道、本州、四国、九州に分布する。全身毛むくじゃらなイシアブで、オオイシアブに比し、腹部のオレンジ色の毛の生える範囲が広い(腹部第2節以下)。
2011.08.17.Nagano Pref.
ムシヒキアブ科イシアブ亜科チャイロオオイシアブ Laphria rufa

f0161823_10334588.jpg
f0161823_1034163.jpg
f0161823_10341624.jpg

f0161823_10432021.jpg

by memobird | 2011-09-10 06:34 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
本州、四国、九州に分布し、林縁で普通に見られる。5~8月に出現し、頭部の後の毛が、前方に曲がっている。メスの産卵管は長く上の個体がメス、下がオス。
2011.06.30.Mie Pref.
ムシヒキアブ科マガリケムシヒキ Neoitamus angusticornis

f0161823_949095.jpg
f0161823_9491252.jpg
f0161823_9492384.jpg
f0161823_9493840.jpg

f0161823_9552723.jpg

by memobird | 2011-07-09 07:49 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
アシナガムシヒキに似ているが、腹部第1節が黒色。静止する時は、脚を1本だけ高く上げる習性があるので興味深い。お教えくださいました、cozyさんに感謝します。
2011.06.16.Mie Pref.
ムシヒキアブ科サッポロアシナガムシヒキ Molobratia sapporoensis
f0161823_10342169.jpg
f0161823_10343416.jpg
f0161823_10344694.jpg

by memobird | 2011-06-27 07:34 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)