身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:アゲハチョウ科( 21 )

カラスアゲハ八重山亜種 Papilio bianor junia が、独立種に昇格した。
アゲハチョウ科ヤエヤマカラスアゲハ Papilio junia
2014,07.20. 沖縄県石垣島
f0161823_20402589.jpg
f0161823_20403955.jpg
f0161823_20405099.jpg

by memobird | 2016-02-26 20:40 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
本州の里山に生息し、3月中旬から出現する早春の蝶として有名。日本海側、山岳地の豪雪地帯では、羽化が遅れ、6月中旬まで見られる。今回の観察地は里山であるが、5月下旬が羽化のピークであった。
2012.5.27.Gifu Pref.
アゲハチョウ科ギフチョウ Luehdorfia japonica

f0161823_16485011.jpg
f0161823_1649637.jpg
f0161823_16492894.jpg
f0161823_16494339.jpg

by memobird | 2012-06-04 16:35 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
ジャコウアゲハ宮古島亜種の成虫は、大きな特徴が見られるが、それ以外は八重山亜種と差が見られない。食草は、コウシュンウマノスズクサ。
2002.11.22.Irabujima, Okinawa Pref.
アゲハチョウ科ジャコウアゲハ宮古亜種 Atrophaneura alcinous miyakoensis

f0161823_9483212.jpg
f0161823_9485518.jpg
f0161823_9492983.jpg
f0161823_9494944.jpg

by memobird | 2012-02-03 07:49 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
ジャコウアゲハの原名亜種、屋久・種子島亜種、奄美・沖縄亜種、宮古島亜種、八重山亜種の中で、後翅の斑紋列が最も黄色を帯び、雌翅表は、南西諸島産としては、異例の淡黄褐色となる。宮古島、池間島、来間島、伊良部島に産す。
2010.09.19.Miyakojima, Okinawa Pref.
アゲハチョウ科ジャコウアゲハ宮古島亜種 Atrophaneura alcinous miyakoensis

f0161823_6345698.jpg
f0161823_635697.jpg
f0161823_6351580.jpg
f0161823_635246.jpg
f0161823_635331.jpg

2010.09.19.Irabujima, Okinawa Pref.
f0161823_6363430.jpg

by memobird | 2012-02-02 06:36 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
本亜種は、宮古島、伊良部島、下地島、来間島、池間島、多良間島などの宮古諸島に生息する。コウシュンウマノスズクサの茎で蛹を見つけたが、他の亜種に比し、特徴的な差はない。
2011.12.29.Irabujima,Okinawa Pref.
アゲハチョウ科ジャコウアゲハ宮古島亜種 Atrophaneura alcinous miyakoensis

f0161823_16294617.jpg
f0161823_1630526.jpg
f0161823_16302188.jpg
f0161823_16303637.jpg

by memobird | 2012-01-30 14:26 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
カラスアゲハは、地方により変異に富み、数種の亜種に分類されているが、本種は流動的な変異しか見られないので、亜種分類はない。大陸産と日本産も区別できない。日本では、南ほど大型化し、後翅裏面の黄白色帯は未発達になる。
2010.08.17.Hokkaido
アゲハチョウ科ミヤマカラスアゲハ Papilio maackii

f0161823_21325149.jpg
f0161823_2133570.jpg

f0161823_213350100.jpg

by memobird | 2011-12-09 21:33 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
北海道、本州、四国に分布し、本州の日本海側と高地の遅い発生地では、黒色鱗の発達した個体が多発する。吸蜜植物は、セイヨウタンポポ、クサタチバナ、カノコソウ、ヒメウツギ、ミヤマイボタを確認。
2011.06.30.Mt.Ibuki, Siga Pref.
アゲハチョウ科ウスバシロチョウ Parnassius glacialis

f0161823_1949474.jpg
f0161823_19491326.jpg
f0161823_19493250.jpg
f0161823_19494111.jpg
f0161823_19494975.jpg

by memobird | 2011-07-07 19:49 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
1968年から、南西諸島に侵入し、2002年は奄美大島で大発生して定着したが、徳之島では未記録らしい。食草は、リュウキュウウマノスズクサであるが、宮古諸島のみコウシュンウマノスズクサ、奄美大島のみウマノスズクサ。
2010.09.19.Miyako I. Okinawa Pref.
アゲハチョウ科ベニモンアゲハ Pachiliopta aristolochiae interposita

f0161823_445971.jpg
f0161823_4451726.jpg
f0161823_4452649.jpg
f0161823_4453532.jpg
f0161823_4454351.jpg

by memobird | 2010-09-24 04:45 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
トカラ列島中之島以南に分布し、食樹は野生のサルカケミカンが好まれる。雌は、雄と同斑紋のもの(Ⅰ型、白色型)とベニモンアゲハに似せたもの(Ⅱ型、赤紋型、ポリテス型、ベニモンアゲハ型)の2型がいる。ベニモンアゲハの分布北上に合わせて、沖縄諸島での雌Ⅱ型の増加傾向は興味深い。
2010.09.19.Miyako I. Okinawa Pref.
アゲハチョウ科シロオビアゲハ Papillio polytes polytes

f0161823_4194151.jpg
f0161823_4194992.jpg
f0161823_4195919.jpg
f0161823_420818.jpg
f0161823_4201942.jpg

by memobird | 2010-09-23 20:20 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
カラスアゲハより標高の高い所で見られるが、初秋は平地にも出現し、庭植えのキハダに産卵することがある。カラスアゲハと違って、国内産で亜種扱いされるものはない。食樹は、カラスザンショウ、キハダ、ハマセンダン。
2010.08.13.Gifu Pref.
アゲハチョウ科ミヤマカラスアゲハ Papillio maackii

f0161823_323263.jpg
f0161823_324372.jpg
f0161823_325538.jpg
f0161823_33650.jpg
f0161823_33191.jpg
f0161823_332929.jpg

by memobird | 2010-08-15 03:03 | アゲハチョウ科 | Comments(0)