身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:サシガメ科( 8 )

本州、四国、九州の山地の樹上でよく見られる、一様に茶褐色の大型サシガメ。通常、雄の腹部は前胸背より狭いが、雌では広く横に張り出し、前胸背よりはるかに広い。成虫は樹皮下や樹の空洞で集団越冬する。刺されると、極めて痛いので要注意!
2012.10.20.Nagano Pref.
サシガメ科オオトビサシガメ Isyndus obscurus

f0161823_16332051.jpg
f0161823_16332170.jpg
f0161823_16333834.jpg
f0161823_16334031.jpg

by memobird | 2012-10-23 16:33 | サシガメ科 | Comments(0)
本州、四国、九州に分布し、樹上や草むらに多い。ルリハムシ、ヨモギハムシ、ナナホシテントウなどの甲虫、鱗翅類などの小さな昆虫を捕食する。光沢のある黒の地に黄白色の斑紋がある。各腿節の白色環状紋3個ずつが特徴的。
2012.07.10.MIe Pref.
サシガメ科シマサシガメ Sphedanolestes impressicollis

f0161823_21211834.jpg
f0161823_21212856.jpg

by memobird | 2012-07-10 21:21 | サシガメ科 | Comments(0)
本州、四国、九州、南西諸島に生息する。光沢のない黒色で、前胸背の後半が暗赤色。コナラ、クヌギなどの樹上で生活し、鱗翅類の幼虫を捕食する。
2012.06.23.Mie Pref.
サシガメ科クビアカサシガメ Reduvius humeralis

f0161823_20325598.jpg
f0161823_20323270.jpg
f0161823_20331381.jpg

by memobird | 2012-06-24 20:33 | サシガメ科 | Comments(0)
奄美諸島から八重山諸島まで分布し、すぐ飛ぶので撮影はこれ一枚。前胸背側角の棘は黒くて長く鋭い。昼間活動し草むらで見られる。
2012.01.08.Irabujima, Okinawa Pref.
サシガメ科キベリヒゲナガサシガメ Euagoras plagiatus

f0161823_5405942.jpg

by memobird | 2012-01-25 05:40 | サシガメ科 | Comments(0)
本州、四国、九州の山地の樹上でよくみられる。一様に茶褐色をした大型サシガメである。成虫は樹皮下や樹の空洞で集団越冬する。刺されると、とても痛いので注意を要する。
2011.11.03.Mie Pref.
サシガメ科オオトビサシガメ Isyndus obscurus

f0161823_5475748.jpg
f0161823_5481512.jpg
f0161823_5483062.jpg
f0161823_5484442.jpg

by memobird | 2011-11-04 05:48 | サシガメ科 | Comments(0)
本州、四国、九州、南西諸島に分布する。体は、光沢のない黒色で長軟毛を密生する。前胸背の後半が暗赤色で、その中央に黒い横帯がある。コナラ、クヌギの樹上で生活し、鱗翅類の幼虫などを捕食する。
2011.06.04.Mie Pref.
サシガメ科クビアカサシガメ Reduvius humeralis

f0161823_16444336.jpg
f0161823_16445215.jpg
f0161823_1645050.jpg
f0161823_1645890.jpg
f0161823_16451643.jpg

by memobird | 2011-06-09 16:45 | サシガメ科 | Comments(0)
南西諸島に生息するサシガメ科のカメムシ、ちいさいので見落とすが普通にいるらしい。今回は上手く撮影出来なかったので、次回は、キベリの意味を観察しつつ撮影したい。
2010.07.19.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
サシガメ科キベリヒゲナガサシガメ Euagoras plagiatus

f0161823_932961.jpg
f0161823_934121.jpg
f0161823_935394.jpg

by memobird | 2010-07-26 08:03 | サシガメ科 | Comments(0)

 サシガメ科最大のヨコヅナサシガメは、中国、東南アジアに生息しているが、昭和の初期に、九州に入ったらしい。1990年代には、関東地方まで広がった。1990年代は、三重県でもマレにしか見られなかったが、その後、各地で集団越冬が見つかっている。特に、ソメイヨシノの大木に多い。今年は、我が家のエノキの大木でも越冬し、たくさんの幼虫が見られたが、しだいに羽化して成虫となった。羽化直後の新成虫は、赤い色をしていて、しだいに黒色へと変わっていく。
2009.04.18.自宅庭
サシガメ科ヨコヅナサシガメ Agrioshodrus dohrni

f0161823_1641407.jpg
f0161823_16415316.jpg
f0161823_1642770.jpg
f0161823_16422256.jpg


2009.04.19.

f0161823_16543075.jpg
f0161823_16544829.jpg
f0161823_1655669.jpg
f0161823_16552351.jpg


2009.04.20.
f0161823_1657838.jpg
f0161823_1657264.jpg
f0161823_16574687.jpg


f0161823_172674.jpg

f0161823_16584449.jpg
f0161823_1659227.jpg


2009.04.22.
f0161823_1764148.jpg
f0161823_1765647.jpg
f0161823_1771172.jpg
f0161823_1772898.jpg

by memobird | 2009-04-22 16:42 | サシガメ科 | Comments(1)