身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:アオイトトンボ科( 4 )

越冬後、青色に成熟を始めた頃・・・・
2006.04.24.Mie Pref.
アオイトトンボ科ホソミオツネントンボ Indolestes peregrinus

f0161823_20461024.jpg
f0161823_20462030.jpg
f0161823_20462850.jpg


2006.05.21.Mie Pref.
f0161823_20471288.jpg
f0161823_2047213.jpg

by memobird | 2010-11-28 05:47 | アオイトトンボ科 | Comments(0)
本種とオツネントンボ、ホソミイトトンボの3種は、成虫越冬する。また、本種とオツネントンボは、アオイトトンボ科であるが、翅を閉じて静止する。本種の側胸には、3個の胴色斑点が並ぶのでオツネントンボとの識別はやさしい。越冬後は、鮮やかな青色になり成熟する。
2008.11.13.Mie Pref.
アオイトトンボ科ホソミオツネントンボ Indolestes peregrinus

f0161823_19514416.jpg
f0161823_19515374.jpg
f0161823_1952374.jpg
f0161823_19521248.jpg
f0161823_19522279.jpg


前後翅の紋が重なるのがオツネントンボと異なる。
2006.03.25.Mie Pref.

f0161823_20253228.jpg
f0161823_20254413.jpg
f0161823_20255325.jpg
f0161823_202635.jpg

by memobird | 2010-11-27 19:52 | アオイトトンボ科 | Comments(0)
北海道から九州まで平地、低山地の岸部に木立なある池に生息する。9月~10月に多い。雄は成熟しても胸側の白粉を生ずることはない。雄の下付属器は短かい。
2010.10.07.Gifu Pref.
アオイトトンボ科オオアオイトトンボ Lestes temporalis

f0161823_2058494.jpg
f0161823_20585951.jpg
f0161823_2059784.jpg
f0161823_20591573.jpg
f0161823_20592379.jpg
f0161823_20593130.jpg
f0161823_20594045.jpg

by memobird | 2010-10-21 20:59 | アオイトトンボ科 | Comments(0)
アオイトトンボ科のトンボは、ホソミオツネントンボしか知らなかった。昨日、アオイトトンボに出会えたのでアップしておきたい。5~6月頃羽化した個体は、林の中で夏を過ごし、9月になると繁殖行動のため池に戻るらしい。胸部側面に粉が吹いていたので、アオイトトンボのオスであろう。オスの尾部の先端の形状も識別には重要らしいので、今度は、慎重に撮影したい。
2009.08.27.Mie Pref.
アオイトトンボ Lestes sponsa

f0161823_1827299.jpg
f0161823_18271566.jpg

f0161823_1827345.jpg
f0161823_18274776.jpg
f0161823_1828559.jpg

by memobird | 2009-08-28 18:28 | アオイトトンボ科 | Comments(0)