身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今月は、とうとう最終日になってしまった。動物編は、ずいぶんサボッてしまったので、がんばって書き込みます。
 たしか、1995年の春だったと思う。新聞紙上に「コスズガモ」発見のニュースが掲載された。写真を拝見するとコスズガモにしては少し疑問点が残ったので、毎日毎日、現地を観察した。
しかし、カモたちが旅立つまでに、その個体と出会うことができなかった。その年の晩秋、幸運にも同一個体と思われるカモが戻ってきた。よく観察するとスズガモとキンクロハジロの交雑個体を思わせる。
さっそく、「Hybrid Ducks」Erick&Barry Gillham を取り寄せ拝読すると、まったく同一個体と思われるほどよく似たハイブリッドガモの写真が載っていた。こちらの画像を数枚準備して、ロンドンのMr.Eric Gillham に送って、同定を依頼した。予想通り、「スズガモ雄×キンクロハジロ雌で間違いない、素晴らしい画像である」とのお返事が戻ってきた。

このカモとは、その後、10年間、毎年出会うことになった。

最初の二枚は、池の雰囲気である。多数のキンクロハジロの中から、このハイブリッドガモを見つけるのは、慣れるまでタイヘンだ!

2004.02.10.Mie Pref.
スズガモ × キンクロハジロ Aythya marila × Aythya fuligura, Greater Scaup × Tufted Duck

f0161823_1611345.jpg
f0161823_1611916.jpg


2002.12.18.

f0161823_1861275.jpg
f0161823_1862463.jpg
f0161823_1863925.jpg
f0161823_1865188.jpg

2003.01.30.
f0161823_17534684.jpg
f0161823_1754082.jpg
f0161823_17541531.jpg
f0161823_17542942.jpg


2003.03.14.Mie Pref.

f0161823_16133864.jpg
f0161823_16135970.jpg
f0161823_16141684.jpg
f0161823_16144044.jpg
f0161823_1615428.jpg


2003.03.25.Mie Pref.

f0161823_18175215.jpg
f0161823_18181290.jpg
f0161823_18182878.jpg
f0161823_18184657.jpg

2005.02.07.Mie
f0161823_17432238.jpg
f0161823_17433685.jpg
f0161823_17434963.jpg
f0161823_1744285.jpg



2004.02.10.Mie Pref.


f0161823_1828454.jpg
f0161823_1829298.jpg
f0161823_18291872.jpg
f0161823_18293524.jpg


これが、お別れの写真となった。その後、このハイブリッドカモとは、出会っていない。10年間、ずいぶん楽しませてくれて、ありがとー!!
2005.02.15.Mie


f0161823_16183667.jpg
f0161823_16185520.jpg
f0161823_16191366.jpg

by memobird | 2009-03-31 15:50 | カモ科 | Comments(0)

 青川峡を目指して国道と分かれたら、いきなり、レンジャクの群れに出会った。10数羽の小群であったが、すべてキレンジャクで、ヒレンジャクは混じていなかった。レンジャクを写すのは久しぶりであり、過去の画像は、すべて消滅して、これだけしかない。
2009.03.12.Mie Pref.
レンジャク科キレンジャク Bombycilla garrulus, Bohemian Waxwing

f0161823_9402296.jpg
f0161823_9403673.jpg
f0161823_9405089.jpg
f0161823_941526.jpg
f0161823_9412182.jpg
f0161823_9413561.jpg

by memobird | 2009-03-24 09:41 | レンジャク科 | Comments(0)

 毎年早春、一早く到着するの淡水性のシギは、ツルシギであり、ピンポイントで、一定の池に集合して、約2ケ月間も滞在する。エサのゴカイが豊富であるに違いない。早い年で、2月下旬、遅い年でも、3月上旬の終わりまでには、第一陣が到着する。真っ黒になった夏羽は、4月下旬に旅立ちが、遅い年では、5月中頃まで滞在している。
2003.03.11.Mie Pref.
ツルシギ Tringa erythropus, Spotted Redshank

f0161823_10104343.jpg
f0161823_10105582.jpg
f0161823_101139.jpg
f0161823_1011778.jpg
f0161823_10111028.jpg
f0161823_10111372.jpg

by memobird | 2009-03-18 10:11 | シギ科Tringa属 | Comments(0)

 ミサゴの飛翔は、たくさん撮影したハズであるが、ほとんど失敗ばかり・・・・
 ちょっと見られるのを、少し選んでみました。

2005.01.20.Mie Pref.
ミサゴ Pandion haliaetus, Osprey

f0161823_16101515.jpg
f0161823_16103046.jpg
f0161823_16104993.jpg


2004.12.28.Mie Pref.
f0161823_16111596.jpg
f0161823_16111873.jpg
f0161823_16112269.jpg
f0161823_16112562.jpg


2003.12.27.Mie Pref.
f0161823_16125861.jpg
f0161823_1613949.jpg

by memobird | 2009-03-11 16:13 | タカ科 | Comments(0)

  早春の使者として、ツルシギがやってくる。例年、3月上旬に、第一陣が到着する。この頃は、強風の日が多いので、風上に向かって低姿勢でいることが多い。この年は、セイタカシギが越冬していたので、それを風よけにしていた。そーいえば、コアオアシシギも越冬し、ナベヅルが滞在してる時でもあった。

2003.03.08.Mie Pref.
ツルシギ Tringa erythropus、Common Redshamk
コアオアシシギ Tringa stgnatilis, Marsh Sandpiper
セイタカシギ Himantopus himantopus, Black-winged Stint
ナベヅル Grus monacha, Hooded Crane

f0161823_16583425.jpg
f0161823_16584620.jpg
f0161823_16585734.jpg
f0161823_16591099.jpg
f0161823_16592358.jpg
f0161823_1659353.jpg
f0161823_171953.jpg

by memobird | 2009-03-10 17:01 | シギ科Tringa属 | Comments(0)

 サンコウチョウは、一度だけ写しているので、思い出として・・・

2003.06.08.Mie Pref.
サンコウチョウ Terpsiphone atrocaudata, Japanese Paradise Flycatcher

f0161823_10204488.jpg
f0161823_10205931.jpg
f0161823_10211771.jpg

by memobird | 2009-03-09 10:21 | カササギヒタキ科 | Comments(0)

 この日は、カンムリワシとの初対面であったが、眼のまん前の草地に降りて、エサを探し始めた。こんな近くで見れるとは、幸運である。じっーと見つめて、カニかカメをつかまえた様子だったが、よく見るとカエルでした。
2005.01.03.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
カンムリワシ Spilonis cheela, Crested Serpent Eagle

f0161823_11302167.jpg
f0161823_11303894.jpg
f0161823_11305115.jpg
f0161823_11311263.jpg
f0161823_11312889.jpg
f0161823_11314179.jpg
f0161823_11315375.jpg

by memobird | 2009-03-03 11:31 | タカ科 | Comments(0)