身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヒガイは、ビワヒガイ、アブラヒガイ、カワヒガイの三種が生息しているが、種なのか、亜種なのか?自宅近くの河川にも生息していて、カワヒガイか、ビワヒガイか、それとも両者のハイブリドなのか?自宅裏の用水路で、孫どもが捕獲してきたので、水槽に入れて写した。背びれの黒帯が特徴的だ。この魚は、若い頃、川遊びで、よく出会った。群れをなして泳ぐことはなく、底にじっとしてる。流れの石の下に隠れていることが多い。コイ科なのに口鬚が分かりにくい。
2009.09.12.Mie Pref.
コイ科ヒガイ属ヒガイ Sarcocheilichthys variegatus

f0161823_17294389.jpg
f0161823_17295724.jpg
f0161823_17301412.jpg
f0161823_17302670.jpg
f0161823_17303891.jpg

by memobird | 2009-11-13 17:30 | 魚類 | Comments(0)

ニホンイタチ Musteie itatsi

南伊勢町押渕の国道で、イタチが車にはねられ死亡していた。道路脇に寄せて観察。ニホンイタチとチョセンイタチの識別の決め手は、尾率らしい。この個体は、尾率50%以下なので、ニホンイタチと考えた。さらなる識別を要するが・・・
2009.10.20.Mie Pref.
イタチ科ニホンイタチ Musteie itatsi


f0161823_1827927.jpg
f0161823_18272030.jpg
f0161823_18273228.jpg
f0161823_18274482.jpg
f0161823_18275529.jpg

by memobird | 2009-11-11 18:27 | イタチ科 | Comments(0)

アカアシシギ Tringa totanus

10年ほど前は、当地でアカアシシギを観察することは、春も、秋も、極めて少なかった。最近、秋のアカアシシギが、よく見られるよーになったので、驚いている。2007年秋も、アカアシシギの飛来が多く、この日は、5羽の幼鳥が水路に入ったので、極めて近距離で観察できた。アカアシシギ冬羽のクチバシの赤味は、少ないが、幼鳥は、ほとんど赤色は見られない。
2007.10.02.Mie Pref.
アカアシシギ Tringa totanus, Common Redshank

f0161823_18175375.jpg
f0161823_18181148.jpg
f0161823_18182320.jpg
f0161823_18183584.jpg
f0161823_181847100.jpg
f0161823_18185923.jpg

by memobird | 2009-11-06 18:19 | シギ科Tringa属 | Comments(0)

トウネン Calidris ruficollis

画像の整理をしていたら、昨年の11月に、トウネンを撮影してるので、忘れないうちにアップ・・・・
2009.11.04.Mie Pref.
トウネン Calidris ruficollis, Red-necked Stint

f0161823_17313420.jpg
f0161823_17315273.jpg
f0161823_1732898.jpg
f0161823_17322194.jpg
f0161823_1732382.jpg
f0161823_17325774.jpg
f0161823_17331159.jpg

by memobird | 2009-11-02 17:33 | シギ科Calidris属 | Comments(0)