身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

コムラサキ Apatura metis

今日は、ムラサキシキブ属ではなくて、なぜか、タテハチョウ科のコムラサキをアップ。地元では最近減ってます。雄の紫光沢は、光線の具合で、ずいぶん変わります。
2008.07.20.Nagano Pref.
コムラサキ Apatura metis

f0161823_10273481.jpg
f0161823_10274746.jpg
f0161823_10275897.jpg


こちらは、地元で撮影の雌。
2008.08.10.Mie Pref.

f0161823_10293538.jpg

by memobird | 2010-01-30 10:29 | タテハチョウ科 | Comments(0)

コクガン Branta bernicla

コクガンは、当地で少数越冬するが、この年は、2羽の成鳥と7羽の幼鳥が飛来した。背の黒いのが成鳥で、幼鳥には、背の白色が目立つ。
2004.11.13.Mie Pref.
コクガン Branta bernicla

f0161823_17274344.jpg
f0161823_172829.jpg
f0161823_17281663.jpg
f0161823_17282954.jpg
f0161823_17284225.jpg
f0161823_17285433.jpg
f0161823_1729932.jpg
f0161823_17292444.jpg
f0161823_17294089.jpg

f0161823_17404172.jpg

f0161823_17301592.jpg
f0161823_17302934.jpg

by memobird | 2010-01-27 17:30 | カモ科 | Comments(0)
けっして珍しいカミキリムシではないが、画像倉庫通過中に見つけたので、忘れないうちにアップ・・・・。ホストは、ウメ、サクラ類で、成虫は燈火にも集まる。体色は、ウメノキゴケによく似ている。
2007.06.02.Mie Pref.
ヤツメカミキリ Eutetrapha ocelota

f0161823_16473891.jpg
f0161823_16474954.jpg
f0161823_1648193.jpg


ヤツボシカミキリと書き込んでいて、大間違いをご指摘くださいました、pacさん深く感謝します。
by memobird | 2010-01-26 16:48 | カミキリムシ科 | Comments(2)
年一度、早春の芽吹き前の雑木林でお目にかかるが、近年は雑木林の手入れがなされないので、出会う機会が少なくなった。たくさん撮影したハズなのに、画像が残っていない。無くさぬ前に・・・・
2006.04.06Mie Pref.
ミヤマセセリ Erynnis montanus

f0161823_16193889.jpg
f0161823_16195022.jpg

by memobird | 2010-01-25 16:19 | セセリチョウ科 | Comments(0)
沖縄本島以南に生息するヘリカメムシの一種で、ニシキギ科のハリツルマサキを寄生植物とする。赤い果実を吸汁していた。
2009.12.30.Ishigaki Is.Okinawa Pref.
フタスジハリカメムシ Plinachrus basalis

f0161823_14191945.jpg
f0161823_14192685.jpg
f0161823_14193595.jpg
f0161823_14194450.jpg
f0161823_14195347.jpg
f0161823_142044.jpg
f0161823_14201396.jpg

by memobird | 2010-01-24 14:20 | ヘリカメムシ科 | Comments(0)
オオジョロウグモの巣に、数頭のミナミノアカイソウロウグモが居候していて、興味深い交接行動が観察できた。雄の触肢に精液を吸いこみ、雌の腹上部の生殖器に、触肢のポンプで精液を送り込む。種の同定と、交接行動をお教えくださいましたshiozaki様に深謝します。
ヒメグモ科ミナミノアカイソウロウグモ Argyrodes flavescens

f0161823_18175546.jpg
f0161823_1818741.jpg
f0161823_18181853.jpg
f0161823_18182935.jpg
f0161823_18184148.jpg

by memobird | 2010-01-18 18:22 | ヒメグモ科 | Comments(0)
台湾からの迷蝶で、与那国島では、よく見られたが、近年、石垣島、西表島でも観察され、食樹は、ツマベニチョウと同じく、フウチョウソウ科のギョボクである。林縁をフワフワと弱々しく飛ぶ白い蝶なので、見ればすぐ識別可能。
2010.01.02.Isigaki Is. Okinawa Pref.
シロチョウ科クロテンシロチョウ Leptosia nina

f0161823_1011099.jpg
f0161823_101116100.jpg
f0161823_10112787.jpg
f0161823_10113913.jpg


2006.012.08.Iriomote Is.
f0161823_1422818.jpg

by memobird | 2010-01-16 10:11 | シロチョウ科 | Comments(0)

 本種は、台湾からの迷蝶であったが、西表島で定着してる。シャクシュ、ゲットウ、ウコン、ハナミョウガなどのショウガ科植物の蕾、花が食草となっている。あまり良い画像はないが、今後、補足していきたい。
2010.01.01.Iriomote Is.
シロウラナミシジミ Jamides alecto

f0161823_187406.jpg
f0161823_1875352.jpg
f0161823_188748.jpg


2006.01.02.Iriomote Is.
f0161823_1817865.jpg

by memobird | 2010-01-15 18:09 | シジミチョウ科 | Comments(0)
オオキンカメムシは、越冬時に集団を形成しているが、このアカギカメムシは年中集団をなしていて、むしろ夏季の方が集まる数が多い。今回は、アカメガシワの果実に集まる成虫、アカメガシワの葉上の幼虫集団を観察した。
2009.12.30.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
キンカメムシ科アカギカメムシ Cantao ocellatus

f0161823_16135413.jpg

f0161823_16202518.jpg


f0161823_1614329.jpg
f0161823_16141189.jpg
f0161823_16141816.jpg
f0161823_16144244.jpg
f0161823_16145117.jpg
f0161823_16145730.jpg
f0161823_1615888.jpg
f0161823_16151832.jpg


アカメガシワをクサギと誤記してたので訂正しました。ご指摘くださいましたりんどうさん、ありがとーございます。
by memobird | 2010-01-07 16:15 | キンカメムシ科 | Comments(0)
身を守るために踏まれても潰れない、食されても消化されないほど固くなったので、翅が広げられず、飛べなくなった。石垣島、西表島のみ生息する珍しいゾウムシである。カキバカンコノキの葉上で見つけた。
2009.12.31.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
ゾウムシ科クロカタゾウムシ pachyrrhynchus infernalis

f0161823_9771.jpg
f0161823_971511.jpg
f0161823_972314.jpg
f0161823_97304.jpg
f0161823_973718.jpg
f0161823_974684.jpg

by memobird | 2010-01-05 09:07 | ゾウムシ科 | Comments(0)