身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2010年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

与那国島のアオタテハモドキを・・・・。幼虫が大発生してました。
2005.11.24.Yonaguni Is. Okinawa Pref.
アオタテハモドキ Junonia orithya

f0161823_8353967.jpg
f0161823_8355086.jpg
f0161823_836361.jpg
f0161823_8361479.jpg
f0161823_8362596.jpg
f0161823_8363782.jpg

f0161823_8425021.jpg

f0161823_837578.jpg
f0161823_8372429.jpg
f0161823_8374018.jpg

by memobird | 2010-02-27 08:37 | タテハチョウ科 | Comments(0)
日本最大の蝶で、喜界島以南に生息し、石垣市と宮古島市のチョウに指定されていて、自然の中を優雅に飛ぶ姿にホレボレする。アサギマダラは、白いタオルをグルグル回すと、タオルめがけて勢いよく誘導されるが、オオゴマダラは、それ以上敏感に反応する。
2004.11.25.Irabu Is.Okinawa Pref.
ゴマダラチョウ科オオゴマダラ Idea leuconoe

f0161823_11454640.jpg
f0161823_11455714.jpg
f0161823_1146846.jpg
f0161823_11462186.jpg
f0161823_11463667.jpg

by memobird | 2010-02-26 11:46 | マダラチョウ科 | Comments(0)
昨春は、越冬したアカシシギに、飛来したツルシギが合流し、ツーショットが撮れた。ツルシギは、まだまだ冬羽であるが、アカアシシギは、夏羽への換羽が進んでいる。最後の両種のクチバシの比較画像で、赤色の位置、形態、長さが、よく分かる。一枚目は、ツルシギのツーショットであります。念のため・・・・
2009.03.10.Mie Pref.
ツルシギ Tringa erythropus,Spotted Redshank
アカアシシギ Tringa totanus,Common Redshank

f0161823_9404711.jpg
f0161823_94105.jpg
f0161823_9411339.jpg
f0161823_9412725.jpg
f0161823_94138100.jpg
f0161823_9414994.jpg

by memobird | 2010-02-24 07:42 | シギ科Tringa属 | Comments(0)
私のシギチ観察ポイントで、8月にイソヒヨドリの姿を見ることは珍しい。この日は、若雄が、海辺の堤防から、草むらに降り、近くの屋根に獲物を運んだ。よく見ると、セスジスズメの幼虫であり、いきなり瓦にぶつけて体液が飛び散った。内臓、体液を食した後、縮んだ皮を呑み込んで、お食事を終えた。
2009.0811.MIe Pref.
イソヒヨドリ Monticola solitarius,Blue Rock Thrush

f0161823_16465430.jpg
f0161823_1647526.jpg
f0161823_16471860.jpg
f0161823_16473364.jpg
f0161823_16474516.jpg
f0161823_16475616.jpg
f0161823_16481843.jpg

by memobird | 2010-02-23 16:48 | ツグミ科 | Comments(0)
20年ほど前から、伊勢平野における本種が激減した。その頃、伊賀盆地では減少傾向はなかったと実感した。最近、伊勢平野部でも回復の兆しが見られる。
2009.07.03.Mie Pref.
オオチャバネセセリ Polytremis pellucida

f0161823_829441.jpg
f0161823_8291958.jpg
f0161823_8293653.jpg

by memobird | 2010-02-22 08:29 | セセリチョウ科 | Comments(0)

タテハモドキ Junonia almana

九州以南に生息する。食草は、クマツヅラ科のイワダレソウ、キツネノマゴ科のオギノツメなど・・・・
2005.11.26.Ishigaki Is.
タテハチョウ科タテハモドキ Junonia almana

f0161823_2132469.jpg
f0161823_2133166.jpg
f0161823_2133937.jpg
f0161823_2134745.jpg

by memobird | 2010-02-21 21:03 | タテハチョウ科 | Comments(0)
クダマキモドキ Holochlora japonicaは、前脚も緑色だが、本種は赤紫色なので識別しやすい。山地の樹上に棲み、よく飛ぶ。ヤマキマダラヒカゲ、サトキマダラヒカゲのよーに、本種のヤマに対して、クダマキモドキを、サトと呼ぶのは適当でない。属が違うから・・・・
2009.09.06.Mie Pref. Central JAPAN
キリギリス科ヤマクダマキモドキ Sinochlora longifissa

f0161823_6364987.jpg
f0161823_637145.jpg
f0161823_6371319.jpg
f0161823_6372413.jpg
f0161823_6373724.jpg

by memobird | 2010-02-20 05:56 | ツユムシ科 | Comments(0)
南島町沖で、ウミスズメを見せて下さいました、ospreyさん、ありがとーございました。いい思い出になってます。
2004.06.13.Mie Pref.
ウミスズメ科ウミスズメ Synthliboramphus antiquus

f0161823_163942100.jpg
f0161823_1640096.jpg
f0161823_16401773.jpg
f0161823_164035100.jpg
f0161823_1640527.jpg
f0161823_164176.jpg
f0161823_16412589.jpg

by memobird | 2010-02-19 16:25 | ウミスズメ科 | Comments(0)
台湾からの迷蝶で、八重山諸島では記録が多い。与那国島では、ヨナグニカモメズルを食草として、半定着状態。筆者は、伊良部島、石垣島、西表島で何度も出会っているが、とりあえず、その1頭を・・・・
2006.02.10.Iriomote Is.Okinawa Pref.
ヒメアサギマダラ Parantica aglea

f0161823_20205731.jpg
f0161823_2021652.jpg
f0161823_20211224.jpg


2006.01.01.Iriomote Is.
f0161823_21375859.jpg
f0161823_2138106.jpg
f0161823_2138224.jpg
f0161823_21383436.jpg

by memobird | 2010-02-18 20:21 | マダラチョウ科 | Comments(0)
ツマベニチョウの幼虫です。葉は、フウチョウソウ科のギョボク。
2010.01.01.Iriomote Is.
ツマベニチョウ Hebomoia glaucippe

f0161823_11393130.jpg
f0161823_1139449.jpg
f0161823_11395894.jpg

by memobird | 2010-02-17 11:40 | シロチョウ科 | Comments(0)