身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2010年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

北海道から南西諸島まで広く分布するごく普通種であるが、今回は石垣島産をアップ。いずれも複眼の模様が面白い。
2010.03.21.Ishigaki Is.
オオハナアブ Phytomia zonata

f0161823_1040294.jpg
f0161823_10401617.jpg
f0161823_10402855.jpg
f0161823_10404146.jpg

by memobird | 2010-03-31 07:40 | ハナアブ科 | Comments(0)
雨の降る中を、赤い大型甲虫が飛んできて、オオハマボウの梢の葉に止まった。ツチハンミョウの仲間とは思えないヒラズゲンセイであり、幼虫はクマバチの巣の幼虫を食べて育つ恐ろし習性を持つ。
2010.3.23.Ishigaki Is.
ツチハンミョウ科ヒラズゲンセイ Cissites cephalotes

f0161823_11504694.jpg
f0161823_11505624.jpg
f0161823_11511154.jpg
f0161823_1151247.jpg
f0161823_11513722.jpg

by memobird | 2010-03-29 12:51 | ツチハンミョウ科 | Comments(0)
リュウキュウオオスカシバを、初めて撮影できた。オオスカシバのよーな腹部の赤い帯は見られません。クチナシ、ギョクシンカ、タニワタリノキ、ツキヌキニンドウで幼虫が見つかっています。高知県以南に分布してるよーです。
2010.03.21.Ishigaki Is.
スズメガ科リュウキュウオオスカシバ Cephonodes xanthus


f0161823_7131174.jpg
f0161823_7132219.jpg
f0161823_7133375.jpg
f0161823_7134510.jpg
f0161823_7135668.jpg

by memobird | 2010-03-27 07:14 | スズメガ科 | Comments(0)
10年ほど前、沖永良部島で本種に初対面した時、その美しさに感動した。今回は、多数目撃したが、集団は観察できなかった。7~9月に集団を形成するらしい。その意味は、分からない。全身キンピカに輝くが、フトモモのみ、鮮やかな赤色がミスマッチでおしゃれに見える。
2010.03.22.Ishigaki Is.Okinawa Pref.
キンカメムシ科ナナホシキンカメムシ Calliphata nobilis

f0161823_593531.jpg
f0161823_594457.jpg
f0161823_595468.jpg
f0161823_510314.jpg
f0161823_5101216.jpg
f0161823_5102176.jpg
f0161823_5103034.jpg
f0161823_5105088.jpg

f0161823_5221546.jpg

by memobird | 2010-03-26 05:11 | キンカメムシ科 | Comments(0)
南西諸島では、スジグロカバマダラが、よく見られ、カバマダラは少なかった。しかし、今回は、カバマダラの方が好調なので驚いた。迷チョウとして三重県に飛来するのは本種で、昨年は錦のフジバカマに来た個体をさつき鳥さんが撮影された。三重県に迷い込んだ本種は。フウセントウワタを食草として利用している。
2010.03.21.Ishigaki Is.
カバマダラ Anosia chrysippus chrysippus

f0161823_18415194.jpg
f0161823_18415889.jpg
f0161823_1842461.jpg
f0161823_18421269.jpg
f0161823_18422014.jpg
f0161823_1842293.jpg
f0161823_18423831.jpg

by memobird | 2010-03-25 18:42 | マダラチョウ科 | Comments(0)

ベニトンボ Trithemis aurora

本種は、1954年、薩摩半島の池田湖と鰻池にて、日本で初めて生息が確認された。その約30年後の1981年、台湾から進入したと思われる個体が、石垣島で発見され、それらは、南西諸島を急速に北上し、2000年、ついに、薩摩半島に上陸して、九州本土型と台湾型の分布域が連続した。今では、中国・四国地方まで北上している。それらは、移動傾向の強い台湾型だろう。台湾型は、本土型より、やや大型である
2010.03.21.Ishigaki Is.
ベニトンボ Trithemis aurora

f0161823_1817774.jpg
f0161823_18172233.jpg
f0161823_18173688.jpg
f0161823_18175166.jpg
f0161823_1818455.jpg
f0161823_18181819.jpg
f0161823_18184117.jpg
f0161823_18185798.jpg

by memobird | 2010-03-24 18:19 | トンボ科 | Comments(0)
日本在来種の馬の中で、ヨナグニウマ(与那国馬)、トカラウマ(トカラ馬)は、すでにアップした。今回、石垣島で初めて馬を見た。与那国馬なのか、ミヤコウマ(宮古馬)なのか、それとも、すでに絶滅したイシガキウマ(石垣馬)を復活させている個体なのか??記憶のため取り上げておきたい。
2010.03.23.Ishigaki Is.

f0161823_1635916.jpg
f0161823_16352262.jpg
f0161823_16354047.jpg
f0161823_16355440.jpg
f0161823_1636836.jpg

by memobird | 2010-03-23 22:36 | ウマ科 | Comments(0)

ツクシガモ Tadorna tadorna

当地では、2年に一度ほどの頻度で、ごく少数のツクシガモが迷い込んでくる。複数の場合が多く、最大数は、5羽であったが、そのうちの1羽は、滞在中に死亡を確認した。原因は??2005年は、5ケ所で確認したが、いずれも別の群と思われた。
2010.03.18.Mie Pref. Central JAPAN
ツクシガモ Tadorna tadorna, Common Shelduck

f0161823_541492.jpg
f0161823_541198.jpg
f0161823_5413093.jpg
f0161823_541441.jpg


2005.12.27.Mie Pref. Central JAPAN
f0161823_5432127.jpg
f0161823_5433224.jpg


2005.02.04.Mie Pref. Central JAPAN

f0161823_5442541.jpg
f0161823_5444442.jpg


2002.12.15.Mie Pref. Central JAPAN

f0161823_5455465.jpg
f0161823_546180.jpg
f0161823_546938.jpg
f0161823_5461616.jpg
f0161823_5462389.jpg
f0161823_5463392.jpg


2005.01.30.Mie Pref. Central JAPAN

f0161823_5473226.jpg
f0161823_5475069.jpg
f0161823_548854.jpg

by memobird | 2010-03-20 05:48 | カモ科 | Comments(0)
河口、中洲でカニを鱈腹食べて越冬したズグロカモメ群は、旅立ち前になると、海辺で見られるよーになる。夏羽に換羽した個体は、気が荒くなりケンカを始めるが、群れから離れることはない。そばに、ユリカモメ群がいるが、決して、その中には入らない。今冬は、第一回冬羽の飛来数が少なかったのが気になる。
2010.03.18.Mie Pref. Central JAPAN
ズグロカモメ Larus saundersi,Saunders's Gull

f0161823_21212813.jpg
f0161823_21213891.jpg
f0161823_21214831.jpg
f0161823_212159100.jpg
f0161823_21221519.jpg
f0161823_21222675.jpg
f0161823_21223719.jpg
f0161823_21224923.jpg
f0161823_2123193.jpg
f0161823_21231215.jpg
f0161823_21232591.jpg
f0161823_21233559.jpg
f0161823_2123477.jpg
f0161823_21235744.jpg
f0161823_2124998.jpg

by memobird | 2010-03-19 05:24 | カモメ科 | Comments(0)
我が家の近くの神社に、ヤマモガシが自生していて、それを食樹とするサツマニシキが生息し、その北限地となっている。今冬も無事に越冬した幼虫が確認できた。ヤモガシの葉裏をなめるよーに食べ、たくさんの食痕が見られる。
2010,03.13.Mie Pref. Central JAPAN
サツマニシキ Erasmia pulchella

f0161823_20244562.jpg
f0161823_20245461.jpg
f0161823_2025369.jpg
f0161823_20251211.jpg
f0161823_20252176.jpg
f0161823_20253072.jpg

by memobird | 2010-03-18 05:25 | マダラガ科 | Comments(0)