身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

キアシシギの春の飛来は、5月上旬にピークとなり、飛来数は多い。この時期のステージの識別が難題!最後のカラーリング個体は、雨覆羽が古いので、第一回冬羽→第一回夏羽と読んだ。
2008.05.01.Mie Pref.
キアシシギ Heteroscelus brevipes


f0161823_10455471.jpg
f0161823_10461014.jpg
f0161823_10462683.jpg
f0161823_10464061.jpg
f0161823_10465598.jpg
f0161823_10471117.jpg
f0161823_10472577.jpg
f0161823_1047522.jpg
f0161823_10481346.jpg
f0161823_10483431.jpg
f0161823_1049473.jpg
f0161823_10492187.jpg
f0161823_10493888.jpg

by memobird | 2010-04-30 05:20 | シギ科Heteroscelus属 | Comments(0)
もう、9年も前の思い出となりました。故谷本さんが、五主海岸でこの個体を見せてくださいました。小雨の中、近づけとの指示のもと、海岸に降りたら飛ばれてしまいました。第一回冬羽です。
2002.09.16.Mie Pref.
ヒレアシシギ科アカエリヒレアシシギ Phalaropus lobatus,Red-necked Phalarope


f0161823_1650561.jpg
f0161823_16502037.jpg
f0161823_1650327.jpg
f0161823_16504433.jpg
f0161823_16505572.jpg


この日は、3羽の個体が観察でき、それぞれ、夏羽→冬羽への換羽の進行程度が違ってました。
2008.08.24.Mie Pref.

f0161823_17355384.jpg
f0161823_17361289.jpg
f0161823_17363042.jpg
f0161823_17365089.jpg
f0161823_17371032.jpg
f0161823_17374396.jpg
f0161823_1738337.jpg

by memobird | 2010-04-29 05:51 | ヒレアシシギ科 | Comments(0)

スズメ Passer montanus

警戒心が強くて、500~600mm望遠レンズでもまともに撮れなかったスズメが、ここでは、
100mmマクロレンズで撮れてしまいました。
2010.04.25.Kyoto
ハタオリドリ科スズメ Passer monatus, Tree Sparrow

f0161823_6195248.jpg
f0161823_620688.jpg
f0161823_6201655.jpg
f0161823_620251.jpg

by memobird | 2010-04-28 06:20 | ハタオリドリ科 | Comments(0)
アメリカ南部、メキシコ東北部に生息し、幼体をミドリガメと呼び、ペットとして販売されている。成長して捨てられた個体が、どんどん繁殖して、あちこちで多数見られるよーになった。日本産のクサガメ、イシガメのよーには冬眠しない。
2005.05.15.Mie Pref. Central JAPAN
ヌマガメ科アカガメ属ミシシッピアカミミガメ Trachemys scripta elegans

f0161823_1821296.jpg
f0161823_18211176.jpg


2008.04.26.Mie Pref. Central JAPAN
f0161823_18222172.jpg
f0161823_18223119.jpg
f0161823_1822419.jpg

by memobird | 2010-04-27 18:22 | ヌマガメ科 | Comments(0)

タヒバリ Anthus spinoletta

冬の間、地味な冬羽で田んぼで過ごし、渡りの季節になると夏羽に衣替えして、海岸堤防に集合する。
2009.04.16.Mie Pref.
タヒバリ Anthus spinoletta, Water Pipit

f0161823_11493852.jpg
f0161823_11495040.jpg
f0161823_1150254.jpg
f0161823_11501469.jpg

by memobird | 2010-04-26 12:50 | セキレイ科 | Comments(0)

アゲハ春型 Papilio xuthus

最も普通のアゲハチョウ科の蝶であるが、春型は小さくてかわいい。2009年春は、我が家の庭で初見した。
2009.04.15.Mie Pref.
アゲハ Papilio xuthus

f0161823_11284070.jpg
f0161823_11285429.jpg
f0161823_1129771.jpg

by memobird | 2010-04-25 21:29 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
屋久島を南限として、それ以北の本土全域に生息する。年1回の発生であるが、飼育による確認で、蛹期間が、2~3年の個体があり興味深い。食草は、アブラナ科の蕾、花、若い果実。
2007.04.12.Mie Pref.
ツマキチョウ Anthocaris scolymus


f0161823_9375471.jpg
f0161823_9381488.jpg
f0161823_9384037.jpg

by memobird | 2010-04-24 07:20 | シロチョウ科 | Comments(0)
2005年の越冬個体を・・・・・
2005.2.12.Mie Pref.
コアオアシシギ Tringa stagnatilis,Marsh Sandpiper

f0161823_10543352.jpg
f0161823_10544864.jpg


2005.03.04.Mie Pref.

f0161823_10561351.jpg
f0161823_1056301.jpg
f0161823_10564437.jpg
f0161823_10573169.jpg
f0161823_10574326.jpg


2005.04.14.Mie Pref.

f0161823_1104476.jpg
f0161823_111247.jpg
f0161823_1112253.jpg
f0161823_1113847.jpg

by memobird | 2010-04-23 05:57 | シギ科Tringa属 | Comments(0)
当地では、コアオアシシギの越冬例が時々あるので、新鮮な夏羽を観察する機会に恵まれている。
2010.04.21.Mie Pref. Central JAPAN
コアオアシシギ Tringa stagnatilis,Marsh Sandpiper

f0161823_10521835.jpg
f0161823_10522828.jpg
f0161823_10523675.jpg
f0161823_10524912.jpg
f0161823_10525860.jpg
f0161823_1053866.jpg
f0161823_10531910.jpg
f0161823_10533091.jpg
f0161823_10533913.jpg
f0161823_10534944.jpg

by memobird | 2010-04-22 10:53 | シギ科Tringa属 | Comments(0)
リュウキュウオオスカシバは、すでに取りあげたので、オオスカシバを・・・。幼虫は、クチナシの害虫として有名。羽化直後は、翅に鱗粉が付着してるが、すぐ落下して透明となる。
2008.09.02.Mie Pref.
オオスカシバ Cephonodes hylas


f0161823_1715774.jpg
f0161823_1721999.jpg
f0161823_1723853.jpg
f0161823_172588.jpg
f0161823_1731825.jpg

by memobird | 2010-04-21 14:30 | スズメガ科 | Comments(0)