身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2010年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

三重県では、北部に記録のあるハエトリグモだそーです。ヤマゴボウの葉の間から、こちらを伺ってました。同定してくださった蜘蛛楽者に感謝です。
2010.05.27.Siga Pref.
マダラスジハエトリ Plexippoides annulipedis

f0161823_16503355.jpg
f0161823_16504658.jpg
f0161823_1650568.jpg
f0161823_165112100.jpg
f0161823_16512432.jpg

by memobird | 2010-05-31 14:51 | ハエトリグモ科 | Comments(0)
皿型の巣の中で、二匹のクモが絡み合っていた。オスの触肢のスポイドで、雌の外雌器に精液が注入されていた。つまり、交接である。ムネグロサラグモと同定してくださいました蜘蛛楽者さんに感謝します。
2010.05.27.Siga Pref.
サラグモ科ムネグロサラグモ Linyhia nigrirectoris

f0161823_15545627.jpg
f0161823_15551637.jpg
f0161823_15553590.jpg
f0161823_15555489.jpg
f0161823_15561285.jpg
f0161823_15564270.jpg
f0161823_1557010.jpg
f0161823_15571976.jpg

by memobird | 2010-05-30 21:06 | サラグモ科 | Comments(0)
奄美大島以南に分布、ガジュマル、イヌビワなどのクワ科イチジク属を食す。
2010.05.03.Amami Is. Kagoshima Pref.
オキナワイチモンジハムシ Morphosphaera coerulea

f0161823_10195735.jpg
f0161823_1020943.jpg
f0161823_10202093.jpg

by memobird | 2010-05-29 06:20 | ハムシ科 | Comments(0)
やっとオオルリが近くで撮れました。5月下旬とゆーのに、早春並みの気温だったので、活動が鈍ったのか・・・・・・??
2010.05.27.Siga Pref.
オオルリ Cyanoptila cyanomelana


f0161823_16463635.jpg
f0161823_1647537.jpg
f0161823_16473281.jpg
f0161823_16475893.jpg

by memobird | 2010-05-28 06:29 | ヒタキ科 | Comments(0)
コガネグモ科のクモなのに、頭部を上にして静止する種は少ない。本種は、ギンナガゴミグモと似てるが、腹部の形、腹背の模様で識別できる。
2010.05.13.Mie Pref.
コガネグモ科ギンメッキゴミグモ Cyclosa argenteoalba

f0161823_11141722.jpg
f0161823_11144126.jpg
f0161823_11145814.jpg
f0161823_11151660.jpg

by memobird | 2010-05-27 20:13 | コガネグモ科 | Comments(0)
奄美大島から八重山諸島の大きな島には、モリバッタが生息し、島により亜種となる。イシガキモリバッタ、イリオモテモリバッタは、すでに取り上げた。今回、幼虫ではあるが、アマミモリバッタを・・・・・
2010.05.04.Amami Is. Kagoshima Pref.
アマミモリバッタ Traulia ornata amamiensis


f0161823_16495199.jpg
f0161823_1650101.jpg
f0161823_16502918.jpg

by memobird | 2010-05-26 07:35 | バッタ科 | Comments(0)
トカラ列島から沖縄まで分布し、産地により、色や斑紋の変異が多い。奄美大島産の雄には、光沢がないのが特徴。花は、アカメガシワ雄花。
2010.05.05.Amamiosima, Kagoshima Pref.
コガネムシ科オオシマアオハナムグリ Protaetia exasperata

f0161823_1616093.jpg
f0161823_16161435.jpg

by memobird | 2010-05-25 21:16 | コガネムシ科 | Comments(0)

キミスジ Symbrenthia lilaea

2005年、西表島にて1雌が記録され、2006年、与那国島と石垣島で少数記録、その後、継続発生中・・・・。食草は、イラクサ科のアオカラムシ、オオイワガネ。
2010.01.02.Isigaki Is. Okinawa pref.
キミスジ Symbrenthia lilaea

f0161823_11575764.jpg
f0161823_1158916.jpg


ショウベンノキの花に来た。
2010.03.21.Ishigaki Is. Okinawa Pref.


f0161823_1673640.jpg
f0161823_1675316.jpg


テリトリーを張る位置が高いので、撮影は悪戦。葉は、オオバイヌビワ。
2010.03.22.Ishigaki Is.


f0161823_16174077.jpg
f0161823_16175748.jpg
f0161823_16182094.jpg


いいところに止まったけど、すぐ飛ばれて撮影チャンスなし。
2010.03.23.Ishigaki Is.
f0161823_16371160.jpg
f0161823_16372888.jpg

by memobird | 2010-05-24 05:58 | タテハチョウ科 | Comments(0)
クロベンケイガニ、ベンケイガニより、高所で見られ、高いところに登る習性があるので、海岸堤防上で、よく見られる。ベンケイガニは丸っぽいが、本種は角ばっている。
2008.07.06.Mie Pref. Central JAPAN
イワガニ科アカテガニ属アカテガニ Chiromantes haematocheir

f0161823_4275063.jpg
f0161823_428091.jpg
f0161823_4281174.jpg
f0161823_4282127.jpg
f0161823_4283292.jpg

by memobird | 2010-05-23 04:28 | イワガニ科 | Comments(0)
日本には、2種のサソリモドキ科が生息し、南九州~沖縄には、本種、八重山諸島には、タイワンサソリモドキ Typopeltis crucifer が分布。ごついハサミ型の触肢と長い尾が特徴的。尾の付け根から濃い酢酸を噴射するので要注意。共食いをするので、単独で生活している。ムカデさへも食するとのこと・・・
2010.05.06.Amami Is. Kagoshima Pref.
サソリモドキ科アマミサソリモドキ Typopeltis stimponii


f0161823_1885796.jpg
f0161823_1891984.jpg
f0161823_1894135.jpg
f0161823_1810133.jpg

by memobird | 2010-05-22 05:58 | サソリモドキ科 | Comments(0)