身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2010年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

我が家の室内に侵入したので各部が撮影できたが、暗くてよい画像ではありません。小さなサナエトンボで腹部が細く尾が長くスマートでした。自宅近くが河川の中流域なので生息地として問題なし。
2010.06.29.Mie Pref.
サナエトンボ科オナガサナエ♂ Onychogomphus viridicostus

f0161823_8441474.jpg
f0161823_8443477.jpg
f0161823_8445061.jpg
f0161823_845636.jpg
f0161823_8452389.jpg


野外でも撮ってました。2009.08.27.Mie Pref.
f0161823_17125733.jpg
f0161823_17131630.jpg

by memobird | 2010-06-30 05:31 | サナエトンボ科 | Comments(2)
三重県では、極めて局地的に本種が生息する。10数年ぶりに、産地に出かけたが、順調に発生を続けていたので、一安心。産地の環境が崩壊しない限り安泰と思われた。
2010.06.27.Mie Pref. Central JAPAN
ジャノメチョウ科オオヒカゲ Ninguta schrenckii


f0161823_16342018.jpg
f0161823_16343143.jpg
f0161823_16344137.jpg
f0161823_16345130.jpg
f0161823_1635058.jpg

by memobird | 2010-06-29 16:35 | ジャノメチョウ科 | Comments(0)
山地のシナノキの花に来てるのを観察した。5~8月、北海道以外の森林内で普通に見られる大型種。
2008.07.13.Siga Pref.
ハナアブ科クロベッコウハナアブ Volucella nigricans

f0161823_11121212.jpg
f0161823_11122469.jpg
f0161823_11123576.jpg
f0161823_11124728.jpg

f0161823_11185270.jpg

by memobird | 2010-06-28 07:12 | ハナアブ科 | Comments(0)
頭が小さく、両複眼が離れているのでヤンマ科ではなく、最も大きなサナエトンボである。日本全国に分布し、山地の渓流部から中流域の砂礫底の河川に発生する。幼虫は扁平で枯葉状。
2010.06.24.Mie Pref. Central JAPAN
サナエトンボ科コオニヤンマ Sieboldius albardae

f0161823_19353733.jpg
f0161823_19355185.jpg
f0161823_1936351.jpg

by memobird | 2010-06-27 18:58 | サナエトンボ科 | Comments(0)
日本全国、沖縄に生息する極めて普通のカメムシなので、今まで撮影せずにパスしてきたが、今回、初めて写してみて、その美しさを知った。チャバネアオカメムシさん、ごめんなさい。
2010.06.24.Mie Pref. Central JAPAN
カメムシ科チャバネアオカメムシ Plautia stali

f0161823_20422310.jpg
f0161823_20423353.jpg

by memobird | 2010-06-26 05:42 | カメムシ科 | Comments(0)
マルハナバチ属は、日本で15種生息し、中部山岳に種が多いらしい。本種は、全国各地に分布し、梅雨頃から、オスの姿を見かける。画像はオス個体。2010.06.24.Mie Pref.
ミツバチ科マルハナバチ属コマルハナバチ Bombus ardens


f0161823_10582387.jpg
f0161823_1058368.jpg
f0161823_10584949.jpg
f0161823_1059423.jpg

by memobird | 2010-06-25 07:59 | ミツバチ科 | Comments(0)
日本全国の山野に、ごく普通に生息するシデムシ類。死体があると出現するので、死出虫と名付けられたのか??ハエの幼虫、ミミズなどの生き虫も食す。触角の先端4節が膨らむ。前胸板は丸くない。
2010.06.24.Mie Pref.
シデムシ科オオヒラタシデムシ Eusilpha japonica

f0161823_941333.jpg
f0161823_9411913.jpg
f0161823_9413558.jpg

by memobird | 2010-06-24 14:41 | シデムシ科 | Comments(0)
体はヘの字に強く屈曲し、中胸背板は著しく隆起して、コブのよーに見える。前胸背板は幅広く発達する。口吻は、極めて長い。背のコブは、一見して病的に見えるが、元気に飛び回るので、健康体であることが分かる。日本全土に分布し、花を訪れて吸蜜する。この個体は、バラ科のコゴメウツギの花に来ていた。種名をお教えくださいましたzippeさんに感謝します。
2010.5.30.Mie Pref.
コガシラアブ科セダカコガシラアブ Philopota nigroaenea

f0161823_9132482.jpg
f0161823_9134469.jpg
f0161823_9135930.jpg


奄美大島でも同様の個体を見た。3枚目の画像で、長い口吻が、よく分かる。
2010.05.05.Amami Is.


f0161823_9581442.jpg
f0161823_9583352.jpg
f0161823_9585059.jpg

by memobird | 2010-06-23 07:23 | コガシラアブ科 | Comments(0)
黄色の美しいイトトンボであるが、用心深いので、撮影に苦労する。腹部第7節から先に黒い紋がある。雌には、緑色と黄色の2型がある。
2010.06.22.Mie Pref. Central JAPAN
キイトトンボ Ceriagrion melanurum

f0161823_21253349.jpg
f0161823_21254418.jpg
f0161823_21255571.jpg
f0161823_2126543.jpg
f0161823_21261546.jpg


2010.06.27.Mie Pref. Central JAPAN
f0161823_16525658.jpg

by memobird | 2010-06-22 21:26 | イトトンボ科 | Comments(0)
普通に見られる大型サナエ。キイロサナエによく似ているが、胸部前面のL字は太く、オスでは、上付属器と下付属器が同じ長さである。
2010.06.17.Siga Pref.
サナエトンボ科ヤマサナエ Asiagomphus melaeops


f0161823_9583340.jpg
f0161823_9584718.jpg
f0161823_959243.jpg
f0161823_9591563.jpg

f0161823_107366.jpg

f0161823_1072661.jpg

by memobird | 2010-06-21 05:59 | サナエトンボ科 | Comments(0)