身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2010年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

本州南西部~南西諸島に分布すろ南方系ハエトリグモである。人家の壁、窓ガラス、海岸堤防でよく見られる。同定して下さいました蜘蛛楽者さんに、感謝!氏の邸宅にも住みついてるそーです。
2010.07.20.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
ハエトリグモ科チャスジハエトリ Plexippus paykulli

f0161823_8152737.jpg
f0161823_8153897.jpg
f0161823_8154978.jpg
f0161823_816098.jpg

by memobird | 2010-07-31 08:16 | ハエトリグモ科 | Comments(0)
ショウジョウトンボの原名亜種で、トカラ列島以南に生息する。雄の腹部背面中央の黒条は、成熟しても消失しないのが特徴。雌もこの黒条は太く発達する。
2010.07.18.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
トンボ科タイリクショウジョウトンボ Crocothemis servilia servilia


f0161823_11205257.jpg


f0161823_10504114.jpg
f0161823_105117100.jpg

by memobird | 2010-07-30 07:51 | トンボ科 | Comments(0)
真っ黒なオオジョロウグモを見つけた時は、一瞬、何者かと思った。迫力満点!赤くて小さなオスがかわいい。奄美大島以南の南西諸島に生息する。
コガネグモ科オオジョロウグモ Nephila maculata

f0161823_2112992.jpg
f0161823_21121872.jpg
f0161823_21122699.jpg
f0161823_21123422.jpg
f0161823_21124434.jpg
f0161823_21125324.jpg

by memobird | 2010-07-29 05:12 | コガネグモ科 | Comments(0)

ゴイシシジミ Taraka hamada

日本全国に分布、三重県では、各地で記録があるが、多産地はない。幼虫は、アブラムシを食するので、ササ藪で見られることが多い。
2010.07.27.Nagano Pref.
シジミチョウ科ゴイシシジミ Taraka hamada

f0161823_10125287.jpg
f0161823_1013779.jpg
f0161823_10131925.jpg
f0161823_10132949.jpg
f0161823_10134372.jpg
f0161823_1013543.jpg
f0161823_1014630.jpg

by memobird | 2010-07-28 06:14 | シジミチョウ科 | Comments(0)
シルビアシジミの南西諸島亜種は、2006年9月に種に昇格し、ヒメシルビアシジミとの和名がつけられた。現在のところ、屋久島以南に分布するとされている。今回、産卵を観察したマメ科植物は同定中・・・・
2010.07.18.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
シジミチョウ科ヒメシルビアシジミ Zizina otis

f0161823_1752258.jpg
f0161823_17523830.jpg
f0161823_17524967.jpg
f0161823_1753240.jpg
f0161823_17531478.jpg
f0161823_17532649.jpg
f0161823_17533686.jpg
f0161823_17534957.jpg

by memobird | 2010-07-27 03:53 | シジミチョウ科 | Comments(0)
南西諸島に生息するサシガメ科のカメムシ、ちいさいので見落とすが普通にいるらしい。今回は上手く撮影出来なかったので、次回は、キベリの意味を観察しつつ撮影したい。
2010.07.19.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
サシガメ科キベリヒゲナガサシガメ Euagoras plagiatus

f0161823_932961.jpg
f0161823_934121.jpg
f0161823_935394.jpg

by memobird | 2010-07-26 08:03 | サシガメ科 | Comments(0)
徳之島以南の南西諸島と小笠原諸島に分布。最も、人間に対する依存度が高いヤモリなので、人家やその周辺に多い。冬眠できないので、沖縄島では、冬、凍死した個体を見かけるらしい。ガ、ゴキブリ、クモを好んで食す。分布域が重なるヤモリの中では、タシロヤモリが似てるが、背面にイボ状の鱗を持つので識別しやすい。
2010.07.20.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
ヤモリ科ナキヤモリ属ホオグロヤモリ Hemidachylus frenatus

f0161823_2083181.jpg
f0161823_2084489.jpg
f0161823_208579.jpg
f0161823_209916.jpg
f0161823_2091915.jpg

by memobird | 2010-07-25 04:09 | ヤモリ科 | Comments(0)
現在の定着北限は、石垣島、西表島で、食草はマメ科のクロヨナ、ハマナタマメ、タカナタマメ、タイワンクズなど・・・・。翅表の濃いブルーが美しいが開翅してくれなかった。
2010.07.20.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
シジミチョウ科ルリウラナミシジミ Jamides bochus

f0161823_1859038.jpg
f0161823_18591379.jpg

f0161823_1001086.jpg

f0161823_18592612.jpg
f0161823_18593872.jpg

by memobird | 2010-07-24 18:59 | シジミチョウ科 | Comments(0)
トンボの仲間ではなくて、ウスバカゲロウなどと同じグループです。何度会っても楽しくて、いつも同じ止まり方をしてますが、飽きることがありません。
2010.07.18.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
ツノトンボ科オキナワツノトンボ Suphalomitus okinawaensis

f0161823_14263763.jpg
f0161823_14265097.jpg
f0161823_14271147.jpg
f0161823_1427257.jpg
f0161823_14274012.jpg

by memobird | 2010-07-23 14:27 | ツノトンボ科 | Comments(0)
喜界島以南に生息し、体色は緑色型のみ。頭から胸にかけての背面に赤褐色斑がある。特に前脚には、獲物を捕らえるための棘が発達していて目立つ。
2010.07.20.Ishigaki Is. Okinawa Pref.
キリギリス科タイワンウマオイ hexacentrus unicolor

f0161823_21382977.jpg
f0161823_21383952.jpg
f0161823_21385193.jpg

by memobird | 2010-07-22 21:38 | キリギリス科 | Comments(0)