身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2010年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

1969年、初めて徳之島で確認された外来生物。原産地は、インドなどの熱帯地方。広く南西諸島に生息地を広げ、現在では本土でも見つかってる。今回、伊良部島で見つけたが、真昼の焼け付くよーなコンクリートの階段を這っていて驚いた。種名をお教え下さいましたohrwurmさん、cozyさんに感謝します。
2010.09.20.Irabu I. Okinawa Pref.
アシヒダナメクジ科アシヒダナメクジ Laevicaulis alte

f0161823_61124100.jpg
f0161823_6113359.jpg
f0161823_6114166.jpg
f0161823_6114935.jpg
f0161823_611599.jpg

by memobird | 2010-09-30 06:12 | アシヒダナメクジ科 | Comments(0)
クロサギの白色型と思って撮影してきたが、ozokさんが、カラシラサギ夏羽→冬羽であるとお教えくださいました。ozokさんに感謝感謝です。
2010.09.21.Miyako I. Okinawa Pref.
サギ科カラシラサギ Egretta eulophotes

f0161823_18511855.jpg
f0161823_18512732.jpg
f0161823_18513572.jpg
f0161823_18514284.jpg

by memobird | 2010-09-29 06:51 | サギ科 | Comments(0)
伊良部島佐良浜港内を飛翔していた。ユリカモメほどの大きさで、頭部は白く、眼の後方は黒く、嘴は、それほど太く見えないが、ハシブトアジサシ冬羽と読んだ。識別に同意してくださったozokさんに感謝です。
2010.09.20.Irabu I. Okinawa Pref.
カモメ科ハシブトアジサシ Sterna nilotica, Gull-billed Tern

f0161823_18301973.jpg
f0161823_18302828.jpg
f0161823_18303743.jpg

by memobird | 2010-09-28 18:30 | カモメ科 | Comments(0)

キンバト Chalcophaps indica

宮古・八重山諸島に分布し、キジバトより一回り小さい美しいハト。英名は、Emerald Dove。雨覆い、三列風切が、エメラルドグリーンなので、飛翔を上から見ると、とても美しい。国の天然記念物に指定されている。
2010.09.21.Miyako I. Okinawa Pref.
ハト科キンバト Chalcophaps indica

f0161823_8323742.jpg
f0161823_8324726.jpg
f0161823_8325898.jpg

by memobird | 2010-09-27 07:33 | ハト科 | Comments(0)
沖縄本島以南に分布する。ムツボシシロカミキリは、九州から沖縄本島北部まで。ガジュマル、ハマイヌビワの葉上で見られる。今回、大型台風通過直後で、人家の壁に張り付いていた。
2010.09.19.Miyako I. Okinawa Pref.
カモキリムシ科イツホシシロカミキリ Olenecamptus bilobus nipponensis

f0161823_595221.jpg
f0161823_510324.jpg
f0161823_510144.jpg
f0161823_5102665.jpg

by memobird | 2010-09-26 05:10 | カミキリムシ科 | Comments(0)
ホオジロの巣と卵が観察できたので、忘れないうちに・・・。低山地の林縁の地面に近い低位置にて。
2010.05.22.Mie Pref.
ホオジロ科ホオジロ Emberiza cioides

f0161823_9524490.jpg
f0161823_9525869.jpg
f0161823_953854.jpg

by memobird | 2010-09-25 07:53 | ホオジロ科 | Comments(0)
1968年から、南西諸島に侵入し、2002年は奄美大島で大発生して定着したが、徳之島では未記録らしい。食草は、リュウキュウウマノスズクサであるが、宮古諸島のみコウシュンウマノスズクサ、奄美大島のみウマノスズクサ。
2010.09.19.Miyako I. Okinawa Pref.
アゲハチョウ科ベニモンアゲハ Pachiliopta aristolochiae interposita

f0161823_445971.jpg
f0161823_4451726.jpg
f0161823_4452649.jpg
f0161823_4453532.jpg
f0161823_4454351.jpg

by memobird | 2010-09-24 04:45 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
トカラ列島中之島以南に分布し、食樹は野生のサルカケミカンが好まれる。雌は、雄と同斑紋のもの(Ⅰ型、白色型)とベニモンアゲハに似せたもの(Ⅱ型、赤紋型、ポリテス型、ベニモンアゲハ型)の2型がいる。ベニモンアゲハの分布北上に合わせて、沖縄諸島での雌Ⅱ型の増加傾向は興味深い。
2010.09.19.Miyako I. Okinawa Pref.
アゲハチョウ科シロオビアゲハ Papillio polytes polytes

f0161823_4194151.jpg
f0161823_4194992.jpg
f0161823_4195919.jpg
f0161823_420818.jpg
f0161823_4201942.jpg

by memobird | 2010-09-23 20:20 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
日南海岸、薩摩・大隅半島以南に分布する。食樹は、フウチョウソウ科のギョボク。大東諸島には、記録がないらしい。
2010.09.19.Miyako I. Okinawa Pref.
シロチョウ科ツマベニチョウ Hebomoia glaucippe

f0161823_4222911.jpg

f0161823_16524379.jpg
f0161823_16525455.jpg
f0161823_1653411.jpg

by memobird | 2010-09-22 14:53 | シロチョウ科 | Comments(0)
まだ、7月下旬の初めなのに、夏羽が飛来していた。羽の摩耗、色褪せが見られる。
2005.07.20.Mie pref.
シギ科ウズラシギ Calidris acuminata, Sharp-tailed Sandpiper

f0161823_454223.jpg
f0161823_4541054.jpg
f0161823_4541951.jpg
f0161823_4542821.jpg
f0161823_4543959.jpg


夏羽末期個体。羽の摩耗、色褪せが激しい。
2002.10.07.Mie Pref.

f0161823_541265.jpg
f0161823_542317.jpg
f0161823_543335.jpg


幼鳥は羽衣が美しい。赤茶色のベレー帽が、よく似合う。
2003.10.5.Aichi Pref.


f0161823_5112818.jpg
f0161823_5114025.jpg
f0161823_5115074.jpg

by memobird | 2010-09-17 04:54 | シギ科Calidris属 | Comments(0)