身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2010年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

宮古島のモリバッタ??

奄美大島から、与那国島までの大きな島には、モリバッタが生息し、それぞれ亜種に分類されている。宮古島は、モリバッタが生息してるのかどーか?この個体は、モリバッタ宮古島亜種と思って撮影してきたが、はたしてそーなのか??ご存じの方はお教えくださいませ。イリオモテモリバッタ、イシガキモリバッタは、すでにアップ済み。
2010.09.19.Miyako I. Okinawa Pref.
モリバッタ宮古島亜種??

f0161823_17582040.jpg
f0161823_1758313.jpg
f0161823_17584279.jpg
f0161823_17585233.jpg

by memobird | 2010-10-31 17:57 | バッタ科 | Comments(2)

コバネイナゴ Oxya yezoensis

北海道から南西諸島まで生息する。翅の短いのが特徴であるが、長翅型もいる。イネの害虫で、卵越冬。
2010.10.24.Mie Pref.
バッタ科イナゴ属コバネイナゴ Oxya yezoensis

f0161823_848320.jpg
f0161823_8482078.jpg
f0161823_848358.jpg

by memobird | 2010-10-30 07:30 | バッタ科 | Comments(0)

タカブシギ Tringa glareola

当地で、10月末に本種を見ることは少ない。隣県では、越冬する個体も数羽見られる。
2008.10.30.Mie Pref.
タカブシギ Tringa glareola,Wood Sandpiper

f0161823_2104943.jpg
f0161823_2105644.jpg
f0161823_211547.jpg

by memobird | 2010-10-30 05:01 | シギ科Tringa属 | Comments(0)
アキアカネ雄は、老熟しても頭胸部は赤くならないが、本種雄は秋が深まると、全身燃えるよーにまっ赤になる。
2010.10.23.Mie Pref.
トンボ科ナツアカネ Sympetrum darwinianum


f0161823_16444036.jpg
f0161823_16445434.jpg
f0161823_1645958.jpg

by memobird | 2010-10-29 14:43 | トンボ科 | Comments(0)
日本に生息するアオガエルの代表種であるが、なぜか、あまり知られていない?北海道にのみ分布しない。平野から山地の湿地や田んぼなどを住処とし、春はアマガエルより少し早く鳴きだす。キリリリッキリリッと少し濁った声で鳴く。シュレーゲルとは、江戸時代にシーボルトが持ち帰った標本を研究したオランダの学者の名。体には模様がないのが普通であるが、この個体は黄色の斑紋が入っていた。
2010.10.23.Mie Pref.
アオガエル科シュレーゲルアオガエル Rhacophorus schlegelii

f0161823_15544355.jpg
f0161823_15545527.jpg
f0161823_15551215.jpg
f0161823_1555238.jpg
f0161823_15553452.jpg
f0161823_15554547.jpg

by memobird | 2010-10-28 15:37 | アオガエル科 | Comments(0)
ニホンヒキガエルやアズマヒキガエルと混同されていたが、1976年、新種として記載された。ナガレとは、渓流の意で、年中、渓流に生息する珍しい習性のヒキガエルである。鼓膜が小さく、後ろ足が長く、首がくびれている。お教えくださいました蜘蛛楽者さん、Nawshicaさんに感謝します。
2010.08.03.Nara Pref.
ヒキガエル科ナガレヒキガエル Bufo torrenticola

f0161823_15593419.jpg
f0161823_15594615.jpg
f0161823_15595669.jpg
f0161823_1601087.jpg

by memobird | 2010-10-27 14:00 | ヒキガエル科 | Comments(0)
日本の近海で繁殖するウミネコは、当地で夏場でも観察できる唯一のカモメである。10月も下旬になると第一回冬羽への換羽中であった。翼は換羽しないので美しい幼羽のまま。
2010.10.26.Mie Pref.
カモメ科ウミネコ Larus crassirostris, Black-tailed Gull

f0161823_21113121.jpg
f0161823_21114064.jpg
f0161823_21114998.jpg
f0161823_21115853.jpg
f0161823_2112780.jpg

by memobird | 2010-10-26 21:12 | カモメ科 | Comments(0)
細身であり、翅の基部に褐色斑がないので識別できる。トカラ列島以南に分布し、八重山諸島では普通に見られるらしい。
2010.07.19.Ishigaki Pref.
トンボ科ホソミシオカラトンボ Orthetrum luzonicum

f0161823_913471.jpg
f0161823_913159.jpg

by memobird | 2010-10-25 08:13 | トンボ科 | Comments(0)
ショウジョウトンボは、別亜種。本種も雌の識別が悩ましい。雌の未熟時は、全体が黄褐色を帯びるが成熟すると色薄れる。
2010.07.19.Ishigaki I. Okinawa Pref.
トンボ科タイリクショウジョウトンボ Crocothemis servilia servilia

f0161823_8425415.jpg
f0161823_84359.jpg
f0161823_8431558.jpg

by memobird | 2010-10-24 05:43 | トンボ科 | Comments(0)
本種の雄の識別に迷うことはないが、雌単独で出会った場合は戸惑う。オスと全く違う地味な色彩をしている。
2010.07.19.Ishigaki I. Okinawa Pref.
トンボ科ベニトンボ Trithemis aurora

f0161823_865517.jpg
f0161823_87583.jpg
f0161823_87177.jpg

f0161823_881088.jpg
f0161823_882296.jpg

by memobird | 2010-10-23 08:08 | トンボ科 | Comments(0)