身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

オカヤドカリ属 Coenobita

全世界で15種、日本で7種がしられている。オオナキオカヤドカリ、オカヤドカリ、コムラサキオカヤドカリ、サキシマオカヤドカリ、ナキオカヤドカリ、オオトゲオカヤドカリの7種。気温15℃で越冬に入ってしまう。
2010.07.18.Ishigaki I. Okinawa Pref.
オカヤドリ科オカヤドリ属 Coenobita

f0161823_21312678.jpg
f0161823_21313445.jpg
f0161823_2131423.jpg
f0161823_21314991.jpg
f0161823_21315630.jpg

by memobird | 2010-11-30 21:32 | オカヤドカリ科 | Comments(0)
本土では旅鳥として見られるが少ない。南西諸島では、越冬する個体もいる。淡褐色の眉斑が明瞭で、肩羽の軸斑は目立ち先端が尖る。
2004.11.23.Miyako I. Okinawa Pref.
セキレイ科マミジロタヒバリ Anthus novaeseelandiae, Richard's Pipit

f0161823_15333326.jpg
f0161823_1533469.jpg
f0161823_15335866.jpg
f0161823_1534978.jpg

by memobird | 2010-11-29 15:34 | セキレイ科 | Comments(0)
越冬後、青色に成熟を始めた頃・・・・
2006.04.24.Mie Pref.
アオイトトンボ科ホソミオツネントンボ Indolestes peregrinus

f0161823_20461024.jpg
f0161823_20462030.jpg
f0161823_20462850.jpg


2006.05.21.Mie Pref.
f0161823_20471288.jpg
f0161823_2047213.jpg

by memobird | 2010-11-28 05:47 | アオイトトンボ科 | Comments(0)
本種とオツネントンボ、ホソミイトトンボの3種は、成虫越冬する。また、本種とオツネントンボは、アオイトトンボ科であるが、翅を閉じて静止する。本種の側胸には、3個の胴色斑点が並ぶのでオツネントンボとの識別はやさしい。越冬後は、鮮やかな青色になり成熟する。
2008.11.13.Mie Pref.
アオイトトンボ科ホソミオツネントンボ Indolestes peregrinus

f0161823_19514416.jpg
f0161823_19515374.jpg
f0161823_1952374.jpg
f0161823_19521248.jpg
f0161823_19522279.jpg


前後翅の紋が重なるのがオツネントンボと異なる。
2006.03.25.Mie Pref.

f0161823_20253228.jpg
f0161823_20254413.jpg
f0161823_20255325.jpg
f0161823_202635.jpg

by memobird | 2010-11-27 19:52 | アオイトトンボ科 | Comments(0)
海辺のマサキに次々とサツマシジミ雌が飛来し、冬芽などに興味を示していた。産卵の確認はできていない。産卵し、羽化したとしても幼虫の食餌はない。何らかの誘引物質があったのか??
2010.11.23.Mie Pref.
シジミチョウ科サツマシジミ Udara albocaerulea
ニシキギ科マサキ Euonymus japonicus

f0161823_10271631.jpg
f0161823_10273458.jpg
f0161823_10274950.jpg
f0161823_1028323.jpg
f0161823_10282295.jpg
f0161823_10283618.jpg
f0161823_10285136.jpg
f0161823_1029641.jpg

by memobird | 2010-11-26 07:25 | シジミチョウ科 | Comments(0)
暖かいサンゴ礁の海の魚で、県中南部でも見られる。コバルトブルーが美しく、観賞魚として飼育される。
2010.11.23.Mie Pref.
スズメダイ科ルリスズメ属ルリスズメ Chrysiptera cyanea

f0161823_11403531.jpg
f0161823_11404954.jpg
f0161823_1141219.jpg

by memobird | 2010-11-25 21:39 | スズメダイ科 | Comments(0)

ホオジロ Emberiza cioides

なかなか近づかせてくれない本種が、この日は撮らせてくれた。識別のややこしいEmberiza属の中で、他種との識別は容易な鳥である。
2008.11.27.Mie Pref.
ホオジロ科ホオジロ Emberiza cioides

f0161823_20571663.jpg
f0161823_20572750.jpg
f0161823_20573542.jpg
f0161823_20574420.jpg
f0161823_20575177.jpg

by memobird | 2010-11-24 20:57 | ホオジロ科 | Comments(0)
本州、四国、九州に生息する。後翅が前翅より長い。成虫は、8月に出現。この個体は、背筋に褐色の斑紋があった。
2010.11.23.Mie Pref.
キリギリス科セスジツユムシ Ducetia japonica

f0161823_5304591.jpg
f0161823_5305359.jpg
f0161823_531154.jpg
f0161823_531988.jpg
f0161823_5311923.jpg
f0161823_5312898.jpg

by memobird | 2010-11-23 21:31 | ツユムシ科 | Comments(0)
大型台風通過直後の与那覇湾で、たまたま見たクロツラヘラサギを、画像はよくないが、記憶としてアップ。
2010.09.19.Miyako I. Okinawa Pref.
トキ科クロツラヘラサギ Platalea minor, Black-faced Spoonbill

f0161823_10164476.jpg
f0161823_1017457.jpg
f0161823_10171659.jpg
f0161823_10173131.jpg

by memobird | 2010-11-22 07:15 | トキ科 | Comments(0)
本州、四国、九州に分布、8月中旬以降に成虫が出現する。全体が鮮緑色であるが、前翅の前縁にのみ異色の細線がある。木の葉を食べ、よく飛ぶ。
2010.11.21.Mie Pref.
キリギリス科サトクダマキモドキ Holochlora japonica

f0161823_21122833.jpg
f0161823_21123681.jpg
f0161823_21124489.jpg
f0161823_21125127.jpg
f0161823_21125970.jpg
f0161823_2113661.jpg


2011.10.06.Aichi Pref.
f0161823_511244.jpg
f0161823_5114172.jpg
f0161823_5115537.jpg
f0161823_512783.jpg

by memobird | 2010-11-21 21:13 | ツユムシ科 | Comments(0)