身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2010年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ヨシガモ Anas falcata

雄成鳥は、ナポレオンのよーな頭部が特徴的である。撮影条件がよくないと眼を写すのがムツカシイ。
2008.12.06.Mie Pref.
カモ科ヨシガモ Anasu falcata, Falcated Teal

f0161823_34129100.jpg
f0161823_3413823.jpg
f0161823_3414824.jpg
f0161823_3415717.jpg
f0161823_342665.jpg

by memobird | 2010-12-28 03:42 | カモ科 | Comments(0)
ワシカモメ第三回冬羽と思われる個体の翼を撮影してるので、とりあえずアップ・・・・
2008.03.13Mie Pref.
カモメ科ワシカモメ第三回冬羽 Larus glaucescens, Glaucous-winged Gull 3W.

f0161823_8321893.jpg
f0161823_8324338.jpg
f0161823_8325964.jpg
f0161823_8331232.jpg
f0161823_8332646.jpg
f0161823_8333932.jpg

by memobird | 2010-12-27 06:31 | カモメ科 | Comments(0)
西表島の1月、水田にて1羽のユリカモメ第一回冬羽を観察した。普通の記録かも知れないが、思い出のためアップ!
2006.01.05.Iriomote I. Okonawa Pref.
カモメ科ユリカモメ第一回冬羽 Larus ridibundus, Black-headed Gull 1W

f0161823_21101443.jpg
f0161823_21102418.jpg
f0161823_21103486.jpg

by memobird | 2010-12-26 05:10 | カモメ科 | Comments(0)
style="color:rgb(51,0,204);">シロカモメは幼鳥でも大型個体が多い。第一回冬羽は、オオセグロカモメの第一回冬羽と似てるが、シロカモメの嘴は、先端三分の一だけが、境界明瞭に黒い。
2008.01.26.Mie Pref.
カモメ科シロカモメ第一回冬羽 Larus hyperboreus, Glaucous Gull 1W.

f0161823_642111.jpg
f0161823_6421969.jpg
f0161823_6422847.jpg

f0161823_6445139.jpg

f0161823_6431738.jpg
f0161823_6432621.jpg

by memobird | 2010-12-25 05:43 | カモメ科 | Comments(0)

シロカモメ Larus hyperboreus

大型の美しい成鳥冬羽でした。今でも懐かしく思い出されます。
2005.02.13.Mie Pref.
カモメ科シロカモメ Larus hyperboreus, Glaucous Gull

f0161823_20334137.jpg
f0161823_20335299.jpg
f0161823_2034475.jpg
f0161823_20341264.jpg
f0161823_20342172.jpg

by memobird | 2010-12-24 05:34 | カモメ科 | Comments(0)
セグロカモメと同大であるが、真冬なのに頭頸部の白さが目立つ。背の灰色もやや淡く足はピンク色。虹彩は黄褐色に見えた。いわゆる、モンゴルカモメか??
2008.01.03.Mie Pref.
カモメ科モンゴルカモメ Larus cathinnans mongolicus

f0161823_636458.jpg
f0161823_6365352.jpg
f0161823_637286.jpg

by memobird | 2010-12-23 06:37 | カモメ科 | Comments(0)
ホイグリンカモメの夏羽は美しい!真っ白な頭頸部、嘴の大きな赤紋が目立つ。虹彩は、黄白色。
2008.04.26.Mie Pref.
カモメ科ホイグリンカモメ夏羽 Larus heuglini, Heuglins's Gull

f0161823_20204813.jpg
f0161823_20205875.jpg
f0161823_2021938.jpg
f0161823_20211789.jpg

by memobird | 2010-12-22 05:21 | カモメ科 | Comments(0)

カモメ Larus canus

2月の厳寒期に入ると、やっと当地でもカモメの数が増え、飛翔撮影が楽しめる。
2008.02.28.Mie Pref.
カモメ科カモメ Larus canus, Mew Gull

f0161823_16541635.jpg
f0161823_16543361.jpg
f0161823_16544158.jpg
f0161823_16545050.jpg
f0161823_16545942.jpg

by memobird | 2010-12-21 16:55 | カモメ科 | Comments(0)
背の鱗模様を見て、ホイグリンカモメ幼鳥を直感した。第一回冬羽への換羽中と思われる。外側初列風切と、内側初列風切の濃淡差がほとんどないので、まず間違いないと考えた。さて??
2010.12.19.Mie Pref.
カモメ科ホイグリンカモメ幼鳥→第一回冬羽 Larus heuglini, Heuglin's Gull

f0161823_9105822.jpg
f0161823_9111055.jpg
f0161823_9112231.jpg
f0161823_9113320.jpg
f0161823_9115318.jpg
f0161823_912576.jpg

by memobird | 2010-12-20 08:12 | カモメ科 | Comments(0)
当地でも複数羽のチュウヒが、毎年越冬する。この日は、オナガガモを捕獲した個体に出会った。
2005.02.12.Mie Pref.
タカ科チュウヒ Circus spilonotus, Asian Marsh Harrier

f0161823_7124457.jpg

f0161823_712918.jpg


f0161823_713183.jpg
f0161823_7131197.jpg
f0161823_7132012.jpg

by memobird | 2010-12-19 07:13 | タカ科 | Comments(0)