身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2011年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ヤンマ科のトンボの代表的な本種の、胸側、顔面を接写してみました。
2011.07.31.Mie Pref.
ヤンマ科ギンヤンマ Anax pathenope julius

f0161823_4575715.jpg
f0161823_458913.jpg
f0161823_4581911.jpg

by memobird | 2011-07-31 20:58 | ヤンマ科 | Comments(0)
本州南部、四国、九州、南西諸島に分布する南方系の種であるが、最近関東地方まで北上したらしい。雌の腹部の両肩には円錐突起があり、その後方の複雑な模様が美しい。ドーム状の網を張る。お教え下さいました蜘蛛楽者さんに感謝します。
2011.07.28.Mie Pre.
コガネグモ科スズミグモ Cyrtophora moluccensis

f0161823_640395.jpg
f0161823_6404882.jpg
f0161823_6405881.jpg
f0161823_641750.jpg
f0161823_6411691.jpg

by memobird | 2011-07-30 06:41 | コガネグモ科 | Comments(0)
日本全土の高原の草間に生息している。腹部は球状で、腹背前方に一対の突起がある。網の形態は、まだ明らかでないらしい。お教えくださいました蜘蛛楽者さんに感謝します。
2011.07.18.Gifu Pref.
コガネグモ科コオニグモモドキ Pronous minutus

f0161823_5135932.jpg
f0161823_5141454.jpg
f0161823_5142471.jpg
f0161823_5143584.jpg

by memobird | 2011-07-29 05:14 | コガネグモ科 | Comments(0)
岐阜県日和田高原(1200m)のヤマシグレを訪花していた個体。従来ヤツメノメイガと呼ばれていたものが、シロモンクロノメイガと名づけられ、従来の保育社「原色日本蛾類図鑑」のシロモンクロノメイガとは別種に見える?のでややこしい。お詳しい方はお教えください。同定にご協力いただいたospreyさんに感謝します。
2011.07.17.Hiwadakougen, Gifu Pref.
ツトガ科シロモンクロノメイガ本州以南亜種 Anania funebris astrifera

f0161823_6242297.jpg
f0161823_6243356.jpg
f0161823_6244317.jpg

by memobird | 2011-07-28 06:24 | ツトガ科 | Comments(0)
日本全土に分布するが、西日本では高地に生息し、分布は不連続となる。ハルニレ、アキニレ、エノキなどのニレ科が食樹。三重県では、正式な生息記録はない。夏型では、キタテハとの識別が悩ましい。
2011.07.17.Nagano Pref.
タテハチョウ科シータテハ Polygonia c-album

f0161823_1044876.jpg
f0161823_10442171.jpg
f0161823_10443430.jpg

by memobird | 2011-07-27 07:44 | タテハチョウ科 | Comments(0)
日本全土の高標高地に分布。幼虫は、ワタノアブラムシ、タケノアブラムシを捕食するので、成虫もクマザサの葉上でよく見られる。6~7月に出現、トゲトゲの後脚を上げて静止する。
2011.07.17.Gifu Pref.
ニセマイコガ科セグロベニアシトゲガ Atkinsonia ignipicta

f0161823_89131.jpg
f0161823_89248.jpg
f0161823_893582.jpg
f0161823_894564.jpg
f0161823_895562.jpg

by memobird | 2011-07-26 08:08 | ニセマイコガ科 | Comments(0)
北海道では普通、本州、四国、九州では、高地に生息する。葉を丸めて潜み、体の割に小さな網を張っていた。雌の成体の腹部は真っ赤になるが、雄は幼体と同じく黄色いまま。お教えくださいました蜘蛛楽者さんに感謝します。
2011.07.17.Nagano Pref.
コガネグモ科アカオニグモ Araneus pinguis

f0161823_5231641.jpg
f0161823_5232916.jpg
f0161823_5234037.jpg
f0161823_5235174.jpg

by memobird | 2011-07-25 05:23 | コガネグモ科 | Comments(0)
日本全土の山地の渓流沿いに生息する。成虫は、6~8月に出現し、牧場の牛・馬を吸血する個体は少ない。渓流沿いの林道で停車させると、車内に侵入することが多い。
2011.07.17.Nagano Pref.
アブ科アカウシアブ Tabanus chrysurus

f0161823_544471.jpg
f0161823_545458.jpg
f0161823_55328.jpg

by memobird | 2011-07-24 20:05 | アブ科 | Comments(0)

コヒョウモン Brenthis ino

中部山岳と北海道に分布。6月下旬から出現し、7~8月に見られる。バラ科のオニシモツケが食草、ワレモコウを食す場合もある。
2011.07.18.Gifu Pref.
タテハチョウ科コヒョウモン Brenthis ino

f0161823_10544556.jpg
f0161823_1055199.jpg
f0161823_10551736.jpg
f0161823_10553222.jpg
f0161823_10554626.jpg

by memobird | 2011-07-23 07:47 | タテハチョウ科 | Comments(0)
小さくて、丸っこく、愛嬌のある半翅目昆虫に出会った。翅の模様は、変異に富むらしい。湿地のイネ科植物の葉上で見られることが多い。
2011.07.17.Nagano Pref.
アワフキムシ科マルアワフキ Lepyronia coleoptrata
f0161823_1674490.jpg
f0161823_168799.jpg
f0161823_168268.jpg

by memobird | 2011-07-22 13:08 | マルウンカ科 | Comments(0)