身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2011年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

北海道、本州中部以北の山地に生息する。食樹は、ニレ科のハルニレ、オヒョウ、カバノキ科のシラカンバ、ウダイカンバなど。翅形は、シータテハよりヒオドシチョウに似ている。
2011.08.14.Nagano Pref.
タテハチョウ科エルタテハ Nymphalis vaualbum samurai

f0161823_17234955.jpg
f0161823_1724087.jpg
f0161823_17241233.jpg
f0161823_17242979.jpg

by memobird | 2011-08-31 17:24 | タテハチョウ科 | Comments(0)
北海度、本州(東北~中部山岳)に生息する。年1回の発生で、8月中旬~9月中旬に多い。食樹は、ダケカンバ、シラカンバなどのカバノキ科、オオバヤナギ、バッコヤナギなどのヤナギ科。性差は極めて軽微。
2011.08.16.Nagano Pref.
タテハチョウ科キベリタテハ Nymphalis antiopa asopos

f0161823_13562564.jpg

f0161823_1351617.jpg
f0161823_13511495.jpg
f0161823_13512293.jpg
f0161823_13512843.jpg

by memobird | 2011-08-30 13:51 | タテハチョウ科 | Comments(0)
日本全国に分布。樹枝間や草間に垂直円網を張る。腹背には葉状紋を欠く。赤褐色~黒褐色まで色彩変異がある。お教えくださいました蜘蛛楽者さんに、感謝します。
2011.08.07.Mie Pref.
コガネグモ科コゲチャオニグモ Araneus punctigera

f0161823_941332.jpg
f0161823_9414826.jpg
f0161823_9415927.jpg
f0161823_9421324.jpg

by memobird | 2011-08-29 09:42 | コガネグモ科 | Comments(0)
日本全国の海岸の砂浜に生息する。白っぽい地色に黒褐色の点々模様がある。翅は長い。後腿節に3本の黒帯がある。後膝は黒い。同地に生息するマダラバッタ、クルマバッタモドキとの識別を要す。
2011.8.4.Mie Pref.
バッタ科トノサマバッタ亜科ヤマトマダラバッタ Epacromius japonicus

f0161823_9323170.jpg
f0161823_932424.jpg
f0161823_9324720.jpg


2011.09.08.Mie Pref.
f0161823_71537100.jpg
f0161823_7155533.jpg
f0161823_716496.jpg

by memobird | 2011-08-28 09:32 | バッタ科 | Comments(0)
樹の幹や岩場の地衣類に擬態するオニグモの一種。よく目立つ緑色の大型コガネグモ科なので、昼間、巣に居ることは珍しい。今回、同地で、朝、巣の中央にいる2個体を見つけた。お教え下さいました蜘蛛楽者さに感謝します。噛まれると痛いらしい。
2011.08.14.Nagano Pref.
コガネグモ科コケオニグモ Araneus seminiger

f0161823_8344691.jpg
f0161823_835981.jpg
f0161823_8352799.jpg
f0161823_8354350.jpg
f0161823_8355975.jpg

by memobird | 2011-08-27 07:36 | コガネグモ科 | Comments(0)

ベニヒカゲ Erebia niphonica

北海道、東北の高山帯~中部山岳に生息する。3齢幼虫で越冬し、成虫は8月に多い。カヤツリグサ科を食草とする。
2011.08.15.Nagano Pref.
ジャノメチョウ科ベニヒカゲ Erebia niphonica

f0161823_450875.jpg
f0161823_4502011.jpg
f0161823_4502983.jpg
f0161823_450402.jpg
f0161823_4505050.jpg
f0161823_4505919.jpg

by memobird | 2011-08-26 05:15 | ジャノメチョウ科 | Comments(0)
日本全土に生息し、三重県では里山のハンノキ林で、ミドリシジミの出現期に、ノイバラの花をよく訪れていた。今や、伊賀地方で細々と生息するのみで、絶滅寸前であることは悲しい。
2011.08.16.Nagano Pref.
タテハチョウ科ウラギンスジヒョウモン Argyronome laodice japonica

f0161823_9295497.jpg
f0161823_930192.jpg
f0161823_930819.jpg
f0161823_9301899.jpg
f0161823_9302525.jpg

by memobird | 2011-08-25 09:30 | タテハチョウ科 | Comments(0)

コエゾゼミ Tibicen bihamatus

北海道、本州、四国、屋久島の亜高山帯のブナ林に棲む。ギーギーと連続した特異な声で鳴く。
2011.08.15.Nagano Pref.
セミ科コエゾゼミ Tibicen bihamatus

f0161823_1546587.jpg
f0161823_1546184.jpg
f0161823_15462357.jpg

by memobird | 2011-08-24 05:46 | セミ科 | Comments(0)

エゾゼミ Tibicen japonicus

日本全土に分布し、生息地の標高は同属中、最も低くて西南日本では標高700mあたりから見られる。好んでマツ、スギなどの針葉樹林に住む。
2011.08.14.Nagano Pref.
セミ科エゾゼミ Tibicen japonicus

f0161823_15293770.jpg
f0161823_15294774.jpg
f0161823_15295615.jpg

by memobird | 2011-08-23 15:29 | セミ科 | Comments(0)
日本全土に分布し、成虫はノリウツギの花を好む。前胸背は黒色の個体もいる。幼虫のhost は、エゾマツ、トドマツ、ハンノキ、クヌギの枯れ樹。
2011.08.15.Nagano Pref.
カミキリムシ科アカハナカミキリ Corymbia succedaenea

f0161823_1147619.jpg
f0161823_11471719.jpg
f0161823_11473281.jpg

by memobird | 2011-08-22 11:47 | カミキリムシ科 | Comments(0)