身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2011年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

日本全土に分布し、裸地に近い低草地に多い。大きさは性差が著しい。前胸背板は、クルマバッタのよーにアーチ状に盛り上がらず、背面の白線が、よりはっきりX字状に見えることが多い。稀に緑色型が出現する。
2011.09.29.Mie Pref.
バッタ科クルマバッタモドキ Oedaleus infernalis

f0161823_513548.jpg
f0161823_5132199.jpg
f0161823_5133219.jpg
f0161823_5134334.jpg
f0161823_5135753.jpg
f0161823_514926.jpg
f0161823_5141860.jpg

by memobird | 2011-09-30 05:14 | バッタ科 | Comments(0)
日本全土の山地に分布する。銅色光沢を帯びた暗褐色で、前胸背側角は、とげ状に鋭く突き出る。ヨモギ、フキ、アザミ類、クマイチゴ、モミジイチゴ、ウド、タラノキなどがhost.
2011.09.18.Hirosima Pref.
カメムシ科トゲカメムシ Calbula humerigera

f0161823_6483515.jpg
f0161823_6484623.jpg

by memobird | 2011-09-29 06:48 | カメムシ科 | Comments(0)
青森県を含む本州、四国、九州、南西諸島に広く分布する。食樹は、アワブキ、ヤマビワ、ミヤマハハソなどのアワブキ科。幼虫は葉を巻いて隠れているが、巣には窓がある。年2化、蛹越冬。
2010.09.21.Gifu Pref.
セセリチョウ科アオバセセリ Choaspes benjaminii japonica

f0161823_564997.jpg
f0161823_57054.jpg
f0161823_571516.jpg
f0161823_572689.jpg
f0161823_574273.jpg

by memobird | 2011-09-28 05:07 | セセリチョウ科 | Comments(0)

ムシヒキアブの一種

ムシヒキアブ科の昆虫は識別が難しいです。現在、同定中・・・・・
2010.09.21.Mie Pref.

f0161823_20363810.jpg
f0161823_20365043.jpg
f0161823_20365316.jpg
f0161823_2037457.jpg

by memobird | 2011-09-27 20:37 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
本州、四国、九州、対馬、屋久島の大樹のうっそうとした森林を好んで生息し、近畿周辺に多い。年2化で、6~7月と、9~10月に出現。カエデ、アセビ、ツバキ、カシ、ヤマモモ、オガタマノキなど多種の樹を host とする。
2009.09.10.Aichi Pref.
ハマキガ科ハマキガ亜科ビロードハマキ Cerace xanthocosma

f0161823_9203872.jpg
f0161823_9205150.jpg

by memobird | 2011-09-26 08:20 | ハマキガ科 | Comments(0)
北海道、本州の日本海側の山地の茂みに生息する。ヒメギスに似るが翅が短く、先端が丸い。成虫は、8月頃より出現する。
2011.09.23.Mt.Ibuki, Siga Pref.
キリギリス科イブキヒメギス Eobiana japonica

f0161823_20213891.jpg
f0161823_20214796.jpg
f0161823_20215812.jpg
f0161823_2022846.jpg
f0161823_20222254.jpg

by memobird | 2011-09-25 20:22 | キリギリス科 | Comments(0)
本州、四国、九州、隠岐、五島列島の平野から山地の湿地、水田に棲む。水際の斜面に小さな横穴を掘って産卵する。穴の中で孵化したオタマjジャクシは、雨水と一緒に流れ出て、安全な水辺に移動する。木に登ることは少なく、体に黄色い斑紋のある個体もいる。モリアオガエルのよーな虹彩の赤味はない。
2011.09.19.Hirosima Pref.
アオガエル科シュレーゲルアオガエル Phacophorus schlegelii

f0161823_672391.jpg
f0161823_673282.jpg
f0161823_674216.jpg

by memobird | 2011-09-24 06:07 | アオガエル科 | Comments(0)
近畿以西の本州、四国、九州に分布する。東日本に住むアズマヒキガエルとは亜種の関係にある。体の色は個体ごとに様々。繁殖は、10月から翌年5月まで。
2011.09.18.Hirosima Pref.
ヒキガエル科ニホンヒキガエル Bufo japonicus japonicus

f0161823_20171186.jpg
f0161823_20172016.jpg
f0161823_20173173.jpg
f0161823_20174113.jpg

by memobird | 2011-09-23 20:17 | ヒキガエル科 | Comments(0)

タゴガエル Rana tagoi tagoi

本州、四国、九州の山地の渓流付近に生息する。伏流水(地表下の水流)の中で産卵するので生態の分からないことが多い。背中は黄土色から赤褐色まで様々。岩の下や地下で、グゥッグゥッゲッゲッと低い声で鳴く。
2011.09.18.Hirosima Pref.
アカガエル科タゴガエル Rana tagoi tagoi

f0161823_18583719.jpg
f0161823_18584668.jpg
f0161823_18585420.jpg
f0161823_1859356.jpg

by memobird | 2011-09-22 18:59 | アカガエル科 | Comments(0)
本州~奄美大島まで分布し、山間部の樹上で生活する。緑色型と褐色型がある。後翅が長く、前翅よりも後ろにはみ出し、その両側が尖る。成虫の出現期は、9~11月。お教えくださいましたNawshicaさんに感謝します。
2011.08.18.Hirosima Pref.
ヒメカマキリ科ヒメカマキリ Acromantis japonica

f0161823_1611065.jpg
f0161823_16111570.jpg
f0161823_16112765.jpg
f0161823_16113923.jpg

by memobird | 2011-09-21 16:11 | ヒメカマキリ科 | Comments(0)