身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

日本全土に分布し、3~8月に出現する。胸背は光沢がある青銅色。よく似た種が多いので識別は難しい。とりあえず・・・・
2011.07.19.Nagano Pref.
ハナアブ科ナミホシヒラタアブ Metasyrphus nitenz?

f0161823_16294659.jpg
f0161823_16295825.jpg
f0161823_16301057.jpg

by memobird | 2011-12-28 16:30 | ハナアブ科 | Comments(0)
日本全土に生息し、成虫は5~8月に出現、クリ、ノリウツギなどの花に好んで集まる。hostは、各種の広葉樹で、コナラ、サクラ、カキノキ、シラカバ、ケヤキ、オオバヤシャブシなど。前胸はやや縦長か、幅とほぼ同長。上翅は先端に向かっていくらか狭まる。中央前方の八の字状黄帯は側縁に届かず、後方の黄帯は幅広い。全面に長立毛を粗成する。
2005.07.29.Gifu Pref.
カミキリムシ科キスジトラカミキリ Crytoclytus caproides

f0161823_7104525.jpg
f0161823_7105418.jpg
f0161823_711119.jpg

by memobird | 2011-12-27 07:11 | カミキリムシ科 | Comments(0)
奄美大島から与那国島まで分布する。雌成虫は翅が退化して飛べないが、広域に分布するワケとして、若齢幼虫期に風に乗って空中を浮遊することが知られている。雄は昼間、活発に飛ぶ。幼虫は脇に2束の白い毛があるのが特徴。
2005.01.03.Isigakijima, Okinawa Pref.
ドクガ科コシロモンドクガ Origyia postica

f0161823_5192449.jpg
f0161823_5194299.jpg
f0161823_5195254.jpg

by memobird | 2011-12-26 05:06 | ドクガ科 | Comments(0)
日本全土に分布する水生半翅類で、背を下にして泳ぐので、英名:Backswimmer!素早い動作でオタマジャクシ、小魚を捕獲し、口針を刺して体液」を吸う。後脚が特に発達している。
2010.06.17.Siga Pref.
マツモムシ科マツモムシ Notonecta triguttata

f0161823_7194416.jpg
f0161823_7195630.jpg

by memobird | 2011-12-25 06:02 | マツモムシ科 | Comments(0)
日本全土に分布し、日の当たる木の葉の上を飛び回る。腹部の白黒模様が鮮明、胸背は腹部より幅広い。
2010.06.17.Siga Pref.
ヤドリバエ科シロオビハリバエ Trigonospila ludio ?
(アシナガヤドリバエ科シロオビハリバエ Succingulum transvittatum ?)

f0161823_6562846.jpg
f0161823_6564823.jpg
f0161823_6565796.jpg

by memobird | 2011-12-24 06:56 | ヤドリバエ科 | Comments(0)
日本全土に分布し、夏から秋にかけて多数出現する。特に秋、花上でよく見られる。翅を折りたたんで静止し、背中に丸味がある。胸背は深緑色で多数の点刻があり前翅の先が曇る。口器は長く、複眼の縞模様が特徴的。
2011.12.15.Mie Pref.
クロバエ科ツマグロキンバエ Stmorhina obsoleta

f0161823_538524.jpg
f0161823_539392.jpg
f0161823_5391255.jpg
f0161823_5392140.jpg
f0161823_5393023.jpg

by memobird | 2011-12-22 05:39 | クロバエ科 | Comments(0)
アカモズの亜種で、1970年鹿児島県で繁殖するのが確認され、その後熊本県での繁殖も度々確認された。東南アジアで越冬するが、南西諸島で越冬する個体もいる。上面が灰褐色であるのが特徴。
2006.01.01.Iriomotejima, Okinawa Pref.
モズ科シマアカモズ Lanius cristatus lucionensis

f0161823_5552264.jpg
f0161823_555457.jpg
f0161823_555541.jpg
f0161823_556584.jpg

by memobird | 2011-12-21 05:56 | モズ科 | Comments(0)
シベリアで繁殖し、ニューギニア、オーストラリアで越冬する。日本には数少ない旅鳥として農耕地、草地で見られ、ハチ、アブなどの昆虫類を好んで捕食する。チュウシャクシギも嘴の短い幼鳥がいるので識別に注意!
2004.04.29.Mie Pref.
シギ科コシャクシギ Numenius minutus, Little Curlew

f0161823_17361458.jpg
f0161823_17362881.jpg
f0161823_17363595.jpg
f0161823_17364835.jpg
f0161823_17365519.jpg
f0161823_1737454.jpg

by memobird | 2011-12-20 17:37 | シギ科Numenius属 | Comments(0)
本州から西表島まで生息する。地方により体色の変化が大きい。キアシナガバチとの識別は悩ましいが、前伸腹節の縦斑と第一腹背板後の帯紋は常に鮮黄色。与太郎さんは「前胸背板が黄色ではなく、褐色味を帯びてるのでヤマトアシナガバチであろう」とお教えくださいました。厚く御礼申し上げます。
2002.11.23.Irabujima, OKinawa Pref.
スズメバチ科ヤマトアシナガバチ Polistes japonicus

f0161823_1183914.jpg
f0161823_1185230.jpg

by memobird | 2011-12-17 11:19 | スズメバチ科 | Comments(0)
ユーラシア大陸北部沿岸で繁殖、アフリカ北部、インド、東南アジアで越冬、本州中部以南で越冬する個体もいる。幼羽は、背、肩羽、雨覆、三列風切に黒いサブターミナルバンドが見られる。
2005.09.20.Mie Pref.
シギ科オジロトウネン Calidris temminckii

f0161823_17375469.jpg
f0161823_17381343.jpg
f0161823_17382936.jpg
f0161823_17384441.jpg
f0161823_1739010.jpg

by memobird | 2011-12-16 17:18 | シギ科Calidris属 | Comments(0)