身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2012年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

本亜種は、宮古島、伊良部島、下地島、来間島、池間島、多良間島などの宮古諸島に生息する。コウシュンウマノスズクサの茎で蛹を見つけたが、他の亜種に比し、特徴的な差はない。
2011.12.29.Irabujima,Okinawa Pref.
アゲハチョウ科ジャコウアゲハ宮古島亜種 Atrophaneura alcinous miyakoensis

f0161823_16294617.jpg
f0161823_1630526.jpg
f0161823_16302188.jpg
f0161823_16303637.jpg

by memobird | 2012-01-30 14:26 | アゲハチョウ科 | Comments(0)
東南アジア原産で、1919年、初めて八重山諸島で確認された。その後、南西諸島に広く侵入し、農業害虫となっている。幼虫は、ニガウリ、スイカ、キュウリ、トマト、ピーマン、パパイア、マンゴウを食害する。
2010.12.28.Ishigakijima, Okinawa Pref.
ミバエ科ウリミバエ Bactrocera cucurbitae

f0161823_1755450.jpg

f0161823_1791454.jpg

by memobird | 2012-01-29 17:05 | ミバエ科 | Comments(0)
アサギマダラの訪花植物は、多種あるが、今回、タブノキの花の吸蜜を初めて観察した。クスノキ科植物の吸蜜例は少ないと思われる。
2012.01.08.Irabujima, Okinawa Pref.
マダラチョウ科アサギマダラ Prantica sita
クスノキ科タブノキ Machilus thunbergii

f0161823_10495140.jpg
f0161823_10501215.jpg
f0161823_10502985.jpg

by memobird | 2012-01-28 08:50 | マダラチョウ科 | Comments(0)
本州~南西諸島に生息する。体型はウリミバエに似ている。胸背の三本の縦筋が目立つ。幼虫は、カラスウリの雄花、ウリ科植物に寄生するタマバエ類のゴールを食す。近年、南西諸島でキュウリを食害することが確認された。成虫は枯れ葉の中で越冬する。今回、厳寒期の我が家の壁に静止してるのを見つけた。同定して下さいましたgandalfさんに感謝します。
2012.01.14.Mie Pref.
ミバエ科ミスジミバエ Bactrocera suctellata
f0161823_20281773.jpg
f0161823_2028274.jpg
f0161823_20283614.jpg
f0161823_20284535.jpg

by memobird | 2012-01-27 20:28 | ミバエ科 | Comments(0)
奄美諸島から八重山諸島まで分布し、すぐ飛ぶので撮影はこれ一枚。前胸背側角の棘は黒くて長く鋭い。昼間活動し草むらで見られる。
2012.01.08.Irabujima, Okinawa Pref.
サシガメ科キベリヒゲナガサシガメ Euagoras plagiatus

f0161823_5405942.jpg

by memobird | 2012-01-25 05:40 | サシガメ科 | Comments(0)
八重山諸島では留鳥であるが、最近、宮古島、伊良部島でも繁殖が確認されている。石垣島バンナの森を歩いていると、林縁でバッタを探してる幼鳥に時々出会う。かなり近づいても逃げないので望遠レンズの必要はない。
2012.01.01.Ishigakijima, Okinawa Pref.
サギ科ズグロミゾゴイ Gorsachius melanolophus, Malaysian Night Heron

f0161823_711747.jpg
f0161823_7112077.jpg
f0161823_7113263.jpg
f0161823_7114248.jpg

by memobird | 2012-01-23 07:11 | サギ科 | Comments(0)
南西諸島に分布し、沖縄島では、公園や庭先で見られる普通種。八重山地方では、林内の薄暗い下草に生息する。タイワンハネナガイナゴとの識別に悩んだが、頭が小さく、複眼が大きく見えるので本種と考えた?お詳しい方、お教えくださいませ。
バッタ科イナゴ属コイナゴ Oxya hyla intericata ?

f0161823_5291331.jpg
f0161823_5292487.jpg
f0161823_5293410.jpg

by memobird | 2012-01-22 05:29 | バッタ科 | Comments(0)
北海道から西表島まで分布。琉球列島産は別亜種に分類され、ヤマトアシナガバチとの識別が難しい個体がいる。セグロアシナガバチとの識別も悩ましいが八重山では個体数が少ないとのこと。お教え下さいました与太郎さんに感謝します。
2012.01.01.Ishigakijima, Okinawa Pref.
スズメバチ科キアシナガバチ Polistes rothneyi

f0161823_5135753.jpg
f0161823_5141833.jpg

by memobird | 2012-01-21 03:11 | スズメバチ科 | Comments(0)
関東地方以西で越冬できる。越冬態は幼虫と成虫が可能。ヨモギ、ハハコグサを食して越冬する。
2012.01.17.Mie Pref.
タテハチョウ科ヒメアカタテハ Cynthia cardui
f0161823_172722100.jpg
f0161823_17273679.jpg
f0161823_17274913.jpg
f0161823_1728297.jpg
f0161823_1728156.jpg

by memobird | 2012-01-20 17:28 | タテハチョウ科 | Comments(0)
林間、林縁の灌木、草本の上にいて、決して明るい草原には出て来ない。本州では宮城県、新潟県以南に生息。南西諸島では2化性か多化性で発生のピークが不明らしい。
2011.12.31.Ishigaki Pref.
キリギリス科ササキリ属ササキリ Conocephalus melaenus

f0161823_16361063.jpg
f0161823_16362195.jpg
f0161823_16363099.jpg

by memobird | 2012-01-19 16:36 | キリギリス科 | Comments(0)