身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2012年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

アブラボテ Tanakia limbata

濃尾平野以西の本州、四国の瀬戸内海側、九州北部、長崎県壱岐、五島列島福江島に自然分布する。平野部の水のきれいな小川や用水路が主とした生息場所。成魚は単独、または、数個体で棲む。日本産タナゴ類の中で唯一、茶系を基調とした婚姻色で、吻の大きな白い追星が特徴的。
2012.03.11.Lake Biwa Museum, Siga Pref.
コイ科アブラボテ属アブラボテ Tanakia limbata

f0161823_16592996.jpg
f0161823_16593939.jpg
f0161823_16594898.jpg
f0161823_16595745.jpg

2012.03.18.Aquatotto Gigu
f0161823_1751874.jpg

by memobird | 2012-03-31 17:00 | コイ科 | Comments(0)
濃尾平野、琵琶湖淀川水系、高梁川以東の山陽地方、四国北東部に自然分布してるが、三重県の河川でも見られる。カネヒラと同様に、鰓蓋後ろの背側に暗色斑が見られるが、体側後方の線状は青緑色と紅色の二本が並ぶ。尻鰭、腹鰭の縁が白いのが特徴的。マツガサガイ、タテボシ、イシガイなど流水性の貝に産卵する。三重県櫛田川水系では、オバエボシガイに産卵するらしい。
2012.03.11.Lake Biwa Museum,Siga Pref.
コイ科タナゴ属シロヒレタビラ Acheilognathus tabira tabira

f0161823_548166.jpg
f0161823_5481283.jpg
f0161823_5482271.jpg

2012.03.18.Aquatotto Gifu
f0161823_64126.jpg
f0161823_641529.jpg
f0161823_642684.jpg

by memobird | 2012-03-28 05:48 | コイ科 | Comments(0)
琵琶湖淀川水系以西の瀬戸内海側本州、九州北西部が、本来の生息地らしいが、三重県でも伊勢湾水系の河川で普通に見られる。琵琶湖産稚アユの放流にて広がったのか?日本産タナゴ類中最大。イタセンパラより、やや細長い。エラ蓋の背側の後ろに、三角形の暗青色の斑紋がある。
2012.03.18.aquatotto Gifu
コイ科タナゴ属カネヒラ Acheilognathus rhombeus

f0161823_7175287.jpg
f0161823_718387.jpg
f0161823_7181131.jpg

2012.03.11.Lake Biwa Museum
f0161823_7241574.jpg

by memobird | 2012-03-27 07:18 | コイ科 | Comments(0)
日本産ヒガイ属は、アブラヒガイ、カワヒガイ、ビワヒガイの三種が生息し、よく似てるので識別がややこしい。カワヒガイとビワヒガイは亜種の関係にある。琵琶湖特産種で全域の岸部で見られ、カワヒガイより吻が長く、やや口が大きく、眼が小さく、尾鰭の切れ込みが深い。
2012.03.11.Lake Biwa Museum, Siga Pref.
ビワヒガイ Sarcocheilichthys variegatus microoculus

f0161823_5574422.jpg

f0161823_5265677.jpg

f0161823_558073.jpg
f0161823_5581095.jpg
f0161823_5582334.jpg
f0161823_5583091.jpg

by memobird | 2012-03-26 05:58 | コイ科 | Comments(0)
琵琶湖特産種で、水深10m前後の砂底近くに生息する。三重県の河川でも普通に見られるが、琵琶湖産稚アユの放流に混じて広がったものか?
2012.03.11.Lake Biwa Museum, Siga Pref.
コイ科スゴモロコ Squalidus chankaensis biwae

f0161823_5435985.jpg
f0161823_5441447.jpg
f0161823_5442047.jpg

by memobird | 2012-03-25 05:44 | コイ科 | Comments(0)
琵琶湖、濃尾平野に分布する。濃尾平野では、生息環境が他の水系から孤立した用水路、沼にあるため、河川改修、埋立にて環境が破壊すると復元が難しい。
2012.03.18.Aquatotto Gifu, Gifu Pref.
コイ科デメモロコ Squalidus japonica japonica

f0161823_10241135.jpg
f0161823_10242633.jpg

by memobird | 2012-03-24 07:24 | コイ科 | Comments(0)
淀川以西の本州、四国北部、九州北部の水がきれいで流れの穏やかな河川の中流域や小川に生息する。眼が二対あるよーに見えるので、ヨツメとも呼ばれる。小種名は、カワメバルか?大きな口で、水生昆虫、小魚を捕食する。
2012.03.11.Lake Biwa Museum, Siga Pref.
スズキ科オヤニラミ(ヨツメ) Coreoperca kawamebari

f0161823_682598.jpg
f0161823_683769.jpg
f0161823_684717.jpg

2012.03.18.Aquatotto Gifu, Gifu Pref.
f0161823_6153128.jpg
f0161823_6154326.jpg
f0161823_6155771.jpg

by memobird | 2012-03-22 06:08 | スズキ科 | Comments(0)
琵琶湖特産種で、琵琶湖に流入する河川にはあまり入らないが、流出する瀬田川には見られる。淡水の小魚の中では一番美味しいので漁業の対象となり市場に出回るが、ブラッバスなどの外来魚の侵入にて激減した。タモロコによく似てるが、細長くてスマートに見える。
2011.03.11.Lake Biwa Museum, Siga Pref.
コイ科ホンモロコ(モロコ、ヤナギモロコ) Gnathopogon caerulescens

f0161823_11135646.jpg

f0161823_11164160.jpg
f0161823_11165091.jpg

by memobird | 2012-03-20 11:14 | コイ科 | Comments(0)

ムギツク Pungtungia herzi

福井、滋賀、三重以西の本州、四国(香川、徳島)、九州北部の流れのゆるやかな川のどよみ、淵に生息する。岩の隙間などに潜み、水生昆虫などを食す。口は吻端にあり、口ひげが一対見られる。幼魚のヒレはオレンジ色を帯び、体側の黒い線状と共に観賞価値が高い。
2012.03.11.Lake Biwa Museum, Siga Pref.
コイ科ムギツク属ムギツク(イシコツギ) Pungtungia herzi

f0161823_692291.jpg
f0161823_693124.jpg
f0161823_693980.jpg

by memobird | 2012-03-19 06:09 | コイ科 | Comments(0)

ワタカ Ischikauia steenackeri

琵琶湖淀川水系の固有種であるが、琵琶湖産稚アユの放流に混じて各地に広がっている。河川では流の少ない水路に生息し水草などを食す。婚姻色は目立たず、多少黒っぽくなる程度。小骨が多いが美味しい。
2012.03.11.Lake Biwa Museum, Siga Pref.
コイ科ワタカ(ワタコ、ウマウオ) Ishikauia steenackeri

f0161823_5331441.jpg
f0161823_5332392.jpg
f0161823_5333330.jpg

by memobird | 2012-03-17 05:33 | コイ科 | Comments(0)