身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

本州、四国、九州の山地~低山地の湿地に生息する。体は黒色で、明瞭なオレンジ色の紋を持つ。雄の触角は顕著な櫛状。翅の斑紋や脚の色も個性的で、ベッコウシリアゲに似ている。
2012.05.29.Mie Pref.
ガガンボ科ベッコウガガンボ Dictenidia pictipennis fascata

f0161823_5573750.jpg

f0161823_6055100.jpg

by memobird | 2012-05-30 06:03 | ガガンボ科 | Comments(0)
日本全土の山地に分布。ケヤマハンノキ、ハンノキ、クマシデなどの葉に産卵し、幼虫は群をなす。成虫の体色は、黄褐色~赤褐色で、上翅に10個の黒紋がある。
2012.5.27.Gifu Pref.
ハムシ科トホシハムシ Gonioctena japonica

f0161823_7216.jpg
f0161823_722197.jpg
f0161823_72272.jpg

by memobird | 2012-05-29 06:51 | ハムシ科 | Comments(0)
6月に入ると、ハンノキ林の梢で乱舞するゼフィルスの一種。ハンノキの葉を食して幼虫は育つ。餃子状に丸めた巣の中に、幼虫は潜んでいた。
2012.05.10.Mie Pref.
シジミチョウ科ミドリシジミ Neozephyrus japonicus

f0161823_11444161.jpg
f0161823_11445581.jpg
f0161823_11456100.jpg
f0161823_11451676.jpg
f0161823_11452936.jpg

by memobird | 2012-05-26 11:45 | シジミチョウ科 | Comments(0)
本州、四国、九州に分布する細長い大型カメムシで、鮮緑色の体に褐色の翅を持つ。ネムノキに寄生するが、成虫は、ミカン、カキの果実を吸汁する果実害虫である。
2012.05.17.Mie Pref.
ヘリカメムシ科オオクモヘリカメムシ Anacanthocoris striicornis

f0161823_647692.jpg
f0161823_6465960.jpg
f0161823_6472570.jpg

by memobird | 2012-05-24 06:47 | ヘリカメムシ科 | Comments(0)
千葉県以南の太平洋~インド洋に広く分布する。背ビレの一部がトゲ状に長く伸びること、吻が目の前で大きく窪むこと、背中の大きな黒色域などが特徴的である。
2012.05.02.Okinawa Churaumi Aquarium
チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属セグロチョウチョウウオ Chaetodon ephippium

f0161823_21404926.jpg
f0161823_2141083.jpg

by memobird | 2012-05-22 21:41 | チョウチョウウオ科 | Comments(0)
沖縄本島北部、久米島、渡嘉敷島の固有種で、国指定の天然記念物。常緑広葉樹林帯のやや湿った林床に生息し、雑食性で、昆虫、貝類、ミミズ、樹の芽、葉、果実を食す。動きが遅いので絶滅が心配される。
2012.05.01.OKinawa Pref.
アジアガメ科(イシガメ科)ヤマガメ属リュウキュウヤマガメ Geomyda japonica

f0161823_9272894.jpg
f0161823_9273945.jpg
f0161823_9274938.jpg
f0161823_9275898.jpg
f0161823_928784.jpg

by memobird | 2012-05-19 07:28 | アジアガメ科 | Comments(0)
東アフリカのモザンビーク、タンザニア付近のサバンナ域原産で、世界最大級のカタツムリ。1933年頃、食用として移入されたが、南西諸島では野生化した。
2012.05.01.Okinawa Pref.
アフリカマイマイ科アフリカマイマイ属アフリカマイマイ Achatina fulica

f0161823_10102795.jpg
f0161823_10103870.jpg
f0161823_10104870.jpg
f0161823_10105832.jpg

by memobird | 2012-05-16 07:11 | 陸貝類 | Comments(0)
西部太平洋~インド洋の珊瑚礁、岩礁域に生息するが、日本ではマレで、沖縄でも記録が少ない。モルジブでは普通にみられるらしい。常に単独行動をとり警戒心が強く、すぐ岩陰に隠れる。幼魚は別種と思われるほど、模様・色彩の違いがある。
2012.05.02.Okinawa tyuraumi Aquarium
キンチャクダイ科サザナミヤッコ属アデヤッコ(ブルーフェイスエンゼル)Pomacanthus xanthomotopon

f0161823_1713593.jpg
f0161823_17141939.jpg
f0161823_17143037.jpg
f0161823_17144037.jpg

by memobird | 2012-05-14 07:14 | キンチャクダイ科 | Comments(0)
奄美大島以南の南西諸島に分布し、年中普通に見られる美しいクモ。平地の樹間に大きな垂直円網を張る。大きさ・色彩・模様に多様の変異があるので興味深い。
2012.05.01.Okinawa Pref.
コガネグモ科トゲグモ属チブサトゲグモ Gasteracantha mammosa

f0161823_1651229.jpg
f0161823_16512910.jpg
f0161823_1651399.jpg
f0161823_16514584.jpg
f0161823_16515569.jpg
f0161823_1652239.jpg
f0161823_16521264.jpg

by memobird | 2012-05-13 16:52 | コガネグモ科 | Comments(0)
奄美大島以南の南西諸島の海岸部から山麓部にかけての荒地、畑地、林縁の明るい環境に生息する。晩秋~春先によく見かける。赤いのは後腿の内側。
2012.04.30.Okinawa Pref.
バッタ科アカアシホソバッタ属アカアシホソバッタ Stenocatantops mistschenkoi

f0161823_1775553.jpg
f0161823_177321.jpg
f0161823_1781262.jpg
f0161823_1775186.jpg

by memobird | 2012-05-12 17:08 | バッタ科 | Comments(0)