身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird

<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

本州、四国、九州、トカラ列島に分布。体色は光沢のある黒色で、頭部の突出は大きい。腹部の外縁が、ノコギリの歯状。触角の先端の黄色が目立つ。カラスウリ、スイカ、カボチャ、キュウリなどに寄生する。8月から石の下などで、翌春まで眠る。
2012.06.17.Mie Pref.
ノコギリカメムシ科ノコギリカメムシ Megymenum gracilicorne

f0161823_4573390.jpg
f0161823_4574338.jpg
f0161823_4575433.jpg

by memobird | 2012-06-29 05:57 | ノコギリカメムシ科 | Comments(0)
日本全国に分布し、7~8月に成熟。大きさ、色彩・斑紋が変異に富み、別種に見えるほどである。1.イオウイロ型、2.スジボケ型、3.スジボソ型の3型に大きく分けられる。イオウイロ型は、斑紋が明瞭でないが、体色が、黄色、黄褐色、赤褐色、褐色、黒褐色など様々な個体が見られる。お教えくださいました蜘蛛楽者さんに感謝します。
2012.06.23.Mie Pref.
キシダグモ科イオウイロハシリグモ(イオウイロ型) Dolomedes sulfureus

f0161823_9311445.jpg
f0161823_9315331.jpg

2012.06.17.Mie Pref.
f0161823_933401.jpg

by memobird | 2012-06-28 09:33 | キシダグモ科 | Comments(0)
本州、四国、九州、南西諸島に生息する。頭部が三角形で先が尖る。触角と口吻は短い。寄生植物は、ススキ、サトウキビなどのイネ科植物。
2012.06.26.Mie Pref.
カメムシ科エビイロカメムシ Gonopsis affinis

f0161823_16223113.jpg
f0161823_16224258.jpg
f0161823_16225187.jpg
f0161823_1623149.jpg

by memobird | 2012-06-26 16:23 | カメムシ科 | Comments(0)
本州、四国、九州、南西諸島に生息する。光沢のない黒色で、前胸背の後半が暗赤色。コナラ、クヌギなどの樹上で生活し、鱗翅類の幼虫を捕食する。
2012.06.23.Mie Pref.
サシガメ科クビアカサシガメ Reduvius humeralis

f0161823_20325598.jpg
f0161823_20323270.jpg
f0161823_20331381.jpg

by memobird | 2012-06-24 20:33 | サシガメ科 | Comments(0)
日本全土の明るい草原に生息し、北海道と本州の山地以外では、成虫は、夏と秋の2回出現する。幼虫は全体に深緑色で、小黒点が散りばる。
2011.06.21.Mie Pref.
キリギリス科ツユムシ(幼虫) Phaneroptera falcata

f0161823_204248.jpg
f0161823_20421654.jpg

by memobird | 2012-06-22 20:42 | キリギリス科 | Comments(0)
本州、四国、九州、南西諸島に生息、イネ、サトウキビ、アシなどのイネ科植物に寄生する。オオクロカメムシ、ヒメクロカメムシに似るが、頭部中葉と側葉が同長なので分かりやすい。前胸背の前縁両側の棘状突起は側方に伸び短い。
2012.06.17.Mie Pref.
カメムシ科イネクロカメムシ(クロカメムシ) Scotinophara lurida

f0161823_956524.jpg
f0161823_9564033.jpg
f0161823_9562440.jpg

by memobird | 2012-06-21 09:56 | カメムシ科 | Comments(0)
本種、四国、九州に分布し、葉上で見られることが多い。触覚、肢は細長く、背面は黄色。幼虫は朽木の中でトンネルを作って食べ進み、朽木の中で蛹化する。
2012.06.17.Mie Pref.
クチキムシ科キイロクチキムシ Cteniopinus hypocrita

f0161823_5201046.jpg
f0161823_5201364.jpg
f0161823_5203027.jpg
f0161823_5203380.jpg
f0161823_5205384.jpg

by memobird | 2012-06-20 05:20 | クチキムシ科 | Comments(0)
本州、四国、九州の平地~山地に分布。前胸背は橙赤色で艶があり、中央部は黒い。越冬した成虫は春から出現する。ヘビなどの動物の死体、ゴミに集まる。
2012.06.17.Mie Pref.
シデムシ科ベッコウヒラタシデムシ Calosilpha(Eusilpha, Necrophila) brunnicollis

f0161823_612302.jpg

f0161823_615648.jpg

by memobird | 2012-06-18 05:18 | シデムシ科 | Comments(0)
メスに比し、腹部はスマートであるが、胸部は大きく、脚は太い。触肢が大きく膨らんでるので、成体である。お教えくださいました蜘蛛楽者さんに、感謝します。
2012.06.14.Mie Pref.
コガネグモ科ヤマシロオニグモ Neoscona scylla

f0161823_16202138.jpg
f0161823_1620382.jpg
f0161823_16205415.jpg
f0161823_1621711.jpg

by memobird | 2012-06-15 16:21 | コガネグモ科 | Comments(0)
本州、四国、九州の水辺や湿地に生息し、水面上を走ることもある。成熟期は、6~7月。イオウイロハシリグモのスジボケ型、スジブト型に似ている。腹背の正中条斑の中に、数対の白点が並ぶ。お教えくださいました蜘蛛楽者さんに感謝します。
2012.06.10.Mie Pref.
キシダグモ科スジブトハシリグモ Dolomedes pallitaris

f0161823_16175632.jpg
f0161823_1618567.jpg
f0161823_16181414.jpg
f0161823_16182344.jpg

by memobird | 2012-06-12 16:18 | キシダグモ科 | Comments(0)