身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日本全土の山間部に分布し、針葉樹を食す。背面は非常に強い金属光沢を持ち、体側面と脚も金属光沢を帯びる。頭部は頭楯が台形で、前縁は非常に強く上反し中央が湾入する。前胸背中央は非常に細かい点刻があり、中央部がくぼむ。
2012.07.24.Mie Pref.
コガネムシ科スジコガネ亜科オオスジコガネ Mimela costata

f0161823_215130.jpg
f0161823_2151344.jpg
f0161823_2152575.jpg
f0161823_2153462.jpg

by memobird | 2012-07-31 21:05 | コガネムシ科 | Comments(0)
本州、四国、九州の山地に分布し、カラマツ、シラビソなどをhostにする。電燈にも集まる。体色は黒で、背白色の微毛で覆われる。触角は長い。
2012.07.15.Nagano Pref.
カミキリムシ科シラフヒゲナガカミキリ Monochamus nitens

f0161823_20461178.jpg
f0161823_20462272.jpg
f0161823_20463020.jpg
f0161823_20464095.jpg
f0161823_20464920.jpg

by memobird | 2012-07-22 20:46 | カミキリムシ科 | Comments(0)
地上で絡んでいた個体は、腹背全体が黄色短毛で覆われているので、キンアリスアブと思われるが、アリスアブかも知れない?幼虫は、アリの巣のなかで育つ。本州、四国の山地の森林で見られる。
2012.07.15.Nagano Pref.
ハナアブ科キンアリスアブ Microdon auricomus

f0161823_16572394.jpg
f0161823_16581623.jpg
f0161823_16575094.jpg
f0161823_16584137.jpg
f0161823_16581358.jpg

by memobird | 2012-07-21 16:44 | ハナアブ科 | Comments(0)
日本全国の山地の草むらに生息するが、北海道、東北では、平地でも見られる。光沢のある濃緑色で、細かく黒い点刻を散りばめる。腹面は黄緑色。前胸背側はやや強く突出し、先端は丸味を帯びる。広食性で、マメ科、キク科に寄生する。
2012.07.15.Nagano Pref.
カメムシ科エゾアオカメムシ Palomena angulosa

f0161823_21335489.jpg
f0161823_21343425.jpg
f0161823_21341457.jpg

by memobird | 2012-07-19 21:34 | カメムシ科 | Comments(0)
北海道から南西諸島まで分布し、平地から山地まで普通に見られる。幼虫は、カニクサ、ワラビなどのシダ植物を食す。年2化で、成虫は、5~6月、7~8月に出現する。
2012.06.17.Mie Pref.
ヤガ科ツマキリヨトウ亜科ムラサキツマキリヨトウ Callopistria juventina

f0161823_14123847.jpg
f0161823_1413739.jpg

by memobird | 2012-07-12 14:12 | ヤガ科 | Comments(0)
日本全国に分布する大型テントウムシ。成虫、幼虫ともクルミハムシ、ヤナギハムシ、ドロノキハムシの幼虫を捕食する。成虫で集団越冬。
2012.06.17.Mie Pref.
テントウムシ科カメノコテントウ Aiolocaria hexaspilota

f0161823_14363934.jpg
f0161823_1437745.jpg

by memobird | 2012-07-11 14:31 | テントウムシ科 | Comments(0)
本州、四国、九州に分布し、樹上や草むらに多い。ルリハムシ、ヨモギハムシ、ナナホシテントウなどの甲虫、鱗翅類などの小さな昆虫を捕食する。光沢のある黒の地に黄白色の斑紋がある。各腿節の白色環状紋3個ずつが特徴的。
2012.07.10.MIe Pref.
サシガメ科シマサシガメ Sphedanolestes impressicollis

f0161823_21211834.jpg
f0161823_21212856.jpg

by memobird | 2012-07-10 21:21 | サシガメ科 | Comments(0)

ムサシトミヨ Pungitius sp.

東京都と埼玉県に生息していたが、東京都では絶滅した。湧水にある小川に生息し、熊谷市の元荒川上流では大切に保護されている。まだ種としては認められていないので学名はない。キタトミヨの亜種とされる場合もある。
2012.03.11.Lake Biwa Museum, Siga Pref.
トゲウオ科トミヨ属ムサシトミヨ Pungitius sp.

f0161823_21395652.jpg
f0161823_2140739.jpg
f0161823_21401550.jpg

by memobird | 2012-07-07 21:40 | トゲウオ科 | Comments(0)
喜界島、沖永良部島、与論島をのぞく奄美諸島、伊是名島、粟国島をのぞく沖縄諸島に分布。毒はマムシよりも相当に弱いが、大型のため咬みつく際の射程距離が長い、注入する毒の量が多い、毒牙が長大で深く刺さりやすいこ、感覚が敏感で運動能力にすぐれているので、キケン性は大きい。
2012.05.04.OKinawa Pref.
クサリヘビ科ハブ(ホンハブ) Protobothrops flavoviridis

f0161823_1022414.jpg
f0161823_1023992.jpg
f0161823_102505.jpg
f0161823_1025826.jpg
f0161823_103990.jpg

by memobird | 2012-07-05 06:03 | クサリヘビ科 | Comments(0)
日本全国の河川の中~下流域、河口の汽水域の礫底に生息する。1972年、新亜種としてチチブから分類された。
2012.03.11.Lake Biwa Museum,Siga Pref.
ハゼ科ヌマチチブ Tridentiger kuroiwae brevispinis

f0161823_1141526.jpg
f0161823_1141255.jpg
f0161823_114141100.jpg

by memobird | 2012-07-04 07:41 | ハゼ科 | Comments(0)