身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日本全土に分布する。触角はカミキリムシと思えないほど短く、大あごは、クワガタムシを思わせる。アカマツ、カラマツ、ヒノキなどの針葉樹の枯れ木の根で幼虫は育つ。成虫は電話線のケーブルの中の鉛をかじり荒らすことがある。電燈にも飛来する。
2012.08.15.Nagano Pref.
カミキリムシ科クロカミキリ属クロカミキリ Spondylis buprestoides

f0161823_20504728.jpg
f0161823_20505658.jpg
f0161823_2051529.jpg

by memobird | 2012-08-28 20:51 | カミキリムシ科 | Comments(0)
本州、四国、九州の山間森林内、周辺の池、湿地などに生息する。冬、産卵してから再び水底で越冬する。鼓膜のある黒色部分から伸びる背側線粒上隆条が左右に近づくよーに曲がるので、直線的なニホンアカガエルと識別できる。
2012.08.14.Nagano Pref.
アカガエル科アカガエル属ヤマアカガル Rama omativentris

f0161823_17281996.jpg
f0161823_17283978.jpg
f0161823_17285226.jpg
f0161823_1729422.jpg

by memobird | 2012-08-27 17:29 | アカガエル科 | Comments(0)
北海道、本州に分布し、イケマ、ガガイモなどのガガイモ科植物に寄生する。イケマの葉上で幼虫群を見つけたが、今回は成虫も確認できた。
2012.08.16.Nagano Pref.
ナガカメムシ科ジュウジナガカメムシ Tropidothorax cruciger

f0161823_12483488.jpg
f0161823_12484156.jpg
f0161823_12485297.jpg
f0161823_12485869.jpg

f0161823_17184494.jpg

by memobird | 2012-08-26 12:49 | ナガカメムシ科 | Comments(0)
北海道、中部地方以北の本州に分布する。年一回、7月中旬~8月に出現し成虫越冬。翅型はヒオドシチョウに似てるが、翅表の白斑が目立つ。食樹は、ハルニレ、ダケカンバ、シラカンバ、ウダイカンバばど。
2012.08.12.Gifu Pref.
タテハチョウ科エルタテハ Nymphalis vaualbum samurai

f0161823_2027356.jpg
f0161823_20274740.jpg
f0161823_20275851.jpg
f0161823_2028727.jpg
f0161823_20281759.jpg

2012.07.17.Nagano Pref.
f0161823_217233.jpg

by memobird | 2012-08-25 20:28 | タテハチョウ科 | Comments(0)
本州、四国、九州のイワレンゲ、ツメレンゲの生える環境に生息する。成虫は、食草付近を離れることはない。雌雄差はみられない。
2012.08.14.Nagano Pref.
シジミチョウ科クロツバメシジミ Tongeia fischeri

f0161823_1647492.jpg
f0161823_1648675.jpg
f0161823_16481993.jpg
f0161823_16483233.jpg
f0161823_164844100.jpg

by memobird | 2012-08-22 16:48 | シジミチョウ科 | Comments(0)
新潟・福島以西の本州、四国、九州の森林に囲まれた池に生息する。翅の基部が橙色で、全身まっ赤、側胸に太い黒条がある。
2012.08.12.Nagano Pref.
トンボ科アカネ属ネキトンボ Sympetrum speciosum speciosum

f0161823_1124219.jpg
f0161823_11241733.jpg
f0161823_11243083.jpg
f0161823_1128370.jpg

by memobird | 2012-08-18 06:24 | トンボ科 | Comments(0)
パプアニューギニア西部のフォーゲルコップ半島のアヤマル湖近辺に生息する。体の後半部が橙色。発情期や興奮時には、黒い縞模様が見られる。
2012.07.17.Tateshina Amusement Aquarium, Nagano Pref.
メラノタエニア科メラノタエニア属ハーフオレンジ・レインボー Melanotaenia boesemani

f0161823_20335421.jpg
f0161823_2034626.jpg
f0161823_20341375.jpg

by memobird | 2012-08-09 20:34 | メラノタエニア科 | Comments(0)
北海道、本州、四国の山地で、比較的よく見られる。翅をV字型に開いて止まるので、ムシヒキアブに見えない。前胸背の金毛が特徴的。雌雄差は、交尾画像を参照していただきたい。
2012.07.17.Nagano Pref.
ムシヒキアブ科イシアブ亜科コムライシアブ Choerades komurai

f0161823_9163998.jpg
f0161823_9165587.jpg
f0161823_9171012.jpg
f0161823_9172527.jpg

by memobird | 2012-08-06 06:14 | ムシヒキアブ科 | Comments(0)
関東北部山地から中部山岳までの本州にのみ生息する。年1回、6月下旬~7月に見られる。4齢幼虫で越冬。食餌植物は、クガイソウ、コシオガマ、ママコナ、ヒキヨモギ、オオバコなどの草本。雌雄よく似てるが、メスはやや大きく、腹部は著しく肥大する。
2012.07.16.Nagano Pref.
タテハチョウ科コヒョウモンモドキ Mellicta britomartis niphona

f0161823_13495146.jpg
f0161823_13503994.jpg
f0161823_13501599.jpg
f0161823_135138.jpg
f0161823_135038100.jpg
f0161823_1351251.jpg

by memobird | 2012-08-05 13:42 | タテハチョウ科 | Comments(0)
東南アジア原産の淡水魚で、湿地や泥地を抜ける流れのゆるやかな河川に生息する。体色により、様々な呼び名がつけられている。成魚は魚食性、若魚は昆虫類を食す。
2012.02.19.Toba Aquarium, Mie Pref.
アロワナ科スクレロパゲス属アジアアロワナ Scleropages formosus

f0161823_20312393.jpg
f0161823_20313242.jpg
f0161823_2031401.jpg

by memobird | 2012-08-03 20:31 | アロワナ科 | Comments(0)