身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

太平洋は静岡県、日本海は富山県以南の南日本、東南アジア、インド洋、中部太平洋の沿岸の岩礁、サンゴ礁に分布する。特に南西諸島に多く生息し、沖縄では食用魚、釣り魚として人気がある。白身で刺身、塩焼が美味しい。体側に4本の青い筋が走る。
2012.11.23.Hutami Sea Paradise, Mie Pref.
フエダイ科フエダイ属ヨスジフエダイ Lutjanus kasmira

f0161823_16403762.jpg
f0161823_16405631.jpg
f0161823_16411025.jpg

by memobird | 2012-11-26 13:41 | フエダイ科 | Comments(0)
琉球列島、フィリピン、インドネシア、ニューギニア、ソロモン諸島の浅いサンゴ礁の海に生息する。尾柄部と尾鰭の黄色が目立つ。性格は強いが、丈夫で美しく、飼育しやすいので観賞魚として人気がある。
2012.11.22.Toba Aquarium
スズメダイ科ルリスズメダイ属シリキルリスズメダイ Chrysiptera parasema

f0161823_792822.jpg
f0161823_794011.jpg
f0161823_794780.jpg
f0161823_795877.jpg

by memobird | 2012-11-25 07:09 | スズメダイ科 | Comments(0)
北海道(西南部)から南西諸島まで、日本全土に分布する。奄美大島以南の個体群は、日本本土亜種に比し大型で翅表の橙赤色斑が発達する。成虫は年中見られるが、春と台風通過約1ケ月後に増える。台風後に増えるのは、食樹のクワノハエノキが新しく新芽を吹き産卵をうながすため。
2012.05.04.Okinawa Pref.
テングチョウ科テングチョウ南西諸島亜種 Libythea celtis amamiana

f0161823_1672591.jpg
f0161823_1673112.jpg
f0161823_1674495.jpg

by memobird | 2012-11-18 16:07 | テングチョウ科 | Comments(0)
奄美大島以南の南西諸島に分布し、成虫は、オキナワスズメウリなど野生のウリ科の葉を好んで食べる。栽培のウリ類ではあまり見かけない。生息する島によって、背中の黒い斑紋の数が違う。ウリハムシより寒さに弱く、出現期は5~10月。
2012.05.04.Okinawa Pref.
ハムシ科ウリハムシ属フタイロウリハムシ Aulacophora bicolor

f0161823_16494027.jpg
f0161823_16494661.jpg
f0161823_165007.jpg

by memobird | 2012-11-17 16:50 | ハムシ科 | Comments(0)
本種とコアシナガバチの識別は悩ましいが、腹部4、5節における黄褐色斑紋が、本種は帯状、コアシナガバチは紋状である。お教え下さいました、与太郎さんに感謝します。
2012.10.21.Nagano Pref.
スズメバチ科キボシアシナガバチ Polistes mandarinus

f0161823_9522440.jpg
f0161823_9524395.jpg
f0161823_953160.jpg
f0161823_9531731.jpg

※画像は、コアシナガバチで、腹部4、5節の黄色斑紋が紋状である。
2011.08.18.Nagano Pref.

f0161823_10443861.jpg

by memobird | 2012-11-12 07:40 | スズメバチ科 | Comments(0)
ジャングル日記 投稿者:gandalf 投稿日:2012/11/10(Sat) 21:18 No.49757 ホームページ

先日自宅ジャングルで出会いました。

いつもは開翅してないので、最初は何だかわかりませんでした。
f0161823_5595496.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
Re: ジャングル日記 - gandalf 2012/11/10(Sat) 21:19 No.49758 ホームページ
これならわかるかな?
f0161823_601873.jpg

Re: ジャングル日記 - gandalf 2012/11/10(Sat) 21:20 No.49759 ホームページ
これでわかりますよね?
f0161823_604158.jpg

Re: ジャングル日記 - 鳥平 2012/11/10(Sat) 21:42 No.49762

 アケビコノハかな???

Re: ジャングル日記 - gandalf 2012/11/10(Sat) 21:46 No.49764 ホームページ
閉じるとこうなりました。
f0161823_611447.jpg

Re: ジャングル日記 - 鳥平 2012/11/11(Sun) 07:27 No.49766

 アケビコノハ、納得!
Re: ジャングル日記 - gandalf 2012/11/11(Sun) 08:05 No.49768 ホームページ
おはようございます。

アケビコノハは、こんなんですよ。
f0161823_613871.jpg

Re: ジャングル日記 - 鳥平 2012/11/11(Sun) 11:19 No.49769
 
 gandalfさん、みなさん、こんにちは。よく降りますネ。
 失礼しました。エグリバの仲間には間違いがないので、アカエグリバかな??
by memobird | 2012-11-11 11:19 | ヤガ科 | Comments(0)
琵琶湖固有種。琵琶湖内の個体は季節的に回遊し、7月頃、産卵のため湖岸に集まる。流入河川で一生を過ごす集団もいるらしい。繁殖期に、オスのヒレが長くなるのが特徴的。
2012.09.13.Biwa Lake Museum, Siga Pref.
ハゼ科ビワヨシノボリ Rhinogobius sp.BW(Biwa Lake type)

f0161823_10301667.jpg
f0161823_10303251.jpg
f0161823_1030444.jpg

by memobird | 2012-11-09 07:30 | ハゼ科 | Comments(0)
青森県~神奈川県の太平洋側に不連続に分布する。平野部の湖沼や池、河川の流れのゆるやかな中~下流に生息、藻類や小さい動物を食べる。タナゴ類の中で最も体高が低い。一対の口ヒゲはごく短い。
2012.09.13.Biwako Museum, Siga Pref.
コイ科タナゴ(マタナゴ) Acheilognathus melanogaster

f0161823_205113100.jpg
f0161823_2051749.jpg
f0161823_20513327.jpg

by memobird | 2012-11-07 20:51 | コイ科 | Comments(0)
関東以北のため池に分布したが関東地方では絶滅した。現在では、秋田県、山形県、新潟県で確認されている。ヒシやジュンサイが水面を覆い、水が緑がかった泥深い水域に生息する。コイやフナに混じて放流されたモツゴが侵入すると姿を消すので注意を要する。ウシモツゴは本種の亜種。
2012.09.13.Biwako Museum,Siga Pref.
コイ科シナイモツゴ Pseudorasbora pumila pimila

f0161823_17364582.jpg
f0161823_1737346.jpg
f0161823_17372331.jpg

by memobird | 2012-11-05 17:37 | コイ科 | Comments(0)
世界中の熱帯、亜熱帯、温帯(緯度30度以内)の海の表層域に生息する世界最大の軟骨魚類、世界最大級の魚である。全長15mほどになり、体の割には体高が低く扁平。大きな口とかわいい眼が特徴的。主として、プランクトンを捕食している。
2012.05.02.Okinawa Churaumi Aquarium,Okinawa Pref.
ジンベエザメ科ジンベエザメ属ジンベエザメ Rhincodon typus

f0161823_6101441.jpg
f0161823_6104353.jpg
f0161823_6103437.jpg
f0161823_6111272.jpg
f0161823_61136.jpg
f0161823_611303.jpg
f0161823_6112416.jpg

by memobird | 2012-11-01 06:11 | ジンベイザメ科 | Comments(0)