身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー

<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

オオイワイグアナ Cyclura nubila のケイマン亜種で、カリブ海ケイマン諸島のリトルケイマン島、ケイマンブラック島のみに生息する国際保護動物。岩礁海岸や石灰岩の岩場に棲むが、森林や民家周辺にもいる。草食で果物などを食し、昼行性。
2013.01.31.Higashiyama Zoo, Nagoya City
イグアナ科イワイグアナ属ケイマンイワイグアナ(リトルケイマンイワイグアナ) Cyclura nubila caymanensis

f0161823_2112539.jpg
f0161823_21121646.jpg
f0161823_2112276.jpg

by memobird | 2013-02-22 21:12 | イグアナ科 | Comments(0)
オースラトリア中部~東部に生息する代表的なアガマ科のトカゲ。森林から砂漠地帯にかけて様々な環境に分布する。半樹上棲、昼行性で、キケンを感じると喉の皮膚を拡げて威嚇する。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
アガマ科アゴヒゲトカゲ属フトアゴヒゲトカゲ Pogona vitticeps

f0161823_20584100.jpg
f0161823_20581594.jpg
f0161823_20582433.jpg
f0161823_20583317.jpg

by memobird | 2013-02-20 20:58 | アガマ科 | Comments(0)
南アフリカの低地の草原に横穴を掘って棲む。日光浴を好む。動きは素早く、危険を感じるとすぐ巣穴に逃げる。最大全長40cmで、ヨロイトカゲ科最大種。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
ヨロイトカゲ科ヨロイトカゲ属オオヨロイトカゲ Gordylus giganteus

f0161823_2131311.jpg
f0161823_21314154.jpg

f0161823_21342836.jpg

f0161823_2131502.jpg

by memobird | 2013-02-19 21:31 | ヨロイトカゲ科 | Comments(0)

カバタテハ Ariadne ariadne

1980年代から、八重山諸島で繁殖したが、定着は定かでない。時に大発生するが、見られない年ある。1989年、多良間島で多数の記録を見た。食草は、トウダイグサ科のヒマ。
2013.02.07.Kashihara City Museum of Insect, Nara Pref.
タテハチョウ科カバタテハ Ariadne ariadne

f0161823_7114391.jpg
f0161823_7115462.jpg
f0161823_712533.jpg
f0161823_7121694.jpg

by memobird | 2013-02-18 07:12 | タテハチョウ科 | Comments(0)
沖縄諸島、八重山諸島に分布する。幼虫は、クワ科ガジュマルを食し、時に大発生してガジュマルが丸坊主になる。成虫オスは、前翅の大部分と後翅の翅頂部が透明、昼間に飛翔する。一方、メスは前後翅とも淡黄色の鱗粉で覆われ別種に見え、夜間灯火に飛来する。画像を見て本種の蛹であることをお教え下さいましたついあびさんに感謝します。
2012.05.11.Okinawahontou, Okinawa Pref.
ドクガ科スキバドクガ(蛹) Perina nuda

f0161823_52284.jpg
f0161823_5241100.jpg
f0161823_525381.jpg

by memobird | 2013-02-17 06:03 | ドクガ科 | Comments(0)
日本海側では青森県以南、太平洋側では千葉県以南の黒潮の影響が少ない岩礁域に生息する。南西諸島には分布しない。眼の下を通過する暗色線は直線的で、エラの中央で終わるが、アカササノハベラは、湾曲して胸ビレの根元まで達する。
2013.02.10.Toba Aquarium, Mie Pref.
ベラ科ササノハベラ属ホシササノハベラ Pseudolabrus sieboldi

f0161823_647843.jpg
f0161823_6471925.jpg
f0161823_6472976.jpg
f0161823_6473769.jpg

by memobird | 2013-02-16 06:47 | Comments(0)

ヨメヒメジ Upeneus tragula

房総半島以南の南日本の太平洋~インド洋の浅海の岩礁、サンゴ礁域付近の砂地に生息する。体長30cmほどになる。吻から眼を通り尾柄部に達する1本の濃褐色縦帯が目立つ。下アゴの一対のヒゲは、味を感じ、砂の中のエサ探しをする。
2013.02.10.Toba Aquarium,Mie Pref.
ヒメジ科ヒメジ属ヨメヒメジ Upeneus tragula

f0161823_781276.jpg

f0161823_5512725.jpg
f0161823_5514254.jpg

f0161823_783520.jpg

f0161823_5515233.jpg

by memobird | 2013-02-15 05:51 | ヒメジ科 | Comments(0)
カリブ海など西太西洋の亜熱帯の砂浜の沿岸に分布する。体は板のよーに扁平で、顔は切り落とした姿に見える。
2013.02.11.Sima Marinland, Mie Pref.
アジ科セレネ属ルックダウン Selene vomer (Lookdown)

f0161823_5544650.jpg
f0161823_5551866.jpg
f0161823_5553674.jpg
f0161823_5555031.jpg

by memobird | 2013-02-12 05:56 | アジ科 | Comments(0)

ヨツメウオ Anableps anableps

アマゾン川河口など、大西洋岸の汽水域に生息し、水面近くを群れで生活する。卵胎生で、一度に10匹ほど出産する。眼は空中と水中が同時に見え、エサの昆虫などを捕るのに役立つ。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
ヨツメウオ科ヨツメウオ属ヨツメウオ Anableps anableps

f0161823_2143721.jpg
f0161823_21432422.jpg
f0161823_2143261.jpg
f0161823_2143421.jpg

by memobird | 2013-02-08 21:44 | ヨツメウオ科 | Comments(0)
本州(青森県~福井県、岡山県)のみに分布し、河川の中・上流の淵、山地の湖沼、湧水の細流に生息する。タカハヤに似てるが、尾柄が細長い。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
コイ科ヒメハヤ属アブラハヤ Phoxinus logowskii steindachneri

f0161823_20283895.jpg
f0161823_20284959.jpg
f0161823_20285965.jpg
f0161823_2029820.jpg
f0161823_20291731.jpg

by memobird | 2013-02-05 20:29 | コイ科 | Comments(0)