身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

日本全国に分布し、クワ科イチジク属のオオイタビ、イタビカズラ、ヒメイタビ、イヌビワの葉を食す。今回、アコウの新芽に群がる本種を観察した。屋久島以南の南西諸島にはオキナワイチモンジハムシが生息する。
2013.03.20.Kagoshima Pref.
ハムシ科イチモンジハムシ(アコウを食す) Morphosphaera japonica

f0161823_2022843.jpg
f0161823_2022572.jpg
f0161823_20223015.jpg

by memobird | 2013-03-23 20:22 | ハムシ科 | Comments(0)
アフリカ西部のナイジェリア、カメルーンの熱帯雨林の薄暗い細流に生息する卵性メダカで、体長5~6cm。体のハデな色彩・模様は、地方により変異が大きい。
2013.01.31.Higashiyama Zoo, Nagoya City
アプロケイルス科アフィオセミオン属アフィオセミオン・ガードネリー Aphyosemion

f0161823_1544137.jpg
f0161823_15441824.jpg
f0161823_15443212.jpg

by memobird | 2013-03-15 13:44 | メダカの仲間 | Comments(0)
西アフリカのコートジボアール、シェラレオーネ、リベリア、ガーナ南部の海岸に近い水域に生息する卵生メダカで、古くから観賞用に飼育されている。体長7cmほどになる。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
アプロケイルス科エピプラティス属エピプラティス・ダゲティ Epiplatys dageti

f0161823_645493.jpg
f0161823_652030.jpg
f0161823_653499.jpg
f0161823_654321.jpg

by memobird | 2013-03-14 06:05 | メダカの仲間 | Comments(0)
アフリカ大陸タンザニアのタンガニーカ湖にのみ生息する世界最大級の卵生メダカで、野生の♂では体長20cmほどになる。遊泳力が強く、繁殖期の♂はメタリックブルーに輝き美しい。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
キプリノドン科ランプリクティス属ランプリクティス・タンガニカヌス Lamprichthys tanganicanus

f0161823_2127434.jpg
f0161823_2127178.jpg
f0161823_2127289.jpg
f0161823_21273792.jpg

by memobird | 2013-03-13 21:27 | メダカの仲間 | Comments(0)
函館以南~鹿児島の太平洋の水深100m以浅の沿岸に分布し、北日本ほど多い。下アゴの下の1本のヒゲが特徴的。白身で美味しい。
2013.02.10.Toba Aquarium, Mie Pref.
チゴダイ科チゴダイ属エゾイソアイナメ Physiculus maximowiczi

f0161823_17224813.jpg
f0161823_1723089.jpg
f0161823_17231025.jpg
f0161823_17231836.jpg
f0161823_17232841.jpg

by memobird | 2013-03-09 17:24 | チゴダラ科 | Comments(0)
南日本~台湾の水深100mほどの岩礁域に生息する。相模湾の深場でよく釣れるらしい。市場に出回ることはマレであるが、煮つけは美味しい。
2013.02.11.Kasikozima Maline Park, Mie Pref.
ハタ科イズハナダイ属アズマハナダイ Plectranthias kelloggi azumanus

f0161823_21342218.jpg
f0161823_2134374.jpg
f0161823_21344380.jpg

by memobird | 2013-03-07 21:35 | ハタ科 | Comments(0)

ギンユゴイ Kuhlia mugil

太平洋中・西部~インド洋の温・熱帯海域に分布し、幼魚はタイドプールで普通に見られる。体色は銀白色で目が大きい。近縁種との違いは、尾鰭に黒褐色の計5本の縦帯があること。ユゴイ科はユゴイ属のみで、日本で4種。本種のみ一生海で過ごすが、他種は汽水~中流域に生息する。
2013.02.11.Toba Aquarium, Mie Pref.
ユゴイ科ユゴイ属ギンユゴイ Kuhlia mugil

f0161823_17193991.jpg
f0161823_17194989.jpg
f0161823_17201021.jpg
f0161823_17202090.jpg

by memobird | 2013-03-03 17:20 | ユゴイ科 | Comments(0)
南日本~東インド、西太平洋に分布する。背ビレ第二棘は糸状にのびる。体側には不明瞭な暗色横帯があり、尾鰭はやや赤みがある。
2013.02.11.Toba Aquarium, Mie Pref.
フエフキダイ科イトフエフキダイ属イトフエフキ Lethrinus genivittatus

f0161823_16445738.jpg
f0161823_164534.jpg
f0161823_16451767.jpg
f0161823_16452717.jpg
f0161823_16454555.jpg

by memobird | 2013-03-02 16:45 | フエフキダイ科 | Comments(0)
駿河湾より西の太平洋に生息してるが、漁獲量は少ない。宮崎県では養殖され、ミナミスズキと呼ばれて流通している。全長1.5m,体重25kg以上になる。
2013.02.14.Osaka Aquarium Kaiyukan
ニベ科オオニベ属オオニベ Argirosomus japonicus

f0161823_16261764.jpg
f0161823_16263331.jpg
f0161823_16265011.jpg

by memobird | 2013-03-01 16:27 | ニベ科 | Comments(0)