身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トカラ列島以南の南西諸島に分布する。年によって種子島・屋久島が越冬の北限となる。前翅裏の条が翅の基部近くまで見られるので、ルリウラナミシジミと容易に識別できる。食樹はヤブコウジ科のモクタチバナなどの葉。
2013.05.03.Amamiosima, Kagoshima Pref.
シジミチョウ科アマミウラナミシジミ Nacaduba kurava

f0161823_11184332.jpg

2013.05.05.Amamiosima, Kagoshima Pref.
ヤブコウジ科ヤブコウジ属モクタチバナ Ardisia sieboldii

f0161823_11285087.jpg

by memobird | 2013-05-29 11:18 | シジミチョウ科 | Comments(0)
奄美大島産のリュウキュウトゲオトンボは、アマミトゲオトンボに独立!亜種として、トクノシマトゲオトンボがいる。
2013.05.06.Amamiosima, Kagoshima Pref.
ヤマイトトンボ科トゲオトンボ属アマミトゲオトンボ Rhipidolestes amamiensis
f0161823_934838.jpg
f0161823_9342998.jpg
f0161823_9345427.jpg
f0161823_9351686.jpg
f0161823_9353421.jpg
f0161823_9355559.jpg

by memobird | 2013-05-20 06:25 | ヤマイトトンボ科 | Comments(0)
トカラ列島以南の南西諸島に分布。海岸近くの低地から山地まで広く生息する。よって、本土のカジカガエルのよーに、清流のカエルという印象はない。南西諸島でピョンピョン飛び回るカエルを見たら、まづ本種と考えていいらしい。
2013.05.06.Amamiosima, Kagoshima Pref.
アオガエル科リュウキュウカジカガエル(ニホンカジカガエル) Buergeria japonica

f0161823_6435318.jpg
f0161823_6441094.jpg
f0161823_6441178.jpg

by memobird | 2013-05-17 06:44 | アオガエル科 | Comments(0)
奄美諸島、沖縄諸島の山地に生息する。普通型と黒色型が存在するが、黒色型は少なく、特に雌はマレ。アカメガシワの雄花を訪花していた。
2013.05.03.Amamiosima. Kagoshima Pref.
コガネムシ科オオシマトラフコガネ(オオシマオオトラフコガネ) Paratrichius dupli

f0161823_17431480.jpg
f0161823_17432842.jpg
f0161823_17434153.jpg
f0161823_1744325.jpg

f0161823_1750840.jpg

f0161823_17503548.jpg

f0161823_17505896.jpg

by memobird | 2013-05-15 17:49 | コガネムシ科 | Comments(0)
九州南部、屋久島、種子島、奄美大島に分布し、奄美大島産は変異種 var.amamianus。ホウロクイチゴの葉を食す。ミヤマナカボソタマムシに似るが上翅白帯は広く、翅端の凹みの両側の棘はほぼ同長。
2013.05.06.Amamiosima, Kagoshima Pref.
タマムシ科ルリナカボソタマムシ奄美変異種 Coraebus niponicus var.amamianus

f0161823_21381649.jpg
f0161823_2138717.jpg

by memobird | 2013-05-12 21:38 | タマムシ科 | Comments(0)