身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
奄美大島産のリュウキュウトゲオトンボは、アマミトゲオトンボに独立!亜種として、トクノシマトゲオトンボがいる。
2013.05.06.Amamiosima, Kagoshima Pref.
ヤマイトトンボ科トゲオトンボ属アマミトゲオトンボ Rhipidolestes amamiensis
f0161823_934838.jpg
f0161823_9342998.jpg
f0161823_9345427.jpg
f0161823_9351686.jpg
f0161823_9353421.jpg
f0161823_9355559.jpg

# by memobird | 2013-05-20 06:25 | ヤマイトトンボ科 | Comments(0)
トカラ列島以南の南西諸島に分布。海岸近くの低地から山地まで広く生息する。よって、本土のカジカガエルのよーに、清流のカエルという印象はない。南西諸島でピョンピョン飛び回るカエルを見たら、まづ本種と考えていいらしい。
2013.05.06.Amamiosima, Kagoshima Pref.
アオガエル科リュウキュウカジカガエル(ニホンカジカガエル) Buergeria japonica

f0161823_6435318.jpg
f0161823_6441094.jpg
f0161823_6441178.jpg

# by memobird | 2013-05-17 06:44 | アオガエル科 | Comments(0)
奄美諸島、沖縄諸島の山地に生息する。普通型と黒色型が存在するが、黒色型は少なく、特に雌はマレ。アカメガシワの雄花を訪花していた。
2013.05.03.Amamiosima. Kagoshima Pref.
コガネムシ科オオシマトラフコガネ(オオシマオオトラフコガネ) Paratrichius dupli

f0161823_17431480.jpg
f0161823_17432842.jpg
f0161823_17434153.jpg
f0161823_1744325.jpg

f0161823_1750840.jpg

f0161823_17503548.jpg

f0161823_17505896.jpg

# by memobird | 2013-05-15 17:49 | コガネムシ科 | Comments(0)
九州南部、屋久島、種子島、奄美大島に分布し、奄美大島産は変異種 var.amamianus。ホウロクイチゴの葉を食す。ミヤマナカボソタマムシに似るが上翅白帯は広く、翅端の凹みの両側の棘はほぼ同長。
2013.05.06.Amamiosima, Kagoshima Pref.
タマムシ科ルリナカボソタマムシ奄美変異種 Coraebus niponicus var.amamianus

f0161823_21381649.jpg
f0161823_2138717.jpg

# by memobird | 2013-05-12 21:38 | タマムシ科 | Comments(0)
北海道をのぞく全土に分布。体は光沢のある赤褐色で、上翅後部に一対の白斑がある。成虫はサルトリイバラの葉を食す。土中に産卵し幼虫は土中で育つらしい。ノミハムシ(トビハムシ)の仲間であるが跳べない。5月頃から出現する。
2013.04.29.Mie Pref.
ハムシ科フタホシオオノミハムシ Pseudodera xanthospila

f0161823_10353539.jpg
f0161823_10353654.jpg
f0161823_10355545.jpg

# by memobird | 2013-04-30 10:36 | ハムシ科 | Comments(0)
センブリ科の昆虫は、日本で7種見つかっている。各種の識別は困難で生殖器の形態で行う。本種は、翅の根部が黒くてネグロセンブリ Sialis japonica かも知れない?花粉を好むらしく体中花粉まみれになっていた。
2013.04.23.Mie Pref.
センブリ科センブリ属ネグロセンブリ? Sialis japonica?

f0161823_5462425.jpg
f0161823_546333.jpg
f0161823_5465655.jpg

# by memobird | 2013-04-25 05:37 | センブリ科 | Comments(0)
千葉県以南、朝鮮半島、西部太平洋の沿岸の岩礁域、サンゴ礁域に生息する。夜行性で、昼間はサンゴ礁、岩礁の隙間、洞で大きな群れを作る。骨格が透けて見え胸部と肛門前方に発光腺がある。
2013.02.11.Kashikojima Marin Park.Mie Pref.
ハタンボ科キンメモドキ属キンメモドキ Parapriacanthus ransonneti

f0161823_17341078.jpg
f0161823_17343076.jpg
f0161823_17345279.jpg

# by memobird | 2013-04-22 17:17 | ハタンボ科 | Comments(0)
琉球列島以南の外洋に面した潮通しの良いサンゴ礁域に生息する。夜間、口、エラから粘液を出し、体中を覆って眠る。口角から胸鰭根元まで緑色帯びが走る。
2012.12.30.Cyuraumi Aquarium,Okinawa Pref.
ブダイ科ナンヨウブダイ Scarus gibbus

f0161823_711391.jpg
f0161823_711193.jpg
f0161823_7112344.jpg
f0161823_7113979.jpg

# by memobird | 2013-04-17 07:11 | ブダイ科 | Comments(0)
本州、四国、九州の山地に生息する。成虫越冬なので、温暖な春になると見られる。ガガイモ、ヘクソカズラを食するが、今回、ガガイモ科のシタキソウを食していた。
2013.04.14.Mie Pref.
ハムシ科チャバネツヤハムシ Phygasia fulvipennis

f0161823_17364992.jpg
f0161823_1737444.jpg

f0161823_1739426.jpg
f0161823_17395984.jpg

# by memobird | 2013-04-15 17:40 | ハムシ科 | Comments(0)
北米南西部、中米全土、南米南西部以外の森林、低木林、乾燥地に生息する。イノシシ科とよく似てるが、ペッカリー科の動物。ペッカリー科3種の内で最も小型。外見的に尾がなく、目と耳が小さく、首輪状の帯が目立つ。
2012.12.30.Neopark Okinawa
ペッカー科クビワペッカリー属クビワペッカリー Tayassu tajacu

f0161823_110743.jpg
f0161823_110452.jpg
f0161823_111681.jpg
f0161823_1112043.jpg
f0161823_1113335.jpg
f0161823_1114722.jpg

# by memobird | 2013-04-13 06:01 | ペッカリー科 | Comments(0)
目の前で、コサギの襲いかかり、沈め、絶命させて飛び去るまで、わずかの時間であった。
2012.11.01.Mie Pref.
タカ科オオタカ幼鳥の狩り Accipiter gentilis

f0161823_21505912.jpg
f0161823_2151918.jpg
f0161823_21511820.jpg
f0161823_21512728.jpg
f0161823_21513567.jpg
f0161823_21514342.jpg

# by memobird | 2013-04-09 21:52 | タカ科 | Comments(0)
緑色のナポレオン帽、アゴの白帯、背の灰色はヨシガモ、クチバシ、前胸部の褐色などはヒドリガモの特徴を持つハイブリッドである。
2013.02.03.Mie Pref.
カモ科ヨシガモ× ドリガモ Anas falcata × Anas penelope

f0161823_21182642.jpg
f0161823_21184030.jpg
f0161823_21184589.jpg
f0161823_21185756.jpg
f0161823_2119369.jpg

# by memobird | 2013-04-05 21:20 | カモ科 | Comments(0)

ウソ Pyrrhula pyrrhula

三重県では冬鳥。2013年の飛来数は多く、各地で多数観察された。特に亜種アカウソが多く、ソメイヨシノの花蕾を好んで食した、
2013.02.12.Mie Pref.
アトリ科ウソ Pyrrhula pyrrhula

f0161823_68197.jpg
f0161823_683289.jpg
f0161823_684221.jpg
f0161823_685292.jpg

2013.02.26.Mie Pref.
f0161823_695373.jpg
f0161823_610232.jpg
f0161823_6101297.jpg
f0161823_6102126.jpg
f0161823_6103026.jpg
f0161823_6103967.jpg

# by memobird | 2013-04-03 06:11 | アトリ科 | Comments(0)
九州での越冬数は多いが、当地の例年では多くて5~6羽で、飛来しない年も多い。2013年冬は、11羽が飛来した。雄繁殖羽では、クチバシ根部のコブが大きくなる。雌成鳥、若鳥ともコブはない。雌雄同色。干潟での採餌が普通であるが、淡水域にも入る。
2013.01.15.Mie Pref.
カモ科ツクシガモ(11羽) Tadorna tadorna

f0161823_2231323.jpg
f0161823_2232234.jpg

2013.02.21.Mie Pref.
f0161823_2245344.jpg
f0161823_2251533.jpg
f0161823_2252719.jpg

# by memobird | 2013-04-02 22:04 | カモ科 | Comments(0)
日本全土に分布し各地で普通に見られる。春生は前後翅とも中横線内方及び前翅頂は白黄色を呈するが、夏生では翅全体が黒赤色を帯び別種のよーに見える。バラ科、ヤマモモ科、ニレ科、ブナ科、ミズキ科、シュウカイドウ科、ヒユ科、ヤマノイモ科、キク科、マメ科、タデ科、カタバミ科、ユリ科など広食性。
2013.03.28.Mie Pref.
シャクガ科ヒメシャク亜科フタナミトビヒメシャク春生 Pylargosceles steganioides

f0161823_21341340.jpg
f0161823_21342494.jpg
f0161823_21343348.jpg

# by memobird | 2013-04-01 21:35 | シャクガ科 | Comments(0)
日本全国に分布し、クワ科イチジク属のオオイタビ、イタビカズラ、ヒメイタビ、イヌビワの葉を食す。今回、アコウの新芽に群がる本種を観察した。屋久島以南の南西諸島にはオキナワイチモンジハムシが生息する。
2013.03.20.Kagoshima Pref.
ハムシ科イチモンジハムシ(アコウを食す) Morphosphaera japonica

f0161823_2022843.jpg
f0161823_2022572.jpg
f0161823_20223015.jpg

# by memobird | 2013-03-23 20:22 | ハムシ科 | Comments(0)
アフリカ西部のナイジェリア、カメルーンの熱帯雨林の薄暗い細流に生息する卵性メダカで、体長5~6cm。体のハデな色彩・模様は、地方により変異が大きい。
2013.01.31.Higashiyama Zoo, Nagoya City
アプロケイルス科アフィオセミオン属アフィオセミオン・ガードネリー Aphyosemion

f0161823_1544137.jpg
f0161823_15441824.jpg
f0161823_15443212.jpg

# by memobird | 2013-03-15 13:44 | メダカの仲間 | Comments(0)
西アフリカのコートジボアール、シェラレオーネ、リベリア、ガーナ南部の海岸に近い水域に生息する卵生メダカで、古くから観賞用に飼育されている。体長7cmほどになる。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
アプロケイルス科エピプラティス属エピプラティス・ダゲティ Epiplatys dageti

f0161823_645493.jpg
f0161823_652030.jpg
f0161823_653499.jpg
f0161823_654321.jpg

# by memobird | 2013-03-14 06:05 | メダカの仲間 | Comments(0)
アフリカ大陸タンザニアのタンガニーカ湖にのみ生息する世界最大級の卵生メダカで、野生の♂では体長20cmほどになる。遊泳力が強く、繁殖期の♂はメタリックブルーに輝き美しい。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
キプリノドン科ランプリクティス属ランプリクティス・タンガニカヌス Lamprichthys tanganicanus

f0161823_2127434.jpg
f0161823_2127178.jpg
f0161823_2127289.jpg
f0161823_21273792.jpg

# by memobird | 2013-03-13 21:27 | メダカの仲間 | Comments(0)
函館以南~鹿児島の太平洋の水深100m以浅の沿岸に分布し、北日本ほど多い。下アゴの下の1本のヒゲが特徴的。白身で美味しい。
2013.02.10.Toba Aquarium, Mie Pref.
チゴダイ科チゴダイ属エゾイソアイナメ Physiculus maximowiczi

f0161823_17224813.jpg
f0161823_1723089.jpg
f0161823_17231025.jpg
f0161823_17231836.jpg
f0161823_17232841.jpg

# by memobird | 2013-03-09 17:24 | チゴダラ科 | Comments(0)