身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
南日本~台湾の水深100mほどの岩礁域に生息する。相模湾の深場でよく釣れるらしい。市場に出回ることはマレであるが、煮つけは美味しい。
2013.02.11.Kasikozima Maline Park, Mie Pref.
ハタ科イズハナダイ属アズマハナダイ Plectranthias kelloggi azumanus

f0161823_21342218.jpg
f0161823_2134374.jpg
f0161823_21344380.jpg

# by memobird | 2013-03-07 21:35 | ハタ科 | Comments(0)

ギンユゴイ Kuhlia mugil

太平洋中・西部~インド洋の温・熱帯海域に分布し、幼魚はタイドプールで普通に見られる。体色は銀白色で目が大きい。近縁種との違いは、尾鰭に黒褐色の計5本の縦帯があること。ユゴイ科はユゴイ属のみで、日本で4種。本種のみ一生海で過ごすが、他種は汽水~中流域に生息する。
2013.02.11.Toba Aquarium, Mie Pref.
ユゴイ科ユゴイ属ギンユゴイ Kuhlia mugil

f0161823_17193991.jpg
f0161823_17194989.jpg
f0161823_17201021.jpg
f0161823_17202090.jpg

# by memobird | 2013-03-03 17:20 | ユゴイ科 | Comments(0)
南日本~東インド、西太平洋に分布する。背ビレ第二棘は糸状にのびる。体側には不明瞭な暗色横帯があり、尾鰭はやや赤みがある。
2013.02.11.Toba Aquarium, Mie Pref.
フエフキダイ科イトフエフキダイ属イトフエフキ Lethrinus genivittatus

f0161823_16445738.jpg
f0161823_164534.jpg
f0161823_16451767.jpg
f0161823_16452717.jpg
f0161823_16454555.jpg

# by memobird | 2013-03-02 16:45 | フエフキダイ科 | Comments(0)
駿河湾より西の太平洋に生息してるが、漁獲量は少ない。宮崎県では養殖され、ミナミスズキと呼ばれて流通している。全長1.5m,体重25kg以上になる。
2013.02.14.Osaka Aquarium Kaiyukan
ニベ科オオニベ属オオニベ Argirosomus japonicus

f0161823_16261764.jpg
f0161823_16263331.jpg
f0161823_16265011.jpg

# by memobird | 2013-03-01 16:27 | ニベ科 | Comments(0)
オオイワイグアナ Cyclura nubila のケイマン亜種で、カリブ海ケイマン諸島のリトルケイマン島、ケイマンブラック島のみに生息する国際保護動物。岩礁海岸や石灰岩の岩場に棲むが、森林や民家周辺にもいる。草食で果物などを食し、昼行性。
2013.01.31.Higashiyama Zoo, Nagoya City
イグアナ科イワイグアナ属ケイマンイワイグアナ(リトルケイマンイワイグアナ) Cyclura nubila caymanensis

f0161823_2112539.jpg
f0161823_21121646.jpg
f0161823_2112276.jpg

# by memobird | 2013-02-22 21:12 | イグアナ科 | Comments(0)
オースラトリア中部~東部に生息する代表的なアガマ科のトカゲ。森林から砂漠地帯にかけて様々な環境に分布する。半樹上棲、昼行性で、キケンを感じると喉の皮膚を拡げて威嚇する。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
アガマ科アゴヒゲトカゲ属フトアゴヒゲトカゲ Pogona vitticeps

f0161823_20584100.jpg
f0161823_20581594.jpg
f0161823_20582433.jpg
f0161823_20583317.jpg

# by memobird | 2013-02-20 20:58 | アガマ科 | Comments(0)
南アフリカの低地の草原に横穴を掘って棲む。日光浴を好む。動きは素早く、危険を感じるとすぐ巣穴に逃げる。最大全長40cmで、ヨロイトカゲ科最大種。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
ヨロイトカゲ科ヨロイトカゲ属オオヨロイトカゲ Gordylus giganteus

f0161823_2131311.jpg
f0161823_21314154.jpg

f0161823_21342836.jpg

f0161823_2131502.jpg

# by memobird | 2013-02-19 21:31 | ヨロイトカゲ科 | Comments(0)

カバタテハ Ariadne ariadne

1980年代から、八重山諸島で繁殖したが、定着は定かでない。時に大発生するが、見られない年ある。1989年、多良間島で多数の記録を見た。食草は、トウダイグサ科のヒマ。
2013.02.07.Kashihara City Museum of Insect, Nara Pref.
タテハチョウ科カバタテハ Ariadne ariadne

f0161823_7114391.jpg
f0161823_7115462.jpg
f0161823_712533.jpg
f0161823_7121694.jpg

# by memobird | 2013-02-18 07:12 | タテハチョウ科 | Comments(0)
沖縄諸島、八重山諸島に分布する。幼虫は、クワ科ガジュマルを食し、時に大発生してガジュマルが丸坊主になる。成虫オスは、前翅の大部分と後翅の翅頂部が透明、昼間に飛翔する。一方、メスは前後翅とも淡黄色の鱗粉で覆われ別種に見え、夜間灯火に飛来する。画像を見て本種の蛹であることをお教え下さいましたついあびさんに感謝します。
2012.05.11.Okinawahontou, Okinawa Pref.
ドクガ科スキバドクガ(蛹) Perina nuda

f0161823_52284.jpg
f0161823_5241100.jpg
f0161823_525381.jpg

# by memobird | 2013-02-17 06:03 | ドクガ科 | Comments(0)
日本海側では青森県以南、太平洋側では千葉県以南の黒潮の影響が少ない岩礁域に生息する。南西諸島には分布しない。眼の下を通過する暗色線は直線的で、エラの中央で終わるが、アカササノハベラは、湾曲して胸ビレの根元まで達する。
2013.02.10.Toba Aquarium, Mie Pref.
ベラ科ササノハベラ属ホシササノハベラ Pseudolabrus sieboldi

f0161823_647843.jpg
f0161823_6471925.jpg
f0161823_6472976.jpg
f0161823_6473769.jpg

# by memobird | 2013-02-16 06:47 | Comments(0)

ヨメヒメジ Upeneus tragula

房総半島以南の南日本の太平洋~インド洋の浅海の岩礁、サンゴ礁域付近の砂地に生息する。体長30cmほどになる。吻から眼を通り尾柄部に達する1本の濃褐色縦帯が目立つ。下アゴの一対のヒゲは、味を感じ、砂の中のエサ探しをする。
2013.02.10.Toba Aquarium,Mie Pref.
ヒメジ科ヒメジ属ヨメヒメジ Upeneus tragula

f0161823_781276.jpg

f0161823_5512725.jpg
f0161823_5514254.jpg

f0161823_783520.jpg

f0161823_5515233.jpg

# by memobird | 2013-02-15 05:51 | ヒメジ科 | Comments(0)
カリブ海など西太西洋の亜熱帯の砂浜の沿岸に分布する。体は板のよーに扁平で、顔は切り落とした姿に見える。
2013.02.11.Sima Marinland, Mie Pref.
アジ科セレネ属ルックダウン Selene vomer (Lookdown)

f0161823_5544650.jpg
f0161823_5551866.jpg
f0161823_5553674.jpg
f0161823_5555031.jpg

# by memobird | 2013-02-12 05:56 | アジ科 | Comments(0)

ヨツメウオ Anableps anableps

アマゾン川河口など、大西洋岸の汽水域に生息し、水面近くを群れで生活する。卵胎生で、一度に10匹ほど出産する。眼は空中と水中が同時に見え、エサの昆虫などを捕るのに役立つ。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
ヨツメウオ科ヨツメウオ属ヨツメウオ Anableps anableps

f0161823_2143721.jpg
f0161823_21432422.jpg
f0161823_2143261.jpg
f0161823_2143421.jpg

# by memobird | 2013-02-08 21:44 | ヨツメウオ科 | Comments(0)
本州(青森県~福井県、岡山県)のみに分布し、河川の中・上流の淵、山地の湖沼、湧水の細流に生息する。タカハヤに似てるが、尾柄が細長い。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
コイ科ヒメハヤ属アブラハヤ Phoxinus logowskii steindachneri

f0161823_20283895.jpg
f0161823_20284959.jpg
f0161823_20285965.jpg
f0161823_2029820.jpg
f0161823_20291731.jpg

# by memobird | 2013-02-05 20:29 | コイ科 | Comments(0)
茨城県、秋田県以南の本州、四国、九州、南西諸島に分布し、河川の下流域~塩分濃度の薄い汽水域の流れがゆるやかな砂礫底に生息する。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
ハゼ科ヨシノボリ属ゴクラクハゼ Rhinogobius giurinus

f0161823_541871.jpg
f0161823_5412731.jpg
f0161823_5413874.jpg
f0161823_5414954.jpg
f0161823_5415839.jpg

# by memobird | 2013-02-03 05:42 | ハゼ科 | Comments(0)
濃尾平野、淀川水系、和歌山~広島の瀬戸内海側、四国の吉野川水系に自然分布する。砂底、砂泥底、砂礫底を好み、カマツカと一緒にいることが多い。スゴモロコの亜種として分類されているが、その違いがよく分からない。
2013.01.31.Higasiyama Zoo, Nagoya City
コイ科スゴモロコ属コウライモロコ Squalidus chankaensis tsuchigae

f0161823_6563397.jpg
f0161823_6564255.jpg
f0161823_6565534.jpg
f0161823_657460.jpg
f0161823_6571393.jpg

# by memobird | 2013-02-02 06:57 | コイ科 | Comments(0)
房総半島以南の西南太平洋、インド洋、西南大西洋、東太平洋の水深3~3.5m水域に分布。サンゴ礁、礁湖、河口、タイドプールに生息する。
2012.12.30.Okinawa Churaumi Aquarium
フグ科モヨウフグ属サザナミフグ Arothron hispidus

f0161823_21215070.jpg
f0161823_2122267.jpg
f0161823_21221249.jpg
f0161823_21222232.jpg

# by memobird | 2013-02-01 21:23 | フグ科 | Comments(0)
太平洋~インド洋の熱帯域に広く分布する。日本では南西諸島沿岸で見られ、和歌山県での記録がある。ベラ科の最大種で、体長229cm、体重191kgの記録がある。香港では高級魚として食され、乱獲により絶滅の危険性があり、食べるのを控えてるとのこと。
2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
ベラ科モチノウオ属メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ) Cheilinus undulatus

f0161823_5514486.jpg
f0161823_551567.jpg
f0161823_552730.jpg
f0161823_5521611.jpg
f0161823_5522892.jpg
f0161823_5523685.jpg
f0161823_5524774.jpg

# by memobird | 2013-01-29 05:53 | ベラ科 | Comments(0)
石垣島、西表島以南の西太平洋に分布する。砂地に生息し、テッポウエビと共生する。
2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
ハゼ科イトヒキハゼ科ギンガハゼ Cryptocentrus cinctus

f0161823_21102677.jpg
f0161823_21104737.jpg
f0161823_21104616.jpg

# by memobird | 2013-01-27 21:11 | ハゼ科 | Comments(0)
西太平洋、インド洋、紅海の岩礁、サンゴ礁域に生息。数匹群れて中層を泳ぐ場合が多い。尾ビレの軟条は、いずれも糸状に伸びないので、日本産の同属魚類と区別できる。
2012.12.20.Port of Nagoya Puiblic Aquarium
クロユリハゼ科クロユリハゼ属ゼブラハゼ Ptereleotris zebra
f0161823_10393644.jpg
f0161823_10395433.jpg

f0161823_10462754.jpg

# by memobird | 2013-01-25 07:12 | クロユリハゼ科 | Comments(0)