身近な自然でも、様々な動物たちが観察できます。鳥平が見てる自然をどーぞ・・・・


by memobird
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
南日本~フィリピンの海に分布し、水深約250mの砂泥底域に生息する。体側の橙黄色の円斑が並ぶこと、背ビレに黒斑がないことが、近縁種との識別点。
2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
アカタチ科アカタチ属アカタチ Acanthocepola krusensternii

f0161823_1741892.jpg
f0161823_1743795.jpg
f0161823_1745442.jpg
f0161823_1751272.jpg

# by memobird | 2013-01-23 14:45 | アカタチ科 | Comments(0)
小笠原諸島、八丈島、伊豆半島以南の太平洋~インド洋の浅いサンゴ礁域の砂地に生息する。第一背びれの前方が著しく長い。
2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
クロユリハゼ科ハタタテハゼ属ハタタテハゼ Nemateleotris magnifica

f0161823_20555832.jpg
f0161823_20555576.jpg
f0161823_205618100.jpg
f0161823_2056138.jpg

# by memobird | 2013-01-18 20:56 | クロユリハゼ科 | Comments(0)
伊豆半島、沖縄島、先島諸島以南の太平洋~インド洋のサンゴ礁域の砂地に生息する。海底から少し離れた場所で、遊泳、ホバリングする。
2012.12.30.Okinawa Churaumi Aquarium
クロユリハゼ科クロユリハゼ属イトマンクロユリハゼ Ptereleotris microlepsis

f0161823_2042173.jpg
f0161823_20423152.jpg
f0161823_20423545.jpg

# by memobird | 2013-01-17 20:44 | クロユリハゼ科 | Comments(0)
小笠原、奄美大島以西の太平洋~インド洋のサンゴ礁域に広く分布している。水深10mの浅場から、120mの深場まで見られる。尾鰭の付け根が白い。
2012.12.30.Okinawa Churaumi Aquarium
チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属ベニオチョウチョウウオ Chaetodon mertensii

f0161823_1528344.jpg
f0161823_15284535.jpg
f0161823_15285365.jpg
f0161823_1529228.jpg

# by memobird | 2013-01-14 15:30 | チョウチョウウオ科 | Comments(0)
太平洋~インド洋で、ペルシャ湾をのぞく海域の浅い岩礁、サンゴ礁域に生息する。体長2.7m、体重400kgまで成長し、英名ジャイアント・グルーバー。
2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
ハタ科マハタ属タマカイ Epinephelus lanceolatus

f0161823_1139233.jpg
f0161823_11392397.jpg
f0161823_11394257.jpg
f0161823_11395938.jpg
f0161823_11401855.jpg

# by memobird | 2013-01-12 11:27 | ハタ科 | Comments(0)
インドネシアのバンカイ諸島のサンゴ礁にのみ生息する。比較的近年発見されたが、飼育下での繁殖が容易なため市場に広まっている。
2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
テンジクダイ科プテラポゴン属プテラポゴン・カウデルニィ(アマノガワテンジクダイ) Pterapogon kauderni

f0161823_16425857.jpg
f0161823_164387.jpg

f0161823_11182447.jpg

# by memobird | 2013-01-10 16:45 | テンジクダイ科 | Comments(0)
相模湾以南の太平洋、インド洋の岩礁、サンゴ礁域に分布する。幼魚には頭の角がなく、成長と共に伸びる。
2012.12.30.Okinawa Churaumi Aquarium
ニザダイ科テングハギ属ヒメテングハギ Naso annulatus

f0161823_1645242.jpg
f0161823_16452268.jpg
f0161823_16452190.jpg

# by memobird | 2013-01-06 16:47 | ニザダイ科 | Comments(0)

ゴマハギ Zebrasome scopas

駿河湾以南の太平洋の岩礁域、サンゴ礁域に多く生息する。背ビレと尻ビレが長く、体高が高いのが特徴で、体色には変異が多く、黒っぽいものから黄色いものまで様々見られ、特に黄色い個体は、キイロハギとの識別が難しい。
2012.12.30.Okinawa Churaumi Aquarium
ニザダイ科ヒレナガハギ属ゴマハギ Zebrasome scopas

f0161823_1126996.jpg
f0161823_11262963.jpg

# by memobird | 2013-01-05 11:26 | ニザダイ科 | Comments(0)

センネンダイ Lutjanus sebae

インド洋及び太平洋の熱帯海域に分布し、日本では本州、四国南岸、九州でたまに見られ、南西諸島では多くなる。成魚は、体長60~90cmになる大型フエダイで、体側に3本の縞模様が入る。沖縄では、サンバナーと呼ばれる。
2012.12.30. Okinawa Churaumi Aquarium
フエダイ科フエダイ属センネンダイ Lutjanus sebae

f0161823_16432167.jpg
f0161823_16433932.jpg
f0161823_16435350.jpg
f0161823_1644782.jpg

# by memobird | 2013-01-04 13:45 | フエダイ科 | Comments(0)
千葉県以南の太平洋、東インド洋、中部太平洋の岩礁、サンゴ礁地帯に生息する。内湾的な環境を好む傾向あり。
2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属セグロチョウチョウウオ Chaetodon ephippium

f0161823_17464451.jpg
f0161823_17465713.jpg
f0161823_17471126.jpg
f0161823_17472484.jpg

# by memobird | 2012-12-26 17:47 | チョウチョウウオ科 | Comments(0)
相模湾以南の太平洋、ハワイ諸島をのぞく中部太平洋のサンゴ礁域に生息する。ペアーでいることが多いが、時に群れをつくる。
2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属スダレチョウチョウウオ Chaetodon ulietensis

f0161823_17123022.jpg
f0161823_17124541.jpg
f0161823_17131137.jpg

# by memobird | 2012-12-21 17:13 | チョウチョウウオ科 | Comments(0)
茨城県以南の太平洋、インド洋、紅海に広く分布し、沖縄ではサンゴ礁、ガレ場、岩礁、漁港で普通にみられる。成魚の背びれの後方がトゲ状に長く伸びる。
2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属トゲチョウチョウウオ Chaetodon auriga

f0161823_16384993.jpg
f0161823_1639114.jpg
f0161823_163939100.jpg
f0161823_1640187.jpg

# by memobird | 2012-12-20 21:37 | チョウチョウウオ科 | Comments(0)
和歌山県以南~インドの太平洋の河川汽水域、内湾、マングローブ域に生息する。体型は、チョウチョウウオ科の魚に似ている。体側の黒色紋は変異が多い。
2012.05.02.Okinawa Churaumi Aquarium, Okinawa Pref.
クロホシマンジュダイ科クロホシマンジュダイ属クロホシマンジュダイ Scatophagus argus

f0161823_1643264.jpg

# by memobird | 2012-12-16 16:43 | クロホシマンジュダイ科 | Comments(0)
神奈川県以南の太平洋、インド洋、西太平洋の浅いサンゴ礁に分布する。モンガラカワハギ科の最大種で、体長75cmまで成長する。性質は荒い。
2012.05.02.Okinawa Churaumi Aquarium,Okinawa Pref.
モンガラカワハギ科バリストイデス属ゴマモンガラ Balistoides viridescens

f0161823_1630610.jpg

2012.12.20.Port of Nagoya Public Aquarium
f0161823_17462010.jpg
f0161823_17464068.jpg
f0161823_17465934.jpg

# by memobird | 2012-12-15 16:31 | モンガラカワハギ科 | Comments(0)
相模湾以南の太平洋の浅海の岩礁、サンゴ礁で普通に見られる。体の半分は黄色、半分は青色に染め分けられていろ。頭部にも青色斑あり。
2012.11.24.Toba Aquarium, Mie Pref.
キンチャクダイ科アブラヤッコ属ソメワケヤッコ Centropyge bicolor

f0161823_11495847.jpg
f0161823_11502136.jpg

f0161823_1155562.jpg

# by memobird | 2012-12-14 11:59 | キンチャクダイ科 | Comments(0)
インド、スリランカ、パキスタンに生息する。現地では個体数が減少してるので輸出規制種である。この個体は密輸され空港の税関で没収された。
2012.11.22.Toba Aquarium, Mie Pref.
リクガメ科リクガメ属インドホシガメ(ホシガメ) Geochelone elegans

f0161823_20534287.jpg
f0161823_2053583.jpg

# by memobird | 2012-12-03 20:54 | リクガメ科 | Comments(0)
北海道南部以南の太平洋域、インド洋に分布し、沿岸部に生息するイカの中では大型の部類に入る。大きなものは、体長50cm以上、重さ6kgに達する。遊離アミノ酸の含有量が多いので美味しい。国内で捕獲される個体は、ほとんど一般家庭に行きわたらない。
2012.11.23.Toba Aquarium, Mie Pref.
ヤリイカ科アオリイカ属アオリイカ Sepioteuthis lessoniana

f0161823_21504241.jpg
f0161823_21505319.jpg
f0161823_21512100.jpg
f0161823_21511268.jpg

# by memobird | 2012-12-01 21:52 | ヤリイカ科 | Comments(0)
太平洋は静岡県、日本海は富山県以南の南日本、東南アジア、インド洋、中部太平洋の沿岸の岩礁、サンゴ礁に分布する。特に南西諸島に多く生息し、沖縄では食用魚、釣り魚として人気がある。白身で刺身、塩焼が美味しい。体側に4本の青い筋が走る。
2012.11.23.Hutami Sea Paradise, Mie Pref.
フエダイ科フエダイ属ヨスジフエダイ Lutjanus kasmira

f0161823_16403762.jpg
f0161823_16405631.jpg
f0161823_16411025.jpg

# by memobird | 2012-11-26 13:41 | フエダイ科 | Comments(0)
琉球列島、フィリピン、インドネシア、ニューギニア、ソロモン諸島の浅いサンゴ礁の海に生息する。尾柄部と尾鰭の黄色が目立つ。性格は強いが、丈夫で美しく、飼育しやすいので観賞魚として人気がある。
2012.11.22.Toba Aquarium
スズメダイ科ルリスズメダイ属シリキルリスズメダイ Chrysiptera parasema

f0161823_792822.jpg
f0161823_794011.jpg
f0161823_794780.jpg
f0161823_795877.jpg

# by memobird | 2012-11-25 07:09 | スズメダイ科 | Comments(0)
北海道(西南部)から南西諸島まで、日本全土に分布する。奄美大島以南の個体群は、日本本土亜種に比し大型で翅表の橙赤色斑が発達する。成虫は年中見られるが、春と台風通過約1ケ月後に増える。台風後に増えるのは、食樹のクワノハエノキが新しく新芽を吹き産卵をうながすため。
2012.05.04.Okinawa Pref.
テングチョウ科テングチョウ南西諸島亜種 Libythea celtis amamiana

f0161823_1672591.jpg
f0161823_1673112.jpg
f0161823_1674495.jpg

# by memobird | 2012-11-18 16:07 | テングチョウ科 | Comments(0)